奇跡の復活!うっかり削除したエクセルファイルの復元方法

5分で読める

カテゴリ:オフィス復元|更新日:2024-06-14 17:16:01

うっかり削除したエクセルファイルの復元はできないかな?と思ったことはありませんか?

仕事で使うことが多いので、うっかり削除したとなると余計にエクセルの復元はしたいですよね。でも、削除したエクセルファイルの復元なんてできるのでしょうか。 実はできます。ここでは、削除したエクセルファイルの復元方法について解説します。

パート1.うっかり削除したエクセルの復元方法

方法1.まずゴミ箱を確認しましょう

削除したエクセルの復元をする場合、まず最初に確認すべき場所は「ゴミ箱」です。削除したファイルは通常、即座に完全に消去されるのではなく、一時的にゴミ箱に移動します。

  • デスクトップのゴミ箱アイコンをクリックします。

  • ゴミ箱ウィンドウが開いたら、削除したエクセルファイルがあるか探します。

  • 見つけたら、右クリックし、「元に戻す」を選択します。これにより、ファイルは元の場所に復元されます。

    元に戻す

方法2.データ復元ソフトで完全に削除したエクセルの復元をする

もしバックアップや履歴などが残っていなかった場合は「4DDiG Windowsデータ復元」を使って復元させましょう。4DDiG Windowsデータ復元はWindowsのためのデータ復元ソフトです。

どこにも痕跡が残っていないようなファイルでも復元させることができます。しかもコンピュータに負担をかけずに安全に復元させることができます。 エクセル以外のファイルにも対応しているため、どんなトラブルの時でも安心です。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiGの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコン上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。ハードディスクを選択して、スキャンします。

    ハードディスクをスキャン
  • 削除/未保存/消えたエクセルをプレビュー:

    削除したフォルダを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルをプレビュー
  • エクセルを復元:

    復元したいフォルダの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所を選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

パート2.エクセルを上書き後に上書き前データを復元する方法

方法1.Ctrl+Zキーを押す

最も簡単な方法として、「Ctrl + Z」キーを押して、直前の操作を取り消すことができます。このショートカットキーは、エクセルだけでなく、多くのアプリケーションで有効です。

  • エクセルを開いた状態で「Ctrl + Z」キーを押します。

  • 直前の操作が取り消され、上書き前の状態に戻ることができます。

  • ただし、この方法はアプリケーションを閉じる前にのみ有効です。アプリケーションを一度閉じてしまうと、「Ctrl + Z」では元に戻せなくなります。

    Ctrl+Zキーを押す

方法2.バージョンの管理機能を使う

エクセルには、ファイルのバージョンを管理する機能があり、これを利用して過去のバージョンを復元することができます。

  • ファイルタブをクリックします。

  • 「情報」を選択し、表示されるメニューから「バージョン履歴」をクリックします。

  • 過去のバージョンの一覧が表示されるので、復元したいバージョンを選びます。

  • 「開く」をクリックして選んだバージョンの内容を確認し、必要であれば「復元」をクリックします。

  • バージョンの管理機能を使う

方法3.バックアップファイルの作成機能を使う

エクセルでは、自動的にバックアップファイルを作成する機能もあります。この機能を有効にしておくと、ファイルを上書きする前の状態のバックアップを保存できます。

  • 「ファイル」タブをクリックし、「名前を付けて保存」を選択します。

  • 「ツール」オプションをクリックし、「全般オプション」を選択します。

  • 「バックアップファイルを作成する」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

  • ファイルを保存すると、同じフォルダーにバックアップファイルが作成されます。

  • バックアップファイルの作成機能を使う

方法4.Windowsの以前のバージョンに戻す機能を使う

Windowsには、ファイルやフォルダーの以前のバージョンに戻す機能があり、これを利用して上書き前のエクセルファイルを復元することができます。

  • エクスプローラーを開き、上書きしてしまったエクセルファイルが保存されているフォルダーに移動します。

  • 上書きしたファイルを右クリックし、「以前のバージョンの復元」を選択します。

  • 表示されたリストから、復元したい日時のバージョンを選びます。

  • 「復元」をクリックすると、選択した日時のファイルが復元されます。

  • Windowsの以前のバージョンに戻す機能を使う

パート3.エクセルで消したシートを元に戻す方法

エクセルで作業中に誤ってシートを削除してしまった場合でも、以下の方法を試すことで、削除したシートを元に戻すことができる可能性があります。

方法1.Ctrl+Zキーを押す

シートを削除した直後であれば、「Ctrl + Z」キーを押すことで、削除操作を取り消すことができます。

  • シートを削除した直後に「Ctrl + Z」キーを押します。

  • 削除されたシートが元の位置に復元されます。

方法2.バージョン履歴を利用する

エクセルには、過去のバージョンを管理する機能があり、これを利用してシートを削除する前の状態に戻すことができます。

  • 「ファイル」タブをクリックし、「情報」を選択します。

  • 「バージョン履歴」をクリックして、過去のバージョンの一覧を表示します。

  • 削除したシートが含まれているバージョンを選び、「開く」をクリックします。

  • 必要なシートが含まれているバージョンを確認し、「復元」をクリックします。

方法3.バックアップファイルから復元する

事前にバックアップ機能を有効にしていた場合、バックアップファイルから削除したシートを復元することができます。

  • バックアップファイルが保存されているフォルダーを開きます。

  • バックアップファイルをダブルクリックして開きます。

  • 必要なシートが含まれていることを確認し、コピーします。

  • 元のエクセルファイルに戻り、シートを貼り付けます。

方法4.クラウドサービスの履歴機能を利用する

OneDriveやGoogle Driveなどのクラウドサービスを利用している場合、クラウド上でファイルの履歴管理機能を利用することができます。/p>

  • クラウドサービスのウェブサイトにアクセスし、アカウントにログインします。

  • エクセルファイルが保存されている場所に移動し、ファイルを右クリックします。

  • 「バージョン履歴」や「変更履歴」を選択します。

  • 削除されたシートが含まれているバージョンを選び、復元します。

  • クラウドサービスの履歴機能を利用する

まとめ

ここまで、うっかり削除したエクセルファイルの復元方法について解説しました。 時間をかけて作った大事なエクセルが消えてしまったとしても、決して慌てずにここで紹介した方法を試してみてください。

一番のおすすめは「4DDiG Windowsデータ復元」を使った方法です。100%安全、確実にエクセルを復元できるソフトです。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)