Windowsで未保存/削除/紛失メモ帳ファイルの復元方法

システムの不具合などでメモ帳が完全に削除されてしまったケースでも、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使うことでメモ帳ファイルを復元することが可能です。

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2024-05-12 01:49:42コンピューターデータ復元に行く

メモ帳アプリを使用して大切なファイルを削除してしまった経験はありませんか?削除したメモファイルを復元する方法を知っていれば、データを失う心配はありません。

Windowsに搭載されている「メモ帳」という機能は、フォントの装飾や配置変更などの細かい設定がない非常にシンプルなテキスト作成機能です。メモ帳は起動も早くシンプルに使える一方で、Wordなどと異なり、自動復元機能がないため、パソコンの不具合や、誤って削除した場合に、復元の仕方がわからない人も多いのではないでしょうか?この記事では、保存せずに閉じたり、削除されたりしたメモ帳ファイルを復元するためのいくつかの方法を紹介します。

Part 1: 未保存のメモ帳を復元する方法

パソコンの突然のシステムクラッシュや強制終了などで、保存していなかったメモ帳を復元することはできるのでしょうか?Wordなどにある自動復元機能がメモ帳にはありませんが、未保存のメモ帳を復元することは可能です。ここでは、未保存のメモ帳を復元する方法をご紹介します。

タスクバーの検索バーに「%AppData%」と入力します。
タスクバーの検索バーに「%AppData%」と入力  
開いたフォルダ「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming」で、消えたメモ帳ファイル名を検索します。
消えたメモ帳ファイル名を検索
検索で出てきた未保存のメモ帳ファイルを右クリックし、「元に戻す」をクリックして復元します。

Part 2: 専門的なデータ復元ソフトで消えたメモ帳ファイルを復元

ごみ箱を空にしてしまい、完全に削除してしまったメモ帳ファイルでも、ファイル復元ソフトTenorshare 4DDiGを使えば復元することが可能です。また、事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作でファイルを復元することが可能です。それでは、4DDiGを使用したメモ帳ファイルの復元手順をご紹介します。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

メモ帳が失われた場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
復元したいファイルが保存した場所を選択
そこから復元したいメモ帳を選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
復元したいメモ帳ファイルが保存した場所を選択

Part 3: 人気のあるメモ帳アプリをおすすめ

いくつかの人気のあるメモ帳アプリを以下にご紹介します。それぞれのアプリは、異なる特徴や機能を持っていますので、ご自身のニーズや好みに合わせて選択してください。

TOP1: Evernote

Evernoteは非常に人気のあるメモ帳アプリで、テキスト、画像、音声、ウェブクリップなど、さまざまな形式のメモを作成できます。シンプルなインターフェースと高度な検索機能を備えており、複数のデバイス間で同期も可能です。

Evernote

TOP2: Microsoft OneNote

OneNoteはMicrosoftのメモ帳アプリで、ノートブックやセクション、ページなどの階層的な組織を持つことができます。テキスト、画像、音声、手書きのメモを作成でき、クラウド上での同期や共有も簡単に行えます。

Microsoft OneNote

TOP3: Google Keep

Google Keepはシンプルで使いやすいメモアプリです。カラフルなメモスティッキーやチェックリストの作成、音声メモの録音、画像の添付などが可能です。Googleアカウントとの統合があり、複数のデバイスで同期されます。

Google Keep

Part 4: まとめ

以上はメモ帳ファイルを復元する方法を三つご紹介しました。ごみ箱を空にした、またはシステムの不具合などでメモ帳が完全に削除されてしまったケースでも、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使うことでメモ帳ファイルを復元することが可能です。簡単な操作でメモ帳ファイルを復元できるため、おすすめです。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)