質問

iPhoneから音が出なくなりました。サウンドの着信音は流れましたが、音量ボタンが作動せず、音楽や動画の音が全く出なくなりました。修理か買い替えしかないでしょうか?

ーYahoo知恵袋ユーザーの質問

iPhoneで撮影した動画を楽しみに再生したところ、音が出ない…そんな経験はありませんか? iPhoneが壊れてしまったのか?と心配になりますよね。

多くの場合、音が出ない原因は故障ではなく、設定によるものが多いです。ただバグや動画の破損によって音が出ないこともあり、その場合はソフトを使う必要があります。この記事では、よくある原因から動画の破損の対処法まで解説します。

  1. パート1:iPhoneで撮影した動画の再生時に音が出ない原因
  2. パート2:iPhoneで動画再生時に音が出ない場合の対処法
  3. パート3:iPhoneの音が出ない動画を修復する—4DDiG File RepairHOT
  4. さいごに

パート1:iPhoneで撮影した動画の再生時に音が出ない原因

まずは、Phoneで撮影した動画の再生時に音が出ない原因について解説します。実際の対処法については後で解説するので、まずは原因を特定しましょう。

原因1:誤ってマナーモードに設定してしまった

iPhoneはマナーモードにすると、着信音や通知音が消音されます。また、一部のアプリでは動画の音も消音されるため、マナーモードが原因で音が出ないことがあります。

原因2:マイクの物理的な故障や破損

iPhoneのマイクが物理的に故障していたり、破損していると、動画撮影時に音が記録されないことがあります。これが原因の場合、動画を再生しても音が出ません。

原因3:Bluetoothヘッドセットまたはスピーカーが接続中

Bluetoothヘッドセットやスピーカーが接続されていると、そのデバイスから音が出るよう設定されています。そのため、デバイスが音を出す範囲外にあると、音が聞こえない可能性があります。

原因4:おやすみモードになっている

iPhoneの「おやすみモード」は、設定時間内に通知音などが鳴らないようにする機能です。このモードがONになっていると、動画の音も出ないことがあります。

パート2:iPhoneで動画再生時に音が出ない場合の対処法

iPhoneで動画を再生する際に音が出ない場合、以下の手順を試すことで問題を解決できる可能性があります。

対処法1:音量を調整し、音を確認する

  1. まず、iPhoneの音量が最大になっているか確認します。ボリューム調整ボタンを押して音量を上げ、もし既に最大音量であれば、一度音量を下げてから再び上げてみてください。
  2. マナーモードやおやすみモードがONになっていないかも確認します。
  3. 設定アプリを開き、「サウンド&振動」を選択して、これらのモードがOFFになっていることで確認可能です。

対処法2: iOSを最新版にアップデートする

iOSのバージョンが古いと、不具合やバグが発生することがあります。

設定アプリを開き、「一般」を選択し、「ソフトウェア・アップデート」をタップして、利用可能なアップデートがあるかどうかを確認しましょう。

アップデートがある場合は、それをインストールして問題が解決するか確認します。

対処法3: iPhoneを再起動する

iPhoneの一時的なソフトウェアエラーが原因で音が出ない場合もあります。感覚としては、この場合が一番多いです。その場合、iPhoneを再起動することで問題が解消されます。

電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しし、スライドして電源を切った後、再び電源ボタンを押してiPhoneを起動します。

対処法4:マイクの目詰まりを掃除する

iPhoneのマイクが汚れていると、音がうまく録音できないことがあります。そのため、柔らかいブラシを使用して、マイクの穴を掃除してみてください。強く押し付けると内部の部品に損傷を与える可能性があるので、優しく掃除しましょう。

対処法5:Bluetoothが接続されているかどうかを確認する

Bluetoothデバイスが接続されていて、それが音を出す範囲外にある場合、iPhoneの音が出ない原因になります。

設定アプリを開き、「Bluetooth」を選択して、接続されているデバイスがあるか確認します。もし接続されているデバイスがある場合、それをタップして「接続を解除」を選択します。

対処法6:システムを修復する

それでも問題が解決しない場合は、iOSのシステムに問題がある可能性があります。この場合、専用のiOS修復ソフトーTenorshare ReiBootを使用するか、Appleサポートに相談しましょう。このツールは、iOSシステムのバグを修正し、iPhoneを正常な状態に戻すことが可能です。もし自身での対応が難しい場合は、Appleサポートに連絡するのが確実です。

ReiBootホームページ

ここまでの手順を試すことで、ほとんどの場合でiPhoneで動画再生時の音が出ない問題を解決できます。それでも問題が解決しない場合は、最寄りのApple Storeや認定サービスプロバイダーでハードウェアの問題を確認してもらうことをお勧めします。

パート3:iPhoneの音が出ない動画を修復する—4DDiG File Repair

iPhoneの音が出ない動画の原因がファイルの破損の場合、専門的な動画修復ソフト4DDiG File Repairで修復すれば音が出るようになる可能性があります。

4DDiG File Repair—動画修復は、簡単3ステップで高速かつ高確率で写真修復できるソフトです。MP4、MOV、MKV、M4V、3GP、3G2などの様々なファイル形式を修復できます。

  • MP4、MOV、MKV、MTS、FLV、M4Vなどの一般的な動画形式を修復する
  • AIで写真・動画を高画質化する新機能
  • AIによる自動着色で古いモノクロ写真・動画を数秒でよみがえらせる新機能
  • SDカード、USBメモリー、HDDなどのあらゆる記録媒体に対応する
  • 100%安全で迅速な修復、使いやすいインターフェース

ここでは、4DDiG File Repairを使い簡単なステップで破損した動画を修復する方法について解説します。

  1. 4DDiG File Repairをインストールし、起動します。

  2. プログラムのインターフェイスで、「動画修復」タブの「動画の不具合を修正する」を選択します。

    「動画の不具合を修正する」を選択する
  3. 「動画を追加する」ボタンをクリックし、破損した動画を追加します。「修復開始」ボタンをクリックすると、プログラムは自動的に動画を修復します。

    修復したい動画を追加する
  4. 動画の修復が完了すると、修復された動画をプレビューして、指定した場所に保存できます。

    修復された動画をエクスポートする
ヒント:上記の操作で動画修復に失敗した場合は、「高度な修復」機能を選択して、より深い修復を行うことも可能です。

さいごに

iPhoneで撮影した動画から音が出ない問題は、使用者にとっては大きなストレスとなります。しかし、この記事で紹介した各種原因と対処法を試すことで、ほとんどの問題は解消可能です。

特に、マナーモードやおやすみモードの設定、Bluetoothの接続状態、マイクの状態など、日常的な使用状態が原因となることも多いため、まずはこれらをチェックしてみてください。

i動画ファイル自体に問題がある場合には、4DDiG File Repairのような修復ツールを利用すると良いでしょう。

無料ダウンロード

PC向け

安全的なダウンロード

無料ダウンロード

MAC向け

安全的なダウンロード

4DDiG File Repair

4DDiG File Repair

AIを搭載した4DDiG File Repairは、破損した動画・写真を修復し、画質を向上させ、白黒動画・写真をカラー化することができます。

サポートしている写真ファイル形式:JPEG、JPG、CR2、NEF、SRW、PEF、ORF、RAW、ORF、ERF、CRW、RAFなど

サポートしている動画ファイル形式:MP4、MOV、MKV、M4V、3GP、3G2など

(この記事を評価する)

平均点 4.5人が評価しました)