解決済み: ファイル形式またはファイル拡張子が正しくないため、Excelでファイルを開けない

「拡張子が無効なため、Excelはファイルxxx.xlsxを開くことができません」というエラーを解決する方法を探すことができます。 この記事では、それを修正するための可能な方法を紹介します。

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2022-11-24 17:23:53オフィス復元に行く

Excelは、データの整理やグラフ化、数値の解析のように、業務や個人のデータ分析を簡単に行うことができ、広く利用されています。一方でExcelに不具合が生じて業務に影響することもしばしばです。「Excelファイル拡張子が正しくありません」というエラーは、比較的高い頻度で発生するエラーです。

このエラーが発生すると、ファイルを開けなくなり、編集などの操作を行うことができなくなってしまいます。同じエラーに悩まされている方はいらっしゃいませんか?Excelファイルを開くたびに「Excelファイル拡張子が正しくありません」というエラーが発生していますか?ここでは、検証済みの6つの解決策をご紹介します。

Best Fixes to 'Excel Cannot Open the File Error Because the File Format or File Extension Is Not Valid'

対処法1:Excelのファイル拡張子を変更する

「Excelファイル拡張子が正しくありません」というエラーが生じると、ファイルにアクセスすることができなくなります。まずは、ファイルの拡張子を変更します。デフォルトでは、Excel 2004-10はXLS形式で、それ以降のバージョンはXLSX形式で保存されます。このエラーはファイルの拡張子が原因で発生します。対処として、別の拡張子での保存を行います。

ステップ1: PCでMicrosoft Excelを起動します。

ステップ2: 「ファイル」セクションの「エクスポート」をクリックします。

ステップ3: 「ファイルの種類を変更する」を選択し、エラーが発生するファイルをクリックします。

ステップ4: ファイルの拡張子を変更し、保存します。

change excel file extension

対処法2:以前のExcelを復元する

上記の方法で問題が解決しない場合は、使用中のバージョンにファイルが合っていない可能性があります。その場合、ファイルを古いバージョンに復元させます。PCがウイルスやマルウェアなどに感染し、それによる誤動作によってエラーが発生している可能性があります。PCを古いバージョンに復元する方法は以下の通りです。

1. ファイルのエクスプローラーで、感染したファイルを検索します。

2. ファイルを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。

3.「以前のバージョン」をクリックします。

4. 以前のバージョンのリスト中からファイルを選択し、「OK 」をクリックします。

restore previous excel file

対処法3:Excelの修復機能を使用する

上記の対処法でも解決できない場合は、Microsoft Officeに内蔵されている修復機能を使用します。この機能は、ファイルの不具合を修正し、スムーズに動作するように修正します。修復機能を使用する手順は以下の通りです。

ステップ1: PCでExcelを起動し、ファイルセクションに移動します。

ステップ2:「開く」をクリックし、サイドメニューから「参照」を選択します。

ステップ3: ファイルを選択し、「開く」のドロップダウンメニューを開きます。

ステップ4:「開いて修復する」を選択します。

open and repair feature

対処法4:保存されていないワークブックを復元する

停電などによる意図しないシャットダウンや、不適切な保存が原因で「Excelファイル拡張子が正しくありません」エラーが発生し、保存されていないExcelを開くことができなくなります。Excelには、「保存されていないワークブックを回復する」機能があり、ファイルを回復し、開けるようになります。保存されていないワークブックを復元する方法は以下の通りです:

1. Excelをシステム上で起動し、「ファイル」タブをクリックします。

2.「情報」セクションを開きます。

3.「ブックの管理」をクリックします。

4.「保存されていないブックの回復」を選択します。

5. 保存されていないファイルが表示されます。

6. 表示されたファイルからファイルを開き、再度保存します。

recover unsaved workbooks feature

対処法5:セーフモードで起動する

上記の方法で問題が解決できない場合は、Excelをセーフモードで起動し、アドインオプションをオフにします。この方法では、Excelのエラーもチェックすることができます。セーフモードで起動する方法は以下の通りです。

ステップ1:「Window + R」キーを押して、「コマンドプロンプト」を起動します。

ステップ2: コマンドダイアログの検索フィールドに「excel/safe」と入力し、「Enter」ボタンを押します。

excel safe mode

ステップ3: Excelがセーフモードで起動したら、「ファイル」タブをクリックし、「オプション」をクリックします。

ステップ4:「アドイン」セクションを開きます。

ステップ5: ドロップダウンメニューから「COMアドイン」を選択し、「設定」をクリックします。

excel addin

ステップ6: リストから任意のアドインを削除して「OK」をクリックします。

remove add-in in excel

対処法6:Excelファイルを復元する

上記の方法で問題が解決しない場合には、Tenorshare 4DDiG Windowsデータ復元ソフトウェアの使用をおすすめします。外付けドライブ、Windowsシステム、USBフラッシュディスクから紛失したり削除されたデータを最も安全に、高い確率で復元できるソフトウェアです。また、写真、ビデオ、画像、オフィス文書など、さまざまな種類のデータを復元することができます。本ソフトウェアは、最新のWindows 10(32/ 64 bit)にも対応しています。Tenorshare 4DDiGの優れた機能の一部を紹介します:

  • 1000種類以上のファイルを復元
  • 最新のWindows 10およびMacに完全対応
  • 対象ファイルをプレビューで確認
  • Excel 2007、2013、2016、2017を含むすべてのExcelのバージョンに対応

ここでは、Excelファイルを復元する方法についてご案内いたします:

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

  • ステップ 1アプリを起動して保管場所を開き、スキャンをして、該当エクセルを探して選択します。
  • スキャン場所を指定
  • ステップ 2「スキャン」をクリックして、そのあと、選択された場所にあるすべての削除されたファイルをリストします。
  • ファイルを検出
  • ステップ 3復元したいエクセルの保存先を選択して、「復元」をクリックします。
  • データの保存先を選択

まとめ

拡張子などが原因でExcelファイルを操作できずにお困りの場合は、まずはこのガイドでご案内した方法や、Tenorshare 4DDiGのようなソフトウェアを試してみてください。きっと問題が解決できるはずです。Tenorshare 4DDiGを使えば、たったの数クリックで簡単にデータを復元することができます。本製品について不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。最後までお読みいただきありがとうございます。この問題と解決法について、ぜひつながりのある人にシェアしてください!

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)