動画修復をするにはどうしたら良いでしょうか?おすすめの方法をこの記事でご紹介します。いずれの方法も、動画ファイルの主要な形式であるMP4やMOVのファイルに対応しています。

動画ファイルの破損は様々な理由で発生するので、動画修復したい!と思うケースは数多くあります。そこで、MP4やMOV動画ファイルがなぜ破損するのか?動画ファイルの破損を回避する方法は?破損したMP4/MOVファイルの動画修復方法は?という疑問にお答えします。

  1. Part1:なぜ動画ファイルが破損したのか?
  2. Part2:破損したMP4/MOV動画ファイルを修復する方法
  3. Part3:どうしたらMP4/MOVファイルの破損を避けられるのか?
  4. Part4:まとめ

Part1:なぜ動画ファイルが破損したのか?

動画ファイルの破損原因として、主に次の7つが考えられます。

  • データのコピーや移行・転送が不完全
  • 動画ファイルをダウンロードしている時に中断した
  • 動画の編集作業中にフリーズした
  • 動画ファイルの変換中に止まった
  • カメラなど機器の処理中に電源が切れた
  • カメラの中の記録媒体を抜いた
  • ウイルスに感染してしまった

動画が再生できない、編集できないとなると困りますよね?次に、破損した動画ファイルを修復する方法をご紹介いたします。

Part2:破損したMP4/MOV動画ファイルを修復する方法

1.4DDiGで破損してしまった動画を修復

  1. Tenorshare 4DDiGを無料ダウンロードして実行します。

  2. 動画修復を選択

    ホームページから「動画修復」を選択し、「スタート」をクリックして続行します。 

    動画修復を選択
  3. 修復したい動画を追加

    クリックして動画を追加して、「修復」をクリックします。

    動画を追加
  4. 修復された動画の表示とエクスポート

    修復結果を表示して、「エクスポート」をクリックして安全な場所に保存できます。

    修復完了

2.オンラインで破損した動画ファイルを修復

ここでは、「Free Online Video Repair」というサイトをご紹介します。無料で動画修復が可能です。

「Free Online Video Repair

操作は簡単で、画面中央の「+動画をアップロード」破損した動画ファイルを選択するか、直接修復したい動画ファイルを中央にドラッグアンドドロップするだけです。

3.VLC Media Playerで壊れた動画を修復

「VLCメディアプレイヤー」という無料の動画再生アプリでも動画修復が可能です。

  1. 画面上のメニューにある「メディア」を選択し、「変換/保存」をクリックします。

    メディア保存
  2. 「ファイル」タブを選択して、動画修復したいファイルを追加後、「変換」をクリックします。

    ファイル変換
  3. 画面下「出力ファイル」右の「参照」をクリックし、動画の出力先を設定します。

    次に、「プロファイル」の一番右にあるボタン(新しいプロファイル)をクリックして、動画修復の詳細を設定します。

    プロファイル変換
    • 「カプセル化」タブでは、修復する動画と同じファイル形式にチェックを入れます。
    • 「ビデオコーデック」タブでは、「ビデオ」と「オリジナルのビデオトラックを保持」にチェックを入れます。
    • 「オーディオコーデック」タブでは、「オーディオ」と「オリジナルのオーディオトラックを保持」にチェックを入れます。
    • 画面上にある「プロファイル名」に適当な名前を入力し、最後に画面下の「作成」をクリックします。

      カプセル化 ビデオコーデック オーディオコーデック
    • プロファイルのドロップダウンから先ほど作成したプロファイル名を選択し、「開始」をクリックすると、動画修復が開始されます。

      動画復元開始

4.VLCで動画ファイルを複製する

こちらもフリーソフト「VLC」を使った別の動画修復方法です。

  1. 破損したMP4/MOV動画ファイルのコピーを作成し、コピーのファイル形式をAVIに変換します。
  2. VLCを起動し、画面上のメニューにある「ツール」から「設定」をクリックします。

    vlc-tool
  3. 「人力/コーデック」を選択し、「壊れているか不完全なAVIファイル」で「常に修正」を選択後、「設定リセット」をクリックして保存します。

    人力/コーデック

Part3:どうしたらMP4/MOVファイルの破損を避けられるのか?

動画ファイルの修復方法をご紹介してきましたが、そもそも動画ファイルの破損は避けたいですよね?ここでは、MP4/MOVファイルの破損を回避する方法を5つご紹介します。実践して、動画ファイルが破損しないようにしましょう。

  • 大切な動画ファイルを外付けデバイスにバックアップする
  • ウイルス感染しないように、システムとウイルス対策を定期的に更新する
  • 信頼性の高い電気接続を確保することにより、予期しないシャットダウンを回避する
  • 動画ファイルの移動、コピー、または編集の中断を避ける
  • 信頼できないサードパーティのソフトウェアをビデオ編集に使用しない

Part4:まとめ

MP4/MOVファイルなどの動画は、様々な原因で破損してしまいます。今回の記事を参考に、動画ファイルの破損原因を知り、動画ファイルの破損を避けましょう。万が一動画が破損しても、ご紹介した方法で動画修復が可能です。今回ご紹介したフリーソフトやサイトはどれもおススメの動画修復方法ですが、最も動画修復率が高い方法は「4DDiG」です。お試しください。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery

Tenorshare 4DDiG データ復元

4DDiGは、Windows / Macコンピューターで削除、フォーマット、RAWなどのさまざまな損失シナリオから失われたデータをより高い成功率で回復するための選択肢の1つです。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)