開けない/破損したJPG画像を修復して復元する方法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-09-10 09:37:53コンピューターデータ復元に行く

jpg(またはjpeg)とは、写真やイラストなどの画像ファイルを示す拡張子の1つで、ほぼすべての方が使っているのではないでしょうか。

このjpgファイルですが、様々な理由で破損し、開かないトラブルが多発しています。大切なファイルが突然開けないのは困りますよね?破損したjpgファイルを修復する方法はあるのでしょうか?

ここでは、JPGを修復する必要があるケースを紹介し、データ復元ソフト「4DDiG」で新たに搭載されたjpg修復機能をご紹介いたします。

Part 1: JPGを修復する必要がある場合

jpgファイルを開こうとした際に、次のような画面が出て開けない場合があります。

JPGファイルが開けない

jpgファイルが開けない場合は、修復する必要があります。jpgファイルが開けなくなる原因として主に、ウイルス感染や、写真を開くソフトウェア側の不具合、最近ではWindows10のアップデートの不具合によるケースも多く報告されています。

また、jpg拡張子は元々、高画質を維持したままファイル容量を小さく圧縮できる特徴がありますが、上書き保存を繰り返すと画像が劣化します。劣化したjpgファイルも修復する必要があると言えます。

それでは、jpgファイルの修復は具体的にどのようにすればよいのでしょうか?

Part 2: JPGを修復して復元する手順

ここでは、データ復元ソフト「4DDiG」で新たに搭載されたjpg修復機能をご紹介いたします。

4DDiGとは、誤って削除したデータから、システムクラッシュ、フォーマット、データの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能な強力なソフトです。事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作でファイルを復元させることが可能です。

4DDiGで、jpg画像の修復も簡単にできるようになります。具体的な方法について次に説明していきます。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

修復したいjpgファイルの保存場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
デスクトップをスキャンする
スキャンしたフォルダやファイルが表示されるので、そこから修復したいファイルをダブルクリックします。jpgファイルがプレビュー表示されるので、「復元」をクリックします。
ファイルを復元 修復したJPGファイル

Part 3: まとめ

本文はデータ復元ソフト「4DDiG」で新たに搭載されたjpg修復機能をご紹介しました。

jpgファイルが破損して突然開けないケースや、再び高画質化したい場合は、jpgファイルを修復する必要があります。Tenorshare 4DDiGデータ復元ソフトのjpg修復機能を使えば、簡単にjpgファイルを修復することが可能です。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事