開けない/破損したJPG・JPEG画像を修復する方法

5分で読める

カテゴリ:コンピューターデータ復元|更新日:2024-03-01 09:06:56

JPG(またはJPEG)とは、写真やイラストなどの画像ファイルを示す拡張子の1つで、ほぼすべての方が使っているのではないでしょうか。このJPGファイルですが、様々な理由で破損し、開かないトラブルが多発しています。大切なファイルが突然開けないのは困りますよね?破損したJPGファイルを修復する方法はあるのでしょうか?

ここでは、JPGを修復する必要がある状況を紹介し、4DDiG写真修復を使用して修復することをお勧めします。

パート1:JPG/JPEG画像ファイルについて

JPG/JPEG画像ファイルとは?

JPEG(Joint Photographic Experts Group)は、一般的にデジタル画像の圧縮に使用されるファイル形式の一つです。画像サイズを小さくできるため、インターネット上で画像を公開するためによく使用されます。JPEGファイルは非可逆圧縮スキームを使用します。つまり、圧縮されたデータを 100% 元のデータに戻すことはできません。さらに、JPEGでは画像の細部を犠牲にしてファイル サイズを小さくできるため、細部の精度を必要としない写真や画像に理想的なファイル形式になります。

JPG・JPEG画像ファイルが破損した原因

JPEG画像ファイルが破損する原因はいくつかあります。以下に代表的な原因をいくつか挙げてみます。

  • ①転送エラー:例えば、ファイルがダウンロード中に途中で切断された場合、またはファイルが書き込み中に書き込みエラーが発生した場合に発生することがあります。
  • ②ファイルの変換エラー:例えば、ファイル形式を変換する際に、変換プログラムが正しく動作しなかった場合に発生することがあります。
  • ③ハードウェアの故障:例えば、ハードドライブのセクターが壊れてしまった場合、破損した画像ファイルが記録されている可能性があります。
  • ④ウイルスやマルウェアの攻撃:ウイルスやマルウェアに感染すると、ファイルが破損する可能性があります。
  • ⑤ファイルの編集エラー:JPEGファイルを編集する際に、編集プログラムが正しく動作しません。

これらの原因によって、JPEGファイルが破損することがあります。ファイルが破損した場合は、復旧ツールを使用して修復を試みることができますが、100%の復旧を保証するものではありません。

JPG・JPEG画像ファイルを修復する必要がある場合

JPGファイルを開こうとした際に、次のような画面が出て開けない場合があります。

画像開けない

JPGファイルが開けない場合は、修復する必要があります。JPGファイルが開けなくなる原因として主に、ウイルス感染や、写真を開くソフトウェア側の不具合、最近ではWindows10のアップデートの不具合によるケースも多く報告されています。

また、JPG拡張子は元々、高画質を維持したままファイル容量を小さく圧縮できる特徴がありますが、上書き保存を繰り返すと画像が劣化します。劣化したjpgファイルも修復する必要があると言えます。

それでは、JPGファイルの修復は具体的にどのようにすればよいのでしょうか?

パート2:破損したJPG・JPEG画像ファイルを修復する方法

方法1:破損したJPG・JPEG画像ファイルをバックアップから復元

バックアップからファイルを復元することは、破損したファイルを修復するための最も簡単な方法の1つです。重要なデータを保護するために、定期的なバックアップを作成することをお勧めします。バックアップは、外付けハードドライブやクラウドストレージなど、別の場所に保存することが重要です。

  • バックアップが正常に作成されていることを確認します。バックアップが存在しない場合は、この方法は使用できません。

  • バックアップが外付けハードドライブやクラウドストレージに保存されている場合は、それらにアクセスします。バックアップから破損したJPG・JPEG画像ファイルを選択し、元の場所に復元します。

  • ファイルを復元した後、ファイルが正常に復元されたかどうかを確認します。ファイルを開いて、画像が正常に表示されるかどうかを確認します。

方法2:オンラインサービスを利用する

オンラインサービスを利用することで、簡単にJPG・JPEG画像ファイルを修復することができます。これらのサービスは、ファイルをアップロードし、修復されたファイルをダウンロードすることができます。

オンライン画像修復ツール「OfficeRecovery」を紹介します。このツールは、破損したJPEG/JPG、GIF、TIFF、BMP、PNGまたはRAW画像を修復できます。

  • 「ファイルを選択」ボタンをクリックし、修復したいJPG・JPEG画像ファイルを追加します。

    画像ファイルを追加
  • 「アップロードの確保と修復」ボタンをクリックすると、サイトが自動的に画像の修復を開始します。

    画像の修復
  • しばらくすると、破損した画像が正常に修復されます。

    画像が正常に修復

パート3:破損したJPG・JPEG画像ファイルを修復する手順

ここでは、ワンクリックで破損した写真を修復と復元ソフト「4DDiG File Repair」で搭載された「写真修復」機能をご紹介いたします。このツールは、簡単3ステップで高速かつ高確率で写真修復できるソフトです。JPEG、JPG、CR2、NEF、SRW、PEF、ORF、RAW、ORF、ERF、CRW、RAFなどの様々なファイル形式に対応しており、一度に最大3000枚の写真を修復できます。

具体的な方法について次に説明していきます。まず、コンピューターに4DDiG写真修復をダウンロードしてインストールし、起動します。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG File Repairをインストールし、起動します。プログラムのインターフェイスで、「写真修復」タブの「写真の不具合を修正する」を選択します。

    「写真の不具合を修正する」を選択する
  • 「写真を追加する」ボタンをクリックし、破損した写真を追加します。「修復開始」ボタンをクリックすると、プログラムは自動的に写真を修復します。

    修復したい写真を追加する
  • 写真の修復が完了すると、修復された写真をプレビューして、指定した場所に保存できます。

    修復された写真をエクスポートする
ヒント

上記の操作で写真修復に失敗した場合は、「高度な修復」機能を選択して、より深い修復を行うことも可能です。

さいごに

JPGファイルは重要な写真やイメージを保存するための一般的な形式です。ですが、ファイルの破損や開けないといった問題が発生することもあります。この記事を参考にして、JPGファイルの修復や管理に適切なツールを使用することをおすすめします。

本文は写真修復ソフト4DDiG File Repairで搭載された「写真修復」機能をご紹介しました。JPGファイルが破損して突然開けないケースや、再び高画質化したい場合は、JPGファイルを修復する必要があります。4DDiG File Repairの写真修復機能を使えば、簡単にJPGファイルを修復することが可能です。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)