「MacでWMVファイルを再生できないけれど、どうやったら再生できるの?」と疑問に思われるかもしれません。

Macの標準プレイヤーであるQuickTime playerで再生しようとするとエラーが発生するため、再生方法が分からないと悩む方も多いのではないでしょうか。この記事では、MacでWMVファイルを再生する方法、WMV動画を復元する方法を解説します。

  1. Part1:WMVとは
  2. Part2:なぜMacでWMV再生できないか?原因を分析、対策を説明
  3. Part3:失われたWMV動画を復元する方法
  4. Part4:まとめ

Part1:WMVとは

WMVとは、Microsoft社が開発している動画形式です。Windows Media Videoの略称がWMV。簡単に説明するならば、Windowsに特化した動画形式がWMVです。

「代表的な動画形式といえば、MP4だと思うけれど、その2つの違いは何なの?」と思われるかもしれません。

確かに代表的な動画形式はMP4ですので、WMVファイルの良さを知らない方も多いと思います。

あまり知られていないことですが、WMVの方がMP4と同じビデオ品質でMP4よりファイルサイズが小さくすみます。他にもWMVはMicrosoft社が開発しているため、WindowsPCとの連携は、MP4よりもスムーズです。

Part2:なぜMacでWMV再生できないか?原因を分析、対策を説明

原因1.互換性の問題

対策1:Mac向け専用的なWMVプレーヤー(vlc media playerなど)を使う

vlc media playerなどのMac向け専用的なWMVプレーヤーを使うことにより、MacでWMV再生ができるようになります。

ここではvlc media playerを活用した方法を解説します。

  1. 公式サイトからvlc media playerをダウンロードし、ソフトを起動します。

  2. 起動するとこの画面が表示されるため、ここに開きたいファイルをドラッグ&ドロップします。

    ファイルをドラッグ
  3. ファイルをドラッグ&ドロップすると、このように先ほど操作したファイル名が表示されます。名前の部分をクリックすると、動画を閲覧可能です。

対策2:MacでWMVをMP4などのQuickTimeでサポートされる動画形式に変換する必要

WMVの形式をMP4などに変更するなどと、QuickTimeで再生可能な動画形式に合わせることにより、MacでWMV再生ができるようになります。

ここでは「Convertio」というWEBサービスを活用し、WMVの形式をMP4に変更する方法を解説します。

  1. Convertioにアクセスします。

  2. 画像のように、WMVにMP4と表示されていることを確認して下さい。もし表示されていないようであれば、自分で設定する必要があります。それが完了したら、「ファイルを選ぶ」をクリックします。

    ファイルを選ぶ
  3. 変換したいファイルを選択し「開く」をクリック。

    ファイルを開ける
  4. この画面が表示されたら、変換は完了です。「ダウンロード」をクリックすると、先ほど変換したファイルをダウンロードできます。

    変換完了

対策3:MP4に変更したら「4DDiG」データ復元ソフトでオンラインで動画を修復できます

「4DDiG」データ復元ソフトで、動画を修復が可能。しかし先ほどの手順でWMVではなく、MP4に変更する必要があります。そのため、まだMP4にしていない方は戻り、操作を行って下さい。

ソフトをインストールする必要もなく、オンライン上で作業が完結するため、非常に楽です。WMVファイルを再生できないことで悩んでいるのであれば、ぜひ一度試してみて下さい。

  1. 「4DDiG」のホームページにアクセスします。

  2. 該当のファイルをアップロードするため、「動画をアップロード」をクリック。

    オンラインで動画をアップロード
  3. 修復したいファイルを選択し、「開く」をクリックします。

    すると修復作業がはじまります。無事に修復が終了すると、完了画面が表示されます。これで、手順は完了です。

    ファイルを選択 オンラインで動画を修復

2.WMV動画の本体の原因

  • 動画を修復業者に相談

    動画を修復してくれる業者がいるため、そういった方に相談してみるのも1つの手です。しかし費用が掛かり、修復までに長時間掛かってしまいます。そのため、基本的には自分でMP4に変換し「4DDiG」データ復元ソフトで動画を修復するほうが、修復速度が早くオススメです。

Part3:失われたWMV動画を復元する方法

「したがって、どうやって失われたWMVファイルを回復しますか。」

「4DDiG」のようなプロのデータ復元ソフトウェアを使用して回復する必要があります。

ここで、「4DDiG」データ復元ソフトで復元手順を説明します。

  1. 「4DDiG」をダウンロードし、起動します。

  2. WMV動画を失われた場所をお選び、スキャンします。スキャン結果が出ましたら、検索機能もあるため、WMVという拡張子を探します。

    WMV動画をスキャン
  3. 保存先を選択し、「開く」をクリック。以前保存されていた場所を選択すると、上手く復元できないことがあるため、必ず別の場所を選択しましょう。迷った場合は、デスクトップ画面に復元される「Desktop」がおすすめです。

    wmv動画を保存
  4. この画面が表示されたら、手順は完了です。

    復元完了

Part4:まとめ

以上、MacでWMVファイルを再生する方法、WMV動画を復元する方法を解説しました。

Microsoft社が開発している拡張子が、WMVです。一般的に使用されているMP4ファイルと比べると、ファイルサイズが小さくすみます。

MacでWMVファイルを再生できない原因の多くは互換性の問題か、WMVファイル自体の問題です。互換性の問題であれば、Macで再生するプレイヤーやWMVファイルの形式をMP4などに変えることにより、解決する場合が大半です。

修復業者に頼む手もありますが、費用が掛かり、修復までに長時間掛かってしまいます。基本的にはMP4に変換し、「4DDiG」データ復元ソフトで、動画を修復するのがおすすめです。などの専門ソフトをおすすめします。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)