質問

「自分の携帯で撮った画像を会社のウェブサイトに何枚か上げないといけないんです。でも上げてみたら、どれも解像度が低くてきれいに見えなくて。解像度を上げる手っ取り早い方法はないですか?よろしくお願いします!」

画像は人生の一瞬を写し取ることができる手段です。懐かしい過去の思い出に導いてくれるものです。しかし、手持ちの写真がぼやけていたり画質が悪かったりすると、その役目を果たせません。画質が悪くなるのは、通常、画像の解像度が低いせいです。それを避けるために、写真を撮る時点で高画質に撮ることが推奨されていますが、往々にして、うまくはいかないものです。そんな場合、こう思うでしょう。

画像の解像度を上げるにはどうしたらいい?そうですね、あまり多くの解決法はありませんが、わずかに存在する方法は、極めて効果的です。この記事で、3つの方法をお教えしましょう。それを使って、画像の解像度を変える手順もお教えします。それでは、粗い画像を準備してください。今すぐ高画質に変えますからね。

  1. Part1:画像の解像度が低くなるのはなぜ?
  2. Part2:画像の解像度を上げる方法は?
  3. Part3:画像の解像度が低い問題についてのよくある質問
  4. Part4:まとめ

Part1:画像の解像度が低くなるのはなぜ?

写真の解像度が低いのは、いらいらする問題です。美しくないし、どこに出しても使えません。しかし、どうして写真の解像度が低くなってしまうのでしょうか?以下のように、さまざまな理由があります。

原因1:写真のサイズが大きすぎる

適切なツールを使わないで写真を拡大すると、劣化リスクが大きくなります。拡大は解像度と画質に大きく影響します。写真を編集するときは適切な画像サイズ変更ツールを使用することが推奨されています。

原因2:カメラワークが不安定

写真がぼやける主な原因はカメラのブレです。写真が元々きちんと撮られていない場合、後から修正するのは極めて難しくなります。

原因3:カメラの設定が適切でない

写真の解像度が低くなったり、ぼやけたりします。焦点が合っていない状態で写真を撮るのは、この問題の主な原因のひとつです。

原因4:ISO、絞り、露出が正しく設定されていない

これらのカメラ設定がきちんと最適化されていないと、解像度の低い写真になりがちです。

原因5:破損したファイル

ファイルの破損はパソコンの画像の解像度が低くなる大きな要因です。破損したファイルはできるだけ速やかに修復しましょう。

Part2:画像の解像度を上げる方法は?

画像の解像度を下げ得る原因を見たところで、画像の解像度を上げる方法に焦点を当てましょう。先に述べたように、画像の解像度を上げる極めて有効な方法が2つあります。Photoshopを使う方法と、4DDiG File Repairという専門のファイル修復ソフトを使う方法です。ひとつひとつ見ていって、使い方を理解しましょう。では、まず4DDiG File Repairソフトから行きます。

解決策1:4DDiG File Repairで画像の解像度を上げる

写真の解像度を上げるのは簡単な仕事ではありません。Windowsにデフォルトで入っているツールでは、写真の解像度を直すには足りません。専門的な補助が必要です。素早く高画像質に、解像度問題を解決してくれるソフトウェアが必要なのです。そんなソフトウェアが、実際にあります。4DDiG File Repairといいます。この画像修復ツールなら、ほとんどどんな写真でも修復可能です。その長所をいくつか紹介します。

無料ダウンロード

Windows向け

安全なダウンロード

無料ダウンロード

macOS向け

安全なダウンロード

  1. 4DDiG File Repairを起動します。プログラムのインターフェイスで、「写真修復」タブの「写真を高画質化する」を選択し、右下にあるツールキットをインストールします。

    写真の画質向上を起動する
  2. 「写真の追加/ドラッグ」ボタンをクリックして、高画質化したい写真を追加します。

    高画質化したい写真を追加する
  3. AIモデルを選択し、解像度を調整した後、「プレビュー」ボタンをクリックすると、ソフトウェアが高画質化を開始します。高画質化処理が完了したら、プレビューで元の写真と高画質化された写真を比較します。

    • 一般モデル:自然風景、建物、動物など、あらゆるイメージを向上させます。
    • ノイズ除去モデル:夜景、室内写真、ノイズのある画像に適しています。
    • AIポートレート専用モデル:顔写真のために特別に設計され、写真を自動的に美化し、細部を強化し、肌色を滑らかにすることができます。
    AIモデルを選択する
  4. 右下の「すべてのエクスポートする」をクリックすると、高画質化した写真がパソコンに保存されます。

    高画質化した写真をエクスポートする

ちょっとした、でも効果的な画像修復ソフトを使えば、ほら、あなたの粗い画像がきれいに直りました。

解決策2:Photoshopで画像の解像度を上げる

Photoshopは写真関係の処理なら何にでも標準的に使えるゴールドスタンダードと言えます。今回も、それは変わりません。写真の解像度を上げるという問題に対して、Photoshopは完璧な回答になります。

Photoshopを使えば、すぐに写真を修正できます。Photoshopで画像の解像度を上げるための簡単な3つのステップを紹介しましょう。

  1. パソコン上でPhotoshopを起動して、問題の粗い画像を開きます。ファイルメニューからパソコン内の画像を探せば、開くことができます。
  2. Photoshopで画像を開けたら、「イメージ」タブから「画像解像度」を選びます。

