壊れたPSDファイルを復元する方法五つ

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-09-10 09:37:52コンピューターデータ復元に行く

画像や写真を編集できるソフトとして有名なAdobe Photoshop。このPhotoshopでのファイルであるPSDファイルが、突然破損して開けなくなったり、消えたりしたことはありませんか?編集中のファイルを保存しないまま閉じてしまったり、PCやPhotoshopが突然クラッシュしたりすると、PSDファイルが壊れる可能性があります。壊れたPSDファイルを復元する方法はあるのでしょうか?

ここでは、「Windows10で壊れたPSDファイルを復元する方法」と題して、PSDファイルを復元する方法と、PSDファイルの損失を防ぐためのヒントをご紹介していきます。

Part 1: Windows10で壊れたPSDファイルを復元する

方法1:「以前のバージョンに復元する」を使用する

破損して開けなくなったPSDファイルを右クリックして「以前のバージョンに復元する」を選択できれば、PSDファイルを復元することができます。

方法2:Photoshopの「最近使用したファイルを開く」を使用する

Photoshopの「ファイル」タブ > 「最近使用したファイルを開く」をクリックすると、未保存のPSDファイルを復元できる可能性があります。

最近使用したファイルを開く

方法3:Photoshopの自動保存機能でファイルを見つける

Adobe Photoshop CS6以降のバージョンにある自動保存機能をあらかじめ設定しておくと、設定した時間間隔でPSDファイルを自動的に保存してくれます。

自動保存の設定方法:Photoshopの「編集」タブ > 「環境設定」 > 「ファイル管理」 > 「ファイルの保存オプション」の「復元情報を次の間隔で自動保存」にチェックを入れ、時間間隔を設定します。

自動保存の設定方法

自動保存の設定方法:C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop\AutoRecover

注意: PSDファイルが「隠しファイル」となっている恐れもあります。フォルダの「表示」タブにある「隠しファイル」にチェックを入れましょう。

方法4:Photoshopの「一時ファイル」を使用する

Photoshopには、Windows 10の「一時フォルダ」に作業中のPSDファイルを一時保存する機能があります。以下のフォルダ内からファイルを見つけ、Photoshopで開いた後に拡張子を.tempから.psdに変更して、PSDファイルとして復元します。 C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Local\Temp

方法5:データ復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」を使用する

上記の四つの方法が使えなかったり、機能していなかったりした場合でも、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使用すれば、PSDファイルを誰でも簡単に復元することが可能です。

4DDiGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

PowerPointが失われた場所を選択して、右下にある「スキャン」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
復元したいWordファイルが保存した場所を選択
そこから復元したいパワポデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
psdファイルを復元

Part 2: PSDファイルの損失を防ぐためのヒント

PSDファイルの損失は数多く報告されています。重要なPSDファイルをバックアップすることを忘れないでください。また、データが損失した後、上書きしないでください。目的のファイルが復元できなくなります。

Part 3: まとめ

「Windows10で壊れたPSDファイルを復元する方法2021」と題して、PSDファイルを復元する方法5つと、PSDファイルの損失を防ぐためのヒントをご紹介しました。復元する方法の最後5つ目にご紹介した復元ソフトTenorshare 4DDiGを使用したPSDファイルの復元方法は、事前の設定は必要なく、誰でも簡単に復元できるのでオススメです。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)