【2023最新】Macのゴミ箱から削除したデータを復元する方法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2023-01-04 17:30:18コンピューターデータ復元に行く

Macで削除したデータがゴミ箱からなくなるケースがあります。容量を確保するのに削除するだけではなく、いつの間にかデータがなくなっていたなどの場合も少なくありません。このデータの損失はMacではよく起こるものなので、データを復元する方法を知っておいて損はありません。

そもそもゴミ箱の中のデータを削除したとしても、復元できるのか気になる人も多いでしょう。実はデータは削除されても、完全に消去されたわけではないのです。そのため専用のソフトを使うことで、データを抽出して復元できます。

Part 1: ゴミ箱からデータを元に戻す手順

ではMacのゴミ箱からデータを取り出しする方法を考えます。故障などによって、なぜかゴミ箱にデータが移動することもあります。ただゴミ箱に移動しただけなら、直ぐに戻せるので覚えておきましょう。

  • ステップ 1Dockを開きます。
  • ステップ 2Dockの中にあるゴミ箱のアイコンをクリックします。
  • ステップ 3ゴミ箱のフォルダが開くので、戻したいデータを探します。
  • ステップ 4お目当てのファイルを見つけたら、controlキーを押しながらクリックしてください。または右クリックをします。
  • データを元に戻す

もう1つの方法としてはショートカットキーを使う方法です。これは間違ってデータにゴミ箱を入れたと思った時に、すぐに使えます。commandキーを押しながら、Zキーを押します。これだけで1つ前の動作は取り消すことができるのです。

Part 2: Macで空にしたゴミ箱のデータを復元する方法

Macで容量を確保するのに、ゴミ箱のデータを削除することは多いです。しかし必要なデータがあったという場合は、専用のリカバリーソフトを使う必要があります。ここでは操作がシンプルで初心者でも簡単に使える4DDiG Macを使ってみましょう。多様なファイルにも対応しているので、とても便利なソフトです。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

  • ステップ 1Tenorshare 4DDiGをインストールして起動し起動直後の画面でゴミ箱を指定して、スキャンを始めましょう。
  • スキャン場所を選択
  • ステップ 2一瞬間にごみ箱から消えたデータができました。スキャンできたファイルを選択し「復元」をクリックします。ファイルを確認するために、プレビュー・検索機能があるので、必要に応じて活用して下さい。
  • ファイルを検出
  • ステップ 3保存場所を選択して、この画面が表示されたら、手順は完了です。ちゃんと復元されているかどうか、確認しておくことをオススメします。
  • ファイルを確認

4DDiGは、特許を取得した復元技術により、システムの整合性保護を無効にする必要はありません。

こちらのビデオのチュートリアルに従って、ゴミ箱から削除したファイルを復元する方法を覚えて行きましょう!

Part3: Time Machineのバックアップからファイルを復元する

事前にバックアップを取っていれば「Time Machine」を活用し、アプリを復元できます。この方法はバックアップ機能がONになっていなければ使えませんので、そういった場合は、別の方法をお試し下さい。

  • ステップ 1「Time Machine」を起動します。
  • ステップ 2復元したい日時を選択し、もとに戻したいアプリがあるかどうかを探して「復元」をクリックしましょう。もし復元したい日時を思い出せないようであれば、様々な日時を確認する必要があります。
  • 日時を選択

まとめ

Macでゴミ箱のデータを復元する方法のまとめでした。ゴミ箱にデータを入れたというだけですと、特に難しい操作も必要なく復元することができます。しかし削除した後ですと、4DDiG-Macのようなリカバリーソフトが必要です。使いやすく、できる機能も多いため初心者にもおすすめのソフトだと言えます。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)