【Word】ワードを復元する方法のまとめ

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-06-11 14:33:12オフィス復元に行く
質問

Word(ワード)文書の作成は、WindowsやMacにおいて、さらにプライベートからビジネスまで、ありとあらゆる場面で行われています。一方で、重要なWordデータがパソコンの不具合や保存し忘れで消えてしまうこともあります。もし重要なWordファイルが消えてしまった場合、どのように復元すればよいのでしょうか?

--高橋から

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

今回はワードファイルを復元する方法を状況別に4つご紹介していきます。

方法 1: 【既存ファイル】上書き保存せずに閉じたwordデータを復元

Wordで文書を作成している際に、パソコンの突然の強制終了や、間違えて操作をしてしてしまったことで、Wordファイルを保存し忘れた、または上書き保存せずに終了してしまったことはありませんか?ここでは、ワードデータを上書き保存せずに終了してしまった場合のワードファイル復元方法をご紹介します。

wordを起動 > 「ファイル」 > 「情報」 > 「文書の管理」 > 「保存されていない文書の回復」へと進みます。
保存されていない文書の回復
「未保存のファイル」を選択して、保存していないワードファイルを開きます。
保存していないワードファイルを開き
「ファイル」 > 「名前を付けて保存」をクリックすることで、wordを復元し、保存することができます。
「名前を付けて保存」をクリック

既存ファイルの復元方法をご紹介しました。では、保存していないファイル(新規ファイル)の場合は、どのように復元すればよいのでしょうか?

方法 2:【新規ファイル】保存せずに閉じたwordファイルを復元

ここでは、新規のwordファイルにおいて、保存せずに終了してしまったワードファイルを復元する方法をご紹介します。

ワードを起動 > 「ファイル」タブ > 「開く」 > 「最近使ったアイテム」 >画面右下の「保存されていない文書の回復」をクリックします。
保存されていない文書の回復
保存されていない文書の一覧から目的のファイルを選択し、「開く」をクリックします。
ファイル上部のバーに表示されている「名前を付けて保存」をクリックして保存します。
名前を付けて保存

方法 3: 削除したワードファイルをゴミ箱から復元

削除してしまったWordファイルは、まだ「ごみ箱」に残っています。次は、削除してしまったWordファイルをゴミ箱から復元する方法をご紹介します。

ごみ箱を開く > 削除したワードファイルを見つけます。
復元したいword文書を右クリックし、「元に戻す」をクリックします。
元に戻すをクリック

一方で、ごみ箱を空にしてしまった場合は、どのようにしてワードファイルを復元することができるのでしょうか?

方法 4: word復元ソフト4DDiGを利用してデータを復元

ごみ箱を空にしてしまい、削除してしまったwordファイルでも、ファイル復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」を使えば復元することが可能です。4DDiGは他にも、パソコンのシステムクラッシュ、ウイルス攻撃、ユーザーの誤削除、誤操作、および外付けハードディスク、USBメモリー、SDカードの故障によって削除され、消去されたwordファイルでも復元できます。それでは、4DDiGの復元手順をご紹介します。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

wordが失われた場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
復元したいWordファイルが保存した場所を選択
そこから復元したいwordデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
復元したいWordファイルが保存した場所を選択

まとめ

本文はWord(ワード)ファイルを復元する方法を4つご紹介しました。状況の違いにより様々な方法でWordから処理が可能ですが、ごみ箱を空にするなど、データが削除されてしまったケースはTenorshare 4DDiGを使って復元すると便利です。操作もシンプルで初心者にもおすすめです。また、MacでWordファイルを復元する方法はこの記事をご覧ください。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事