[6選]Macで保存せずに終了したWordファイルを復元する方法

5分で読める

カテゴリ:オフィス復元|更新日:2024-02-27 11:50:28

質問

「<Wordファイルの復元> Macがフリーズして強制終了をしたところ、書きかけのWord資料(既に過去に名前を付けて保存済み)の上書き分が全て消え作業当初段階にまで戻ってしまいました。復元を試みようとしましたが、自動回復ファイルなども見当たりません。方法がありましたらご教示お願い申し上げます。」

-知恵袋により

MacにてWord資料作成をしていましたが、終了時、誤って保存せずに終了したり、間違って上書きしたりしたことはありませんか?Mac用のMicrosoft Wordの機能のため、Macで保存されていないWord文書を復元する多くの可能な方法があります。

さらに、不注意でMac上のWord記録を紛失または消去した場合、Tenorshare 4DDiG Macデータ復元ソフトで回復することができます。ここでは、Macで保存せずに終了したWordファイルを復元する方法と、復元できなかった場合の対処法についてご紹介いたします。

方法1.Macで自動回復機能を使って保存せずWord文書を復元する

Mac版Wordには、オートリカバリという選択肢が用意されています。 システム自体がそれをオンにします。このアプリケーションは、結果として、開いているWordのレコードの複製を一定間隔で保存します。あなたが何かの文書で詳細を書いて / 編集しているときにWordがフリーズした場合、またはコンピュータがクラッシュした場合、あなたはそれを利用することができます。自動回復の複製ファイルは、Microsoft Word for Macで行った変更または編集を含む回復されたWord文書として使用されます。

  • Macの "Finder "を開き、その時点で、"Go">"Go toFolder"に進む
  • "~/Library/Containers/com.microsoft.Word/Data/Library/Preferences/AutoRecovery" と入力し、"Go" を選択
  • 自動回復オーガナイザーを開き、"AutoRecovery save of "という言葉で始まるファイ ルをひとつひとつ探してください。復元する必要があるものを選択し、名前を変更し、その末尾に「.doc」ファイル名を追加します。

    自動回復機能
  • 失われたファイルをダブルタップします。すると、そのファイルがWord for Macで開かれます。

  • 「ファイル」メニューをクリックし、「名前を付けて保存」を選択します。 名前フィールドに文書の別の名前を入力し、保存先を選択し、「保存」ボタンを選択します。

方法2.MacでTMPフォルダから保存されていないWord文書を復元する

自動保存で保存されていないワード文書を取り出すことができないとすると、 一時ファイルを確認するのが賢明でしょう。Mac用Wordは、Word Work Fileという名前の未保存のアーカイブの複製をTemporaryフォルダに保存します。Macはさらにこのフォルダーにファイルを一時的に保存します。一部のMacのクライアントのために、それはそれを追跡することは困難であるにもかかわらず。ここでは、ターミナルを利用した一時フォルダ内の一時的な作業ファイルを発見する方法を考え出すための詳細なマニュアルを紹介します。

  • Finderから "アプリケーション"→"ユーティリティ "と進み、"ターミナル "をダブルタップします。

    ターミナルからのデータ復元
  • ターミナルで、$TMPPDIRを開くをクリックすると、未保存のファイルを保存しているTMPフォルダに飛ばされます。

  • TMPファイルの中から、"TemporaryItems "という名前のドキュメントを探して開く。 その中で、復元したい未保存のWordファイルを右クリックし、"Open with... "をクリックします。> Microsoft Wordを選択します。

  • ファイルメニュー>「名前を付けて保存」をタップして、Word文書を別の保存先に保存します。

一般的に、速やかに保存されていないWordの記録は、Macの一時フォルダにあるはずです。 見つからない場合、それらを消去したり、TMPフォルダをクリーンアップした可能性があります。

