MacのTime Machineからデータを復元する方法とその代替案

万が一、MacのTime Machineからデータを復元できない場合は、データ復元ソフト4DDiG-Macを使用してデータを復元しましょう。
authorPic 加藤篤人 最終更新日 2022-11-24 17:23:49コンピューターデータ復元に行く

MacにはTime Machine(タイムマシン)という自動バックアップ機能が標準搭載されています。事前に設定しておけば、ゴミ箱からも完全に削除してしまったデータや、Mac OSも復元できます。では具体的に、どう使えばTime Machineからデータを復元することができるのでしょうか?

ここでは、MacのTime Machineの使い方と、Time Machineからデータを復元できなかった場合の対処法についてご紹介いたします。

Part 1: MacのTime Machineからデータを復元する方法

1.Time Machineで自動バックアップを設定

まず、Time Machineで自動バックアップを設定する手順をご説明します。

Macに外付けハードディスクを接続します。
メニューの「システム環境設定」からTime Machineを選択します。
Time Machineを選択
「ディスクを選択…」をクリックします。
ディスクを選択
バックアップに使うディスクを選択し、「ディスクを使用」をクリックします。
ディスクを使用
Time Machineを「入」にセットすると、次のデータを見ることができます。
Time Machineを「入」にセットする
「Time Machineをメニューバーに表示」にチェックを入れます。
Time Machineをメニューバーに表示

2.Time MachineでMacのデータを復元

①TimeMachineからMacのデータを復元

次に、Time Machineを使ったデータの復元方法をご説明します。

Dockや「システム環境設定」からTime Machineを選択します。
Time Machineが開いて、使用可能なバックアップが表示されたら、復元したいデータを選択して、「復元」をクリックします。バックアップデータの日付を選んでファイルを選択することも可能です。
Time Machineを使ったデータの復元方法

②TimeMachineからmacOSを復元

また、Mac OSをTime Machineから復元する方法についてもご紹介します。

Macの電源を入れた直後に[Command (⌘)]+[R]を長押ししてユーティリティを起動し、「Time Machineバックアップから復元」を選択します。
Time Machineバックアップから復元
「続ける」をクリックします。
続ける
「Time Machine」を選択して、「続ける」をクリックします。
Time Machineを選択
復元したいバックアップデータを選択して、「続ける」をクリックします。
復元したいバックアップデータを選択
インストール先のディスクを選択して、「復元」をクリックします。
インストール先のディスクを選択

Part 2: MacのTime Machineからデータを復元できない時の対処法

MacのTime Machineの注意事項としては、あらかじめ設定していないと、自動でバックアップしてくれないということです。万が一、MacのTime Machineからデータを復元できない場合は、データ復元ソフト4DDiG-Macを使用してデータを復元しましょう。 Tenorshare 4DDiG Macデータ復元ソフトは、Macのシステムクラッシュ、ウイルス攻撃、フォーマット、ユーザーによる誤削除、ゴミ箱を空にしたなど様々な原因で消えたありとあらゆるデータでも復元することが可能です。専門知識も不要で、簡単な操作でファイルを復元できます。RAWになったファイルも復元可能です。ここでは、4DDiGのデータ復元手順をご紹介します。

4DDIG Macをインストール、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

      
復元したいファイルの保存場所を選択して、「スキャン」をクリックします。
「スキャン」をクリック
ファイルの一覧がでますので、その中から復元したいファイルを選んでいきます。データの選択が終わったら、動画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。
「復元」をクリック

Part 3: まとめ

MacのTime Machineの使い方と、Time Machineからデータを復元できなかった場合の対処法についてご紹介しました。MacのTime Machineを事前に設定して大切なデータを自動でバックアップするようにしましょう。万が一、Time Machineからデータを復元できない場合でも、データ復元ソフト4DDiG-Macを使用することで、簡単な操作ですぐにデータを復元させることができます。  

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)