    「画像解像度」を選ぶ
  3. ウィンドウに「高さ」や「幅」などさまざまなパラメータが表示されます。これらを変えることで、画像の解像度を上げることができます。終わったら、「OK」ボタンをクリックして変更を適用しましょう。

    画像解像度の範囲を調整する

Photoshopは写真の解像度を上げたいという問題に完璧に答えてくれるソフトウェアです。ただし、やり方をきちんと知っている必要があります。

なので、まずは少しPhotoshopをいじってみて、どう設定を変えれば最高の画質になるのかわかってから適用するようにしましょう。

解決策3:Windowsの標準アプリ「フォト」「ペイント」で画像の解像度を上げる

画像のサイズや解像度を変更することは、画像編集ソフトの基本的な機能ですが、次にWindowsに付属するアプリケーション「ピクチャー」「ペイント」で画像を変更する方法について説明します。

「フォト」アプリの使用方法

  1. 「フォト」アプリで、解像度を変更したい画像を開きます。
  2. 上部メニューの「…」ボタンをクリックし、「画像のサイズ変更」を選択します。

    画像のサイズ変更を選択
  3. 画像の幅と高さを「ピクセル」または「パーセント」で指定でき、ファイル形式「.jpg」「.png」「.tif」「.bmp」も選択可能です。

    「フォト」で画像の幅と高さを調整
  4. 最後に、「保存」をクリックすれば完了です。

「ペイント」アプリの使用方法

  1. 「ペイント」アプリで、解像度を変更したい画像を開きます。
  2. 上部メニューの「サイズ変更」を選択します。

    「サイズ変更」を選択
  3. 「フォト」アプリと同様に、「ピクセル」や「パーセント」を使って画像の幅と高さを調整できます。

    「ペイント」で画像の幅と高さを調整
  4. 調整後、「ファイル」の左上にある「名前を付けて保存」をクリックし、ファイル形式を選択し書き出します。

    名前を付けて保存

Part3:画像の解像度が低い問題についてのよくある質問

質問1:写真の解像度が低くなるのを防ぐには?

解像度が低すぎる写真をどうすれば直せるかという問題ですが、最も良いのは、そもそも解像度の低い写真を撮らないようにすることです。今後、写真の解像度が低くなることを避けるためのコツを紹介しましょう。

  • 画像のサイズ変更は必要なときしか行わないようにしましょう。
  • 画像を取り込んだ後に、明度やコントラストなどの見た目を修正することができます。
  • 画像はJPEGではなく、常にRAWデータの形式で取り込みましょう。
  • 必ず三脚や一脚を使ってデバイスを固定し、ブレのない写真を撮りましょう。
  • 画質を高くするために、ISO感度は低くしておきましょう。

質問2:写真の解像度を上げるために、何ができますか?

写真がぼやけたりピクセル化したりするのは、誰でも嫌ですよね。幸い、写真の解像度を上げる良い方法が2つあります。

Photoshopと「4DDiG File Repair」です。Photoshopで画像のサイズ変更をすれば解像度を上げることができます。また、4DDiGデータ復元ソフトで画像を修復することができます。

質問3:iPhoneの写真の解像度を上げるには、どうしたらいいですか?

携帯電話の画像の解像度を上げるというのは、簡単な問題ではありません。画像をそのまま保存しておくことも、解像度を上げるのも難しいのです。何とかして画像の解像度を変えるか、撮影した写真が全て高解像度になるようにカメラの設定を変える必要があります。

iPhoneで設定を変えるには、「設定」→「カメラ」→「フォーマット」を選びます。フォーマットから、「互換性優先」のオプションを選びましょう。これで、撮った写真が最高画質で保存されます。

互換性優先を選択

質問4:Photoshopを使わずに写真の解像度を上げるには、どうすればいいですか?

もし、画像の解像度を上げるのにPhotoshopを使いたくなければ、専門の画像修復ソフトを使うことができます。

その手のソフトウェアで最も良いもののひとつに、4DDiG File Repairソフトがあります。「4DDiG File Repair」は、写真を修復するだけでなく、解像度の問題も解決できます。

Part4:まとめ

この記事で紹介したPhotoshopやWindowsに搭載されている「ペイント」「ピクチャ」アプリは、簡単に低解像度の画像を修復することができますが、修復したい画像によっては効果が限定的な場合があります。そのため、より高度な修復を行いたい場合や、自分で修復することが難しい場合には、専用の写真修復ソフトウェアを利用することをおすすめします。

「4DDiG File Repair」は、自分で数値を調整する必要がなく、ワンクリックで画像の解像度を上げることができるため、使いやすく初心者でも簡単に操作することができます。修復した画像は高画質で保存され、印刷や共有にも利用できます。低解像度の低い画像の修復方法に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

無料ダウンロード

PC向け

安全的なダウンロード

無料ダウンロード

MAC向け

安全的なダウンロード

4DDiG File Repair

4DDiG File Repair

AIを搭載した4DDiG File Repairは、破損した動画・写真を修復し、画質を向上させ、白黒動画・写真をカラー化することができます。

サポートしている写真ファイル形式:JPEG、JPG、CR2、NEF、SRW、PEF、ORF、RAW、ORF、ERF、CRW、RAFなど

サポートしている動画ファイル形式:MP4、MOV、MKV、M4V、3GP、3G2など

(この記事を評価する)

平均点 4.5人が評価しました)