Wordで消えたデータを復元する方法のまとめ

5分で読める

カテゴリ:オフィス復元|更新日:2024-06-20 15:37:19

質問

「パソコンが勝手に再起動していたみたいで、昨日一昨日で書き進めた卒論データが消えてしまいました。こまめに上書き保存していたのでなぜ保存していた分が消えてしまったのか正直わかりません。何か復元方法ありますでしょうか?」

ーYahoo知恵袋

Word(ワード)文書の作成は、WindowsやMacにおいて、さらにプライベートからビジネスまで、ありとあらゆる場面で行われています。一方で、Wordのデータは、誤操作やシステムトラブルによって、失われてしまうことがあります。しかし、諦める必要はありません。ここでは、Wordで消えたデータを復元する4つの方法をご紹介します。

Part1.以前のバージョンのWordファイルを復元する

Wordは、定期的に編集内容を自動保存する機能があり、「自動バックアップ」 オプションが有効である場合は、ファイルの操作中にそのファイルの複数のバージョンを自動的に保存できます。この機能を使って、Wordで消えたデータを復元することができます。

  • Wordを開き、「ファイル」タブをクリック

  • 「情報」→「バージョン管理」→「未保存のドキュメントを回復」をクリック

  • 復元したいファイルを選択して、「開く」をクリック

Part2.「新規ファイル」保存せずに閉じたWordのデータを復元する

ここでは、新規のWordファイルにおいて、保存せずに終了してしまったWordファイルを復元する方法をご紹介します。

  • ワードを起動 >「ファイル」タブ >「開く」 >「最近使ったアイテム」 >画面右下の「保存されていない文書の回復」をクリックします。

    保存されていない文書の回復
  • 保存されていない文書の一覧から目的のファイルを選択し、「開く」をクリックします。

    ファイル上部のバーに表示されている「名前を付けて保存」をクリックしてWordファイル保存します。

    「名前を付けて保存」を選択

Part3.Word復元ソフト「4DDiG」を利用してデータを復元する

ごみ箱を空にしてしまい、削除してしまったWordファイルでも、ファイル復元ソフトTenorshare 4DDiGを使えば復元することが可能です。

4DDiGはWord、Excel、PowerPointなどのオフィスファイルを含めて、2,000種類以上のデータを復元できます。

データ復元ソフト4DDiGの使い方:

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiGの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコン上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。復元したいWordのデータが存在するドライブやパーティションを選択して、スキャンします。

    「スキャン」
  • ファイルのプレビュー:

    削除されたWordファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、Wordの詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • 復元場所の選択:

    復元したファイルの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

Part4.「既存ファイル」上書き保存せずに閉じたWordデータを復元する

Wordで文書を作成している際に、パソコンの突然の強制終了や、間違えて操作をしてしてしまったことで、Wordファイルを保存し忘れた、または上書き保存せずに終了してしまったことはありませんか?ここでは、Wordデータを上書き保存せずに終了してしまった場合のワードファイル復元方法をご紹介します。

  • Wordを起動 > 「ファイル」 > 「情報」 > 「文書の管理」 > 「保存されていない文書の回復」へと進みます。

    保存されていない文書の回復
  • 「未保存のファイル」を選択して、保存していないワードファイルを開きます。

    「未保存のファイル」を選択
  • 「ファイル」 > 「名前を付けて保存」をクリックすることで、Wordファイルを復元し、保存することができます。

    名前を付けて保存

最後に

Wordで消えたデータを復元するには、いくつかの方法があります。上記の方法を参考に、消えたデータを復元してみてください。

状況の違いにより様々な方法でWordから処理が可能ですが、ごみ箱を空にするなど、データが削除されてしまったケースはデータ復元ソフト4DDiGを使って復元すると便利です。操作もシンプルで初心者にもおすすめです。また、MacでWordファイルを復元する方法はMacでwordファイルを復元する方法をご覧ください。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)