動画をWindows 10で再生しようとしたら、次のエラーメッセージが出て動画再生できなかったことはありませんか?「再生できません。このアイテムは、サポートされていないフォーマットでエンコードされています。0xc00d5212」

0xc00d5212とは、エラーコードです。0xc00d5212エラーの原因とは何でしょうか?0xc00d5212エラーを修復して、動画を再生できるようにしたいですよね?

0xc00d5212エラーが出て動画が再生できず困っている方に、今回は0xc00d5212エラーの修復方法をご紹介します。

  1. Part1:動画再生時にエラー0xc00d5212が出る原因
  2. Part2:動画再生時に出るエラー0xc00d5212を修復
  3. Part3:まとめ

Part1:動画再生時にエラー0xc00d5212が出る原因

動画修復を選択

0xc00d5212エラーは、Windows 10に標準装備されているプログラムでmp4、mov、avi形式などの動画を再生しようとする際に出ます。原因は、主に以下の4つが挙げられます。

  • Windows 10に標準装備されているプログラム(映画&テレビ)で再生できない動画である。
  • 動画の再生に必要なコーデックがPCに入っていない。
  • PCにある映像と音声を再生するドライバーが最新ではない。
  • 動画ファイルが破損している。

「映画&テレビ」アプリは、DVDやBlu-rayディスクは再生できない仕様になっています。

また、動画の拡張子mp4、mov、aviなどのそれぞれに対応するコーデックと呼ばれる再生プログラムがパソコンに入っていないと、0xc00d5212エラーが表示されて再生できません。

映像と音声を再生するドライバーを最新のものにしていない場合も、エラーの原因となります。

PCに入っているプログラムなどに問題がない場合は、動画ファイル自体が破損して再生できなくなっている可能性もあります。

Part2:動画再生時に出るエラー0xc00d5212を修復

1.動画再生アプリをインストールする

再生した動画に対応したコーデック、動画再生プログラムがPCにない可能性があります。動画再生アプリをインストールしましょう。

幅広いファイル形式に対応している「VLC」、最新のAV1形式で作成された動画を再生できる「AV1 Video Extension」、Windows 10標準アプリでは再生できない動画の再生を可能にする「MPEG-2 ビデオ拡張機能」のいずれかをインストールすれば、だいたいの動画は再生できます。いずれもMicrosoft Storeからインストールできる無料アプリです。

2.ドライバーを再インストールする

動画再生に関するドライバーをアンインストールして、再インストールすることで最新のドライバーにすると、エラー0xc00d5212を修復できる可能性があります。

  1. 「スタート」アイコンを右クリックして、「デバイスマネージャー」を選択します。「Windows」+「X」キーを同時に押して、「M」キーを押しても「デバイスマネージャー」を開くことができます。
  2. 「サウンド、ビデオおよびゲームコントローラー」と「ディスプレイアダプター」をクリックで展開し、出てきた項目すべてで右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックし、アンインストールを完了させます。
  3. アンインストール後、パソコンを再起動すると自動的にドライバーが再インストールされます。これで0xc00d5212エラーが改善されたか、動画を再生して確認してください。

3.動画ファイルを修復する

これまでのエラー0xc00d5212修復方法を試しても、動画ファイルそのものが破損していると動画は再生できません。動画ファイルを修復しましょう。ファイル修復には、4DDiG動画修復の使用がおすすめです。

動画ファイルには、MP4、MOV、AVI々なファイル形式が存在しますが、4DDiG動画修復はほぼすべてのファイル形式をサポートしています。

さらに、たったの3ステップ操作で初心者でも簡単にファイルを復元できます。まずは4DDiG動画修復を無料ダウンロードして、実際に動画を復元できるかお試しください。

  • MP4、MOV、MKV、MTS、FLV、M4Vなどの一般的な動画形式を修復する
  • AIで写真・動画を高画質化する新機能
  • AIによる自動着色で古いモノクロ写真・動画を数秒でよみがえらせる新機能
  • SDカード、USBメモリー、HDDなどのあらゆる記録媒体に対応する
  • 100%安全で迅速な修復、使いやすいインターフェース
  1. 4DDiG File Repairをインストールし、起動します。

  2. プログラムのインターフェイスで、「動画修復」タブの「動画の不具合を修正する」を選択します。

    「動画の不具合を修正する」を選択する
  3. 「動画を追加する」ボタンをクリックし、破損した動画を追加します。「修復開始」ボタンをクリックすると、プログラムは自動的に動画を修復します。

    修復したい動画を追加する
  4. 動画の修復が完了すると、修復された動画をプレビューして、指定した場所に保存できます。

    修復された動画をエクスポートする
ヒント:上記の操作で動画修復に失敗した場合は、「高度な修復」機能を選択して、より深い修復を行うことも可能です。

エラー0xc00d5212の関連動画

Part3:まとめ

動画再生時に発生する0xc00d5212エラーの原因と修復方法をご紹介しました。

再生したい動画に対応した再生プログラムやコーデックがPCに搭載されていない、またはドライバーが最新でない場合に0xc00d5212エラーが発生します。

動画ファイルが破損している場合も0xc00d5212エラーの原因となります。4DDiG動画修復など、原因に合わせた対処法を1つずつ実践して、0xc00d5212エラーを修復してください。

無料ダウンロード

PC向け

安全的なダウンロード

無料ダウンロード

MAC向け

安全的なダウンロード

4DDiG File Repair

4DDiG File Repair

AIを搭載した4DDiG File Repairは、破損した動画・写真を修復し、画質を向上させ、白黒動画・写真をカラー化することができます。

修復可能な写真形式:JPG、JPEG、PNG、GIF、SVG、HEIC、TIFF、TIF、CR2、NEF、ARW、PEF、ORF、RAF、SRW、CR3、RSV、DNG、CRW、ERFなど

修復可能な動画形式:MP4、MOV、AVI、M4V、MKV、3G2、3GP、MPEG、WMV、TS、MTS、M2TS、RM、RMVB、INSV、FLV、MXF、SWFなど

(この記事を評価する)

平均点 4.5人が評価しました)