「Macを使っているのだけれど、動画を再生できない。何が原因で、どうやって対処すればいいのか教えて欲しい。」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

Macを利用していると、たまに動画を再生トラブルが発生します。

この記事では、動画拡張子の種類、Macでオンラインで動画を再生できない原因と対処方法について解説します。

  1. Part1:動画と拡張子の種類
  2. Part2:動画 ファイルが壊れた症状と原因
  3. Part3:Macで壊れた動画 ファイルを修復する方法
  4. Part4:まとめ

Part1:動画拡張子の種類

「動画フォーマット(コンテナ)と拡張子の種類には、どんなものがあるの?」と疑問に思っているかもしれません。ここでは、動画拡張子の種類について解説します。

動画フォーマット(コンテナ)と拡張子の種類には、主に4種類があります。

  • AVI
  • MP4
  • MOV
  • WMV

AVI

Microsoftが開発しており、Windowsの標準動画形式になっているのがAVIです。ストリーミング再生(スマホにインターネットに接続しながら動画を再生すること)ができないため、現在では他の拡張子に代替されることが多いといえます。AVIファイルが少なくなります。

MP4

高画質なのに容量をあまり必要としないため、現在多くのユーザーに使用されている形式がMP4です。WindowsやMacどれでも再生可能なので、汎用性が高い拡張子といえます。

MOV

Appleが開発しており、Macの表示動画形式になっているのがMOVです。Windowsでは標準で再生することはできず、専用ソフトをダウンロードする必要があります。

WMV

WMVとはMicrosoftが、ストリーミング配信(データを分割してダウンロードする配信方法)のために開発したものがWMVです。コピーを阻止する機能が搭載されているため、コピーされては困る、動画配信サービスによく利用されています。

Part2:動画ファイルが壊れたときの症状と原因

「動画ファイルが破損すると、どうなるの?壊れたら、どうすればいいの?」と疑問に思っているでしょう。ここでは、動画ファイルがクラッシュファイルになってしまったときの症状と原因について解説します。

症状

動画ファイルが壊れたときの症状は、下記の3つです。

  • 動画を開けなくなる

    動画ファイルが壊れたことにより、動画自体が開けなくなることもあります。

  • 動画の一部がなくなる

    他の部分は再生できるのにもかかわらず、動画の一部がなくなり、閲覧できないこともあります。

  • 再生するとき、ロード時間が長くなる

    再生自体はできますが、ロード時間が長くなり、再生するのに時間が掛かりすぎる場合もあります。

原因

動画ファイルが壊れた原因は、下記の3つです。

  • パソコンで突然エラーが発生

    パソコンで突然エラーが発生してしまったことにより、動画ファイルが壊れてしまうケースもあります。

  • 動画を保存し、再生するとき、エラーが発生

    無事に動画を保存できた場合でも、再生するときにエラーが発生すると、動画ファイルが壊れてしまうこともあります。

  • 動画フォーマットはプレーヤーと互換性がない

    先程ご紹介した拡張子と、動画を再生するためのプレイヤーの互換性がないと、動画ファイルが壊れてしまう場合もあります。

Part3:Macで壊れた動画 ファイルを修復する方法

Macで壊れた動画ファイルを修復するには、主に2つの方法があります。

1.専門の修復ソフトを利用する

Macで壊れた動画ファイルを修復したい場合は、「4DDiG」などの専門の修復ソフトを利用するのも1つの手です。修復率も高く手順も簡単で、どんな拡張子のデータであっても修復できます。

ここでは、「4DDiG」を使ってMacで壊れた動画ファイルを修復する方法を解説します。

  1. 「4DDiG」のホームページにアクセスします。

  2. 修復したいファイルをアップロードします。

    しばらくお待ち下さい。そして、動画の修復が完了できます。

    オンラインで動画をアップロード オンラインで動画を修復

ここも、Windows版の動画修復手順を簡単に説明します。

  1. まず、「4DDiG」Windows版をダウンロードして、起動します。

    4DDiGを起動
  2. 修復したいファイルをアップロードします。

    動画をアップロード
  3. 「動画修復の結果」の画面が表示されたら、修復は完了です。

    修復完了

2.復旧業者に相談する

Macで壊れた動画ファイルを修復したい場合は、復旧業者に相談するのも1つの手です。復旧業者に相談すれば、ほとんどの作業を代行してもらえます。もし復旧できなかったとしても、料金を返金してもらえる場合が大半です。

しかし費用が高く、業者の元に持っていく必要があるなどと面倒なので、あまりオススメできません。

Part4まとめ

以上、動画フォーマット(コンテナ)と拡張子の種類、Macで動画を再生できない原因と、Macで壊れた動画ファイルを修復する方法について解説しました。

動画フォーマット(コンテナ)と拡張子の種類には、主に4種類があり、それぞれ特徴があります。パソコンで突然エラーが発生したり、互換性がないなどが原因で、動画が再生できない場合が大半です。

こういった場合は、「4DDiG」などの専門ソフトをおすすめします。修復率も高く、どんな拡張子のデータであっても修復できるため、是非試してみて下さい。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)