質問

「Web上の画像を自分のパソコンに保存したいけど、保存できない。どうすればいいの?」

Web上で面白い画像やお気に入りの写真を見つけたら、自分のパソコンに保存して、いつでも見たり使ったりしたいですよね。でも、保存したくても保存の仕方がわからない、保存しようとしても保存できない、というような経験をしたことはありませんか?

そこでここでは、Web上の画像や写真を自分のパソコンに保存する方法、さらに、保存できない時の原因と対処法などをご紹介します。

  1. パート1:パソコンにWeb上の画像・写真を保存する方法
  2. パート2:パソコンに画像が保存できない原因
  3. パート3:画像が保存できない場合の対処法
  4. 追加情報:4DDG File Repairで破損により保存できない画像を修復する

パート1:パソコンにWeb上の画像・写真を保存する方法

Windowsの場合

Windowsの標準ブラウザ、Microsoft Edgeを使った保存方法を紹介します。(どのブラウザでも大体同じ方法で保存できます)

  1. Microsoft Edgeを起動して、保存したい画像を表示させます。

    保存したい画像を開く
  2. 保存したい画像を右クリックして表示される一覧から、「名前を付けて画像を保存」をクリックします。

    这里填图片的文案,用户加载不出图片会看到这文案
  3. 「名前を付けて保存」が表示されるので、画像ファイルの保存場所を確認して、「ファイル名」ボックスにファイル名を入力して、「保存」をクリックします。

    画像ファイルの保存場所を確認

Macの場合

Windows と同様に、Web ページで画像を保存する必要がある場合は、右クリックして「名前を付けて保存」するだけです。

  1. ブラウザを起動して、保存する必要がある画像のウェブページを開きます。

    画像のウェブページを開く
  2. 画像を右クリックして「名前を付けて保存」を選択します。

    Mac名前を付けて保存
  3. その後、画像を Mac 上の任意の場所に保存することを選択できます。

    Mac 上の任意の場所に保存

パート2:パソコンに画像が保存できない原因

実は、上記の方法でパソコンに画像が保存できない場合があります。その原因としては以下が考えられます。

原因1:元のページでは画像の保存を許可しないように設定されている

Webサイトによっては、ロックをかけて画像が保存できないように設定していることがあります。たとえば、写真や動画をメインにしたSNSサイトであるInstagramにアップされた写真は、ダウンロードできません。

原因2:空き容量が不足

ハードディスクなどのストレージの空き容量が不足していると、データを保存することができなくなります。

その他の原因

その他、考えられる原因としては、以下のものがあげられます。

     
  • 保存する場所が正しくない。ディスクなどが書き込み禁止に設定されている
  • 保存するファイル名に「?」や「*」などの、使用できない文字を含んでいる
  • 保存するファイル形式が正しくない
  • パソコンのセキュリティソフトウェアやファイアウォールが、保存をブロックしている
  • アップされている画像ファイルが壊れている

パート3:画像が保存できない場合の対処法

上に示した通常の方法でパソコンに画像が保存できない場合には、以下の方法で対処しましょう。

対処法1:画像をスクリーンショットとして保存する

Windows10以降の場合、「Windows」キー+「Shift」キー+「S」キーを同時に押すと、Windows標準アプリの「Snipping Tool(切り取り&スケッチ)」が起動し、切り取り領域を選択するためのメニューが表示されます。  左から四角領域、フリーフォーム領域、ウィンドウ領域、全画面領域で、「×」はSnippingの終了です。

画像をスクリーンショットとして保存する

切り取り領域をキャプチャーすると、「切り取り領域がクリップボードに保存」されたことがSnipping Tool ウィンドウに表示されるので、Snipping Toolを起動して編集、保存することができます。お気に入りの画像編集ツールがあれば、そちらに貼り付けて保存することも可能です。

スクリーンショットを表示

対処法2:パソコンの空き容量を確認する

ハードディスクなどのストレージの空き容量が足りなくて画像を書き込めない場合は、以下の手順で4DDiG Duplicate File Deleterを使って不要な重複ファイルを削除し、空き容量を確保しましょう。

  1. 4DDiG Duplicate File Deleterをインストールし、起動します。

  2. スキャンするフォルダーを選択するか、フォルダをドラッグアンドドロップしてスキャンを開始します。

    スキャンするフォルダーを選択する
  3. 左下の歯車ボタンまたは右下のドロップダウンボタンをクリックし、必要なスキャンモードを設定します。設定が完了したら、「重複アイテムをスキャン」をクリックして、選択したフォルダのスキャンが開始します。

    スキャンモードを設定する
  4. スキャンが完了すると、画面に重複ファイルが表示され、右側のファイルの内容をプレビューして、不要なものを選択することができます。

    重複ファイルをプレビューして削除
  5. 不要なファイルを選択したら、「削除」をクリックします。

    重複ファイルを削除

追加情報:4DDiG File Repairで破損により保存できない画像を修復する

画像が破損していて保存できない場合は、Tenorshare 4DDG File Repair を使って、以下の手順で画像を修復しましょう。

  • JPEG、JPG、CR2、NEF、SRW、PEF、ORF、RAW、ORF、ERF、CRW、RAFなどの一般的な写真形式を修復する
  • AIで写真・動画を高画質化する新機能
  • AIによる自動着色で古いモノクロ写真・動画を数秒でよみがえらせる新機能
  • 一度に最大3000枚の写真を修復できる
  • 100%安全で迅速な修復、使いやすいインターフェース
  1. 4DDiG File Repairをインストールし、起動します。

  2. プログラムのインターフェイスで、「写真修復」タブの「写真の不具合を修正する」を選択します。

    「写真の不具合を修正する」を選択する
  3. 「写真を追加する」ボタンをクリックし、破損した写真を追加します。「修復開始」ボタンをクリックすると、プログラムは自動的に写真を修復します。

    修復したい写真を追加する
  4. 写真の修復が完了すると、修復された動画をプレビューして、指定した場所に保存できます。

    修復された写真をエクスポートする
ヒント:上記の操作で写真修復に失敗した場合は、「高度な修復」機能を選択して、より深い修復を行うことも可能です。

さいごに

ここでは、Web上の画像を自分のパソコンに保存する方法、保存できない原因とその場合の対処方法などについてご紹介しました。

4DDiG File Repairは非常に簡単、かつ素早く破損した画像ファイルを修復することができます。無料体験版では修正画像にロゴが入り、エクスポートもできませんが、修正済画像を確認することができます。是非一度、無料体験版を試してみられることをお勧めします。

無料ダウンロード

Windows向け

安全的なダウンロード

無料ダウンロード

macOS向け

安全的なダウンロード

4DDiG File Repair

4DDiG File Repair

AIを搭載した4DDiG File Repairは、破損した動画・写真を修復し、画質を向上させ、白黒動画・写真をカラー化することができます。

サポートしている写真ファイル形式:JPEG、JPG、CR2、NEF、SRW、PEF、ORF、RAW、ORF、ERF、CRW、RAFなど

サポートしている動画ファイル形式:MP4、MOV、MKV、M4V、3GP、3G2など

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)