Windows 10/11でPDFをJPG/JPEGへ変換する方法5選【無料】

5分で読める

カテゴリ:オフィス復元|更新日:2024-06-14 17:15:47

仕事でWindowsのPCを使っていると、PDFを画像ファイル(jpgやpng)に変換したいことがあります。PDFをJPEG(JPG)へ変換する作業をwindowsでする方法は、たくさんあります。今回は、WindowsPCでPDFをJPGに変換する方法を紹介します。また、最後にWindowsPCでJPGをPDFへ変換する方法も紹介します。

Part1:PDFとJPG/JPEG画像の特徴

まず初めに、PDFファイルとJPEGファイルに関して紹介します。

PDFの特徴

PDFファイルは、ドキュメントファイルとして広く普及しています。このファイルを開くには、PDF専用のリーダーが必要になります。

JPG/JPEG画像の特徴

JPGは、様々な場所で利用されている画像のフォーマットファイルです。スマホの撮影、PCの画面キャプチャでも、この形式で保存できます。作成する際も、ファイルと開く際も、新しいソフトをダウンロードする必要はありません。

Part2:Windows10/11でPDFをJPGに変換する無料の方法5選

ここでは、PDFをJPEGに変換する無料の方法を紹介します。PDFをJPEGに変換するフリーソフトや、インストール不要なものまで紹介します。PDFを画像データに変換したい際には、ぜひ利用してください。

方法1. 無料トライアル版がある - Adobe Acrobat DC

PDFを扱っている方は、Adobe Acrobat DCをすでに利用している方がいるかもしれません。実は、Adobe Acrobat DCで、PDFを画像に変換してパソコンに保存することができます。有料プランですが、無料トライアルで体験することが可能です。

この方法は、WindowsでもMacでも利用できます。

  • 「Adobe Acrobat Reader DC」でPDFファイルを開きます。
  • 画面上部のメニューから、「表示」を開き、「ツール」を選択します。
  • 「PDFを書き出し」の中にある、「開く」を選択します。
  • プルダウンから「画像」をクリックし、形式はJPEGを選択し、「JPEGへ書き出す」を選択します。
  • ダイアログボックスが表示されるので、変換したファイルの保存先を指定します。

    「Adobe Acrobat Reader DC」でPDFをJPG/JPEGに変換

方法2. AIで画像を編集できるアプリ - Adobe Photoshop

Windowsで、PDFをJPGファイルに変換するには、「Adobe Photoshop」を使っても可能です。その方法は、次の通りです。

  • PDFファイルを、プログラムから開くを使用して、Photoshopで開きます。
  • ファイルが開けたら、「ファイル」の中にある、「別名で保存」を選択してJPEGで保存します。

    「Adobe Photoshop」でPDFをJPG/JPEGに変換

方法3. Windows向けのフリーソフト - Icecream PDF Converter

PDFを画像として保存するなら、Windows10であればこのソフトがおすすめです。フリーソフトで、JPEG以外にも様々なファイル形式に変換できます。

  • アプリを開き、「From PDF」をクリックします。
  • 「Add PDF File」を選び、変換するPDFファイルを開きます。
  • 「To」の下のオプションから、