方法3.Macのゴミ箱から削除したWord文書を復元する

時には、消去により、文書が行方不明になることがあります。 Macのスペースを空けようとすると、このようなことが起きます。その際、多くの古いファイルを、その中の1つが重要だと気づかないまま削除してしまいます。幸いなことに、それほど問題ではありません。その記録は、どんな場合でも、ゴミ箱の中で見つかるかもしれません。それらのファイルを復元するに、次の手順を実行する必要があります。

  • Dockにあるゴミ箱のマークを選択して開きます。

  • すぐにあなたが削除したすべてのコンテンツが表示されます。 ドキュメントを検索します。レコードをクリックしてスペースバーを押すと、そのプレビューを見るためのオプションがある場合があります。

  • ドキュメントが表示されない場合は、ゴミ箱の中の「回復されたアイテム」 フォルダを探します。ファイルがその中に保存されている可能性があります。

  • そこに保存されている場合は、そのファイルを右タップして、「戻す」を クリックする必要があります。これで、記録は最初に保存されたフォルダに戻され、作業を続けることができます。

    ゴミ箱から復元

方法4.オンラインサービスから削除されたWord文書を復元する

すでにバックアップされている削除されたWordファイルを復元するのは難しい作業 ではありません。実を言うと、利用可能なオンラインサービスを通じてファイルをバックアップする習慣がある場合、それはGoogleドライブ、iCloud、OneDrive、およびDropboxのように、数多くのオンラインストレージの方法があっても、失われたり消去されたワードデータを取り戻すためのとても簡単な方法でしょう。

iCloud:

  • iCloudのサイトまたはアプリケーションにアクセスし、iCloudアカウントにログインします。

  • [設定] > [詳細設定] > [ファイルの復元]に移動します。

  • 復元したいWord文書を選び、「ファイルを復元」をクリックして、それを取り戻します。

Google Drive:

  • Googleのサイトまたはアプリケーションにアクセスし、Googleアカウントにログインします。

  • ゴミ箱に移動し、探している消去されたWordファイルを見つけます。

  • 消去されたWordの記録を右クリックして、「復元」を選択し、Mac上で消去されたWord文書/データを復元します。

方法5.Time Machineバックアップから保存済みのWord文書を復元する

MacでTime Machineを有効にすると、Mac上のすべてのファイルについて、 24時間前まで遡ってバックアップを作成します。このため、Wordファイルを扱っている場合、Time Machineは現時点で複製を用意している可能性があります。Mac上のドキュメントまたは以前のバージョンのレコードを見たい場所に移動します。例えば、上記で言及したAutoRecoveryフォルダーを試すこともできます。

  • スポットライトでTime Machineを検索し、開きます。タイムラインを使用して、失われたWord記録を見つけます。

  • あなたがWordファイルを発見したら、それを選択し、それを取り戻すために復元キーを押してください。

    Time Machineバックアップから復元

方法6.データ復元ソフトでMac上の保存し忘れたWord文書を復元する

MacでWord文書を復元するために上記の方法のどれも動作しない場合は、 Excel、Word、PowerPoint、音楽、オーディオ、写真など、あらゆる種類のファイルを復元するための専門的かつシンプルなソフトウェアであるデータ復元ソフト4DDiG Macデータ復元を試してみる時が来たようです。以下のステップに従って、4DDiGでMacから失われたワードドキュメントを復元する方法を学びましょう。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiG(Mac)の公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、Mac上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。

    プログラムが起動後の画面で、復元したいデータが存在するドライブやパーティションを選択します。

    スキャン対象の選択
  • ファイルのプレビュー:

    削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • 復元場所の選択:

    復元したファイルの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

結論

この記事では、Macで保存されていないWord文書を回復する方法についてすべて 話しました。

あなたはすでにMacで失われたファイルを取得できます。さらに、Tenorshare 4DDiG(Mac) データ復元は、すべての種類のデバイスで、世界クラスの復元サービスがご利用いただけます。だから、間違ってWordファイルを失った場合も心配しないでください。Tenorshare 4DDiG Recovery Softwareがついています。私たちのサービスに関するより多くのお問い合わせは、お気軽にご連絡ください。

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)