動画にぼやけた所があると、とてもいらいらすることがありますよね。ぼやけた動画のせいで楽しみが台無しになることもあるし、動画の制作者が伝えたい大事な情報がめちゃくちゃになることさえありますから。

取り込んだ動画や、オンライン/オフラインで再生した動画がぼやけていて、どうしたら画質を上げられるだろうと思ったなら、我々に任せてください。

この記事で、動画の画質を上げるのに完璧な動画修復ツールをいくつか紹介します。しかも、オンライン上の動画編集ツールで動画の画質を上げる方法もお教えします。

  1. Part1:動画の画質を上げる必要がある原因
  2. Part2:ぼやけた動画の画質を上げる方法には?
  3. Part3:動画の画質が下がるのを防ぐ方法は?
  4. Part4:さいごに

Part1:動画の画質を上げる必要がある原因

動画の画質を上げる原因はいくつもあります。主要な原因をこれから列挙します。

  • ①低解像度:動画を低解像度で録画した場合、大きな画面で再生するとぼやけることがあります。
  • ②圧縮:動画のファイルサイズを減らすために動画を圧縮した場合、動画の画質が落ちてぼやける原因になり得ます。
  • ③カメラの設定:往々にして、カメラの焦点調整などの設定が不適切なせいで動画がぼやけることがあります。また、シャッタースピードを遅くする機能を使うと、動画がぼやける可能性が高くなります。
  • ④エンコード設定:エンコード設定が不適切なせいで動画がぼやけることもあります。ですから、良い結果を得るためにはデジタル化を適切に行うことが推奨されています。
  • ⑤ディスク領域不足:コンピュータのハードディスクに十分な容量がない場合、たとえメディアプレイヤーが高機能でも最新バージョンでも、再生した動画がぼやけることがあります。
  • ⑥動画ファイルの破損:どんなドライブに保存した動画でも、ファイル転送やダウンロードが不適切に行われたり、ウィルスのせいでファイルが破損したりすると、ぼやけてしまう可能性があります。

Part2:ぼやけた動画の画質を上げる方法には?

可能性のある原因をひととおり見たところで、動画のボケを取り除く方法に進みましょう。ぼやけた動画を直すには、主に3つの方法があります。

方法1:動画の画質を上げる無料のオンラインサイトで修復する

ぼやけた動画を直すには、4DDiG無料のオンライン動画修復サービスを試す方法があります。このサービスは完全に無料で、MP4、MOV、M4Vなど一般的な動画形式に対応しています。データの安全性を保ち、カメラやメモリーカード、コンピュータなどさまざまなデバイスに対応しています。

無料のオンライン動画修復
  1. 破損した動画ファイルを追加するには、「動画を追加」をクリックするか、動画ファイルをボックス内にドラッグ&ドロップします。
  2. その後、破損した動画の修復が自動的に開始されますので、少々お待ちください。
  3. 最後に、更新された動画をダウンロードして、ぼやけているかどうかを確認します。

方法2: 効果的に動画の画質を上げるアプリ——4DDiG動画修復

動画のボケ方がひどくて4DDiG無料のオンライン動画修復で直せない場合、次に試すべき解決法はデスクトップバージョンの4DDiG動画修復ソフトです。

この動画修復ソフトを使えば、途切れ途切れの動画でもガタガタした動画でも、画質が粗くても歪んでいてもぼやけていても直すことができます。

動画がぼやけた原因がダメージや破損である限り、傷ついたり破損したのが撮影中でも、記録中でも転送中でも編集中でも変換中でも処理中でも関係なく、動画修復ソフトによって簡単かつ効果的に、破損した動画を修復することができます。

  • 様々な写真・動画ファイル形式を修復する
  • AIで写真・動画を高画質化する新機能
  • AIによる自動着色で古いモノクロ写真・動画を数秒でよみがえらせる新機能
  • SDカード、USBメモリー、HDDなどのあらゆる記録媒体に対応する
  • 100%安全で迅速な修復、使いやすいインターフェース
  1. 4DDiG File Repairをインストールし、起動します。

  2. プログラムのインターフェイスで、「動画修復」タブの「動画を高画質化する」を選択し、右下にあるツールキットをインストールします。

    動画高画質化を開始
  3. 「動画の追加/ドラッグ」ボタンをクリックして、高画質化したい動画を追加します。

    高画質化したい動画を追加する
  4. AIモデルを選択し、解像度を調整した後、「プレビュー」ボタンをクリックすると、ソフトウェアが高画質化を開始します。高画質化処理が完了したら、プレビューで元の動画と高画質化された動画を比較します。

    • 一般モデル:速さと画質のバランスが良いほとんどの動画に適しています。
    • アニメモデル:アニメや漫画の動画用に設計されています。
    • AIポートレート専用モデル:Vlog(ブイログ)やインタビューなど、顔に焦点を当てた動画に最適です。
    AIモデルを選択する
  5. 右下の「すべてのエクスポートする」をクリックすると、高画質化した動画がパソコンに保存されます。

    高画質化した動画をエクスポートする

これで動画の画質が向上するか、ボケが改善されるか確認しましょう。

方法3:VLCメディアプレイヤーでぼやけた動画の画質を上げる

3つめの方法はVLCメディアプレイヤーを使ってぼやけた動画を直す方法です。無料のオープンソースプレイヤーで、ぼやけた動画を一瞬で修復できます。このソフトウェアを使うには、以下の手順に従ってください。

