動画ファイルをもらったけれど、この「.mkv」って一体なんだろう…。

「.mp4」「.avi」「.mpeg」は見たことがあるし、いつも使ってるけれど、そもそもどんなファイルかわからないし、クリックしても再生できないし、音が出ない…。

そんな疑問を持たれる方が多いとお察しします。

そこで今回は、MKVという拡張子はどんなファイル形式なのか、また、MKVファイルを再生できない場合の原因や対処法について、詳しく解説していきます。

MKVファイルをダウンロードしたけれど、音が出ない、再生できないといった悩みを抱えている方は参考にしてください。

  1. Part1:MKVファイルとは
  2. Part2:MKVファイルが再生できない・音が出ない原因
  3. Part3:MKVファイルが再生できない・音が出ない時の対処
  4. Part4:MKVファイルを修復する方法
  5. Part5:まとめ

Part1:MKVファイルとは

MKVファイルとは、(Matroska Video)の略で、動画データを格納する拡張子のことを指します。

大きな特徴としては、音声、映像に加えて、字幕データも同時に格納できる点です。あらゆる字幕に対応できるため、世界中でも注目が集まっています。

したがって、順番に解説策を試してみるのが良いでしょう。

多くのデータを格納できることにちなみ、ロシアの人形、マトリョーシカ(Matroska)から名前が付けられました。

特筆すべきメリットとしては、動画ファイルの代表的なMP4等の形式に比べ、動画画質が良い点です。そのため、デジタルハイビジョンなどの高画質なテレビにもよく使われます。

デメリットとしては、まず、容量が大きい点です。短い動画であればMP4ファイルとそこまで大差はないですが、長い動画になるにつれ、ファイルの容量は比例して指数関数的に大きくなります。

また、再生できる環境が限定されることもデメリットとして挙げられます。2022年10月現在、スマートフォンでの直接的な再生には対応しておりません。

PCで再生する場合も、MKVファイル再生用のソフトが必要であったり、一旦MP4ファイルに変換したりしなければなりません。

したがって、日常的な利用にはあまり向いていないのですが、高画質のデータや字幕も取り扱えるため、動画編集されているプロ向けのファイル形式と言えるでしょう。

ではここから、MKVファイルが再生できない・音が出ない原因や対処方法についても解説していきます。

Part2:MKVファイルが再生できない・音が出ない原因

1.再生するメディアプレイヤーが対応していない

第一の要因として挙げられるのが、再生するメディアプレイヤーがそもそもMKVファイルに対応していない場合です。

一般的なメディアプレイヤーですと、再生できないことが大半です。また、再生できる場合でも、音声しか流れない場合や、映像は流れても音が出ない場合もあるようです。

その際は、ご使用のメディアプレイヤーが、きちんとMKVファイルに対応しているかを確認してみましょう。

加えて、MKVファイル対応プレイヤーでも再生できない場合は、メディアプレイヤーが最新バージョンになっていないことが要因の可能性もあります。

お使いのメディアプレイヤーのバージョンをチェックすることも忘れずに行いましょう。

2.MKVファイルが破損してしまった

第二に、ファイルそのものが破損している場合です。

対応メディアプレイヤーなのにも関わらず再生できない、音が出ない、別のPCで試しても再生できない場合は破損している可能性があります。

この場合には、Part4で具体的にご紹介するMKVファイルの修復作業が必要です。

Part3:MKVファイルが再生できない・音が出ない時の対処

対処1.Windows 10でMKVコーデックをインストール

Windows10を使用していて、WMP(Windows Meadia Player)を使っているけれど、再生できない…。この場合は、MKVコーデックをインストールすることで再生可能となることがあります。

コーデックとは簡単にいうと、データ間の圧縮や解凍を行うプログラムのことで、既存のソフトウェアに組み込み、機能性を拡張することができます。

しかし、MKVコーデックは、海賊版も多く、使用時の難易度も高いため、PCに不具合が生じる危険性や、再生時にファイル破損などの問題が生じてしまう可能性があります。

その場合、解決が非常に困難になりますので、一般的にはおすすめできない方法と言えます。

対処2.MKVファイルを他の動画形式に変換

MKVファイルをMP4等などの、一般的なメディアプレイヤーでも再生可能な拡張子に変換する方法もあります。その場合は、「VLC」というフリーソフトを使うのが良いでしょう。

VLC(Video Lan Client)は、2001年から開発され歴史もあり、知名度もある信用度の高いフリーソフトです。

動画のファイル形式を変換する手順をご参照ください。

対処3.MKVファイルを修復

MKVファイルが破損している場合は、ウェブサイト(ブラウザ)のみで修復することは難しく、デフォルトのPCの操作だけで修復することも困難です。

したがって、専用のソフトウェアをダウンロードする必要があります。

以下で専用ソフトによるファイルの修復方法を解説していきます。

Part4:MKVファイルを修復する方法

MKVファイルの修復には、修復ソフト4DDiG File Repairを使用します。

4DDiG File Repairを無料ダウンロードして、3ステップ操作を行うだけで簡単にMKVファイルを修復できます。破損が酷くても高い確率で修復できるソフトなので、一度お試しください。

  • 100%安全
  • 破損した画像/動画を修復
  • 通常なファイル形式(JPEG、JPG、MP4、MOV、MKVなど)に対応
  • 一度にいくつかの画像/動画を修復できる
  • パソコンやSDカードやUSBメモリー、HDDなどのデバイスから画像/動画を修復

ここでは、写真修復の操作方法について、具体的に説明いたします。

  1. 4DDiG File Repairを無料ダウンロードして実行します。

  2. 動画修復を選択

    インターフェイスに「動画修復」を選択して続行します。

    4DDiG File Repair
  3. 修復する動画を追加

    「追加」ボタンをタップして破損した動画を追加し、「修復開始」をクリックします。

    動画修復
  4. 修復された動画の表示とエクスポート

    修復された動画をプレビューして、指定した場所に保存できます。

    修復動画エクスポート

Part5:まとめ

MKVファイルが再生できない・音が出ない原因と対処法についてご紹介しました。MKVファイルは、動画だけでなく字幕も格納でき、高画質なファイル形式です。

デメリットは、ファイル容量が大きい点と、一般的な環境で再生できない点です。MKVファイルが再生できない・音が出ない原因として、プレイヤーが対応していないか、ファイルが破損していることが挙げられます。

MKVファイルが再生できない、音が出ない場合は、VLCでMKVファイルをMP4のファイル形式に変換するか、MKVファイルが破損している場合は、専用の修復ソフト4DDiG File Repairでの修復が必要です。

4DDiG File Repair

4DDiG File Repair

4DDiG File Repairは、破損した写真&動画を修復するための強力なツールです。

サポートしているファイル形式:JPEG、JPG、CR2、NEF、SRW、PEF、ORF、RAW、ORF、ERF、CRW、RAF、MP4、MOV、MKV、M4V、3GP、3G2

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)