  1. コンピュータ上でVLCメディアプレイヤーを起動します。
  2. ツールタブからドロップダウンメニューで設定を選びます。

    VLCメディアプレイヤー設定
  3. 次に、画面の下部にある「すべて」を選んで詳細設定を表示させます。

  4. そして、左側の窓から「ストリーム出力」のオプションを選択します。

  5. 最後に、ストリーム出力マルチプレクサーのキャッシュ(ミリ秒)の値を1500ミリ秒に変えて、保存ボタンを押します。これで完了です。

    ストリーム出力

動画がぼやけた原因が、カメラのピントずれだったとしても、心配は要りません。動画の設定を調整して、ぼやけた動画をくっきりさせたり、ボケ方をある程度改善できるオンラインの動画編集ツールが2つあります。

方法4:Clideo Online Video Clearerで動画の画質を上げる

Clideo Video Clearerはオンラインの動画編集ツールで、動画の明るさ、露出、シャープネス、彩度などの設定を無料で調整してぼやけた動画をくっきりさせることができます。Mac、Windows、iPhone、Androidなど、全てのデバイスで使用可能で、プログラムやアプリをインストールする必要もありません。

ただビデオクリップをアップロードして、ぼやけた動画を改善するための設定調整をいくつかするだけです。

それでは、Clideo Video Clearerで動画をくっきりさせる手順を紹介します。

  1. ウェブサイトに行って「Choose file」をクリックし、ぼやけていて修正したい動画をインポートします。

    use clideo video clearer to make a blurry video clear - upload video
  2. 動画がアップロードされたら、動画のボケをさくっと解決するために、BrightnessとContrastを上げる設定調整をしましょう。

    use clideo video clearer to make a blurry video clear - adjust video settings
  3. 調整が終わったら、動画の保存形式を選んで「Adjust」をクリックします。

    use clideo video clearer to make a blurry video clear - select output format
  4. 最後に、「Download」をクリックして新しく調整された動画を受け取りましょう。GoogleドライブやDropboxに保存することもできます。

    use clideo video clearer to make a blurry video clear - download clear video

方法5:Flixier Video Clearerで動画の画質を上げる

Flixier Online Video Clearerはもうひとつの選択肢で、暗い動画を明るくしたり、ぼやけた動画をくっきりさせることが簡単にできます。ダウンロードもインストールもなしで、100%安全で、驚きの成果を提供します。さらに、これを使えば、動画に黒帯やテキストを追加したり、トリミングもできます。

Frixier Video Clearerでぼやけた動画を改善する手順を紹介します。

  1. Frixier Online Video Clearerの公式サイトに行って、「Choose Video」をクリックします。そして、ぼやけていて修正したい動画のアップロードとインポートをします。

    use flixier video clearer to make a blurry video clear - choose video
  2. 動画がアップロードされたら、動画をタイムラインにドラッグ&ドロップします。そして画面右上の「Color」ボタンをクリックします。動画をくっきりさせるために、「Contrast」と「Brightness」を変えます。

    use flixier video clearer to make a blurry video clear - adjust video settings
  3. 終わったら、画面右上の「Export」をクリックして動画をダウンロードしましょう。

Part3:動画の画質が下がるのを防ぐ方法は?

ぼやけた動画の画質を上げる方法を5つ見てきましたので、ここからは動画の画質が下がるを防ぐコツを紹介します。これらのコツは全て、有識者から得たもので、魅力的でボケの少ない動画を作るのに、絶対に役立ちます。

1.高画質で動画を記録する

先に述べたように、動画を高解像度で記録することが重要です。解像の質が高いほど、動画の画質が良くなります。動画がぼやけないように、必ず高画質で動画を記録するようにしましょう。

2. ファイル形式を理解する

ファイル形式について、しっかり知っておきましょう。我々のオススメは「.MP4」のファイル形式を使うことです(または「H.264」)。この形式なら高画質の動画にできます。しかも、ファイルサイズは小さくなるので、アップロードが簡単です。

3. ラスター画像ではなくベクター画像を使う

動画にラスター画像を使うことを勧める人は多いですが、我々はベクター画像を使うことをお勧めします。ベクター画像はピクセルを使わないため、動画がぼやけたり低画質になったりする心配が要りません。

4. Googleドライブ/Dropbox/OneDriveを使って動画を送る

多くの動画共有プラットフォームでは、動画のアップロードの処理中に動画が圧縮され、ぼやけてしまいます。動画の品質を損なわずに送りたいなら、GoogleドライブやDropbox、OneDriveのようなクラウドベースの共有プラットフォームを使うことをお勧めします。これらは動画の品質を落とさない良いプラットフォームです。

Part4:さいごに

この記事では、ぼやけた動画の画質を上げる方法について話しました。それに加えて、ビデオクリップがぼやけるのを防ぐコツも述べました。

もし動画が破損して、どのメディアプレイヤーでも再生できなくなった場合は、Tenorshareの4DDiG動画修復ソフトですを使うと良いですよ。破損した動画ファイルをすぐに修復してくれますから。ちょっと試してみて、ぜひ動画を楽しんでください。

無料ダウンロード

Windows向け

安全的なダウンロード

無料ダウンロード

macOS向け

安全的なダウンロード

4DDiG File Repair

4DDiG File Repair

AIを搭載した4DDiG File Repairは、破損した動画・写真を修復し、画質を向上させ、白黒動画・写真をカラー化することができます。

修復可能な写真形式:JPG、JPEG、PNG、GIF、SVG、HEIC、TIFF、TIF、CR2、NEF、ARW、PEF、ORF、RAF、SRW、CR3、RSV、DNG、CRW、ERFなど

修復可能な動画形式:MP4、MOV、AVI、M4V、MKV、3G2、3GP、MPEG、WMV、TS、MTS、M2TS、RM、RMVB、INSV、FLV、MXF、SWFなど

(この記事を評価する)

平均点 4.5人が評価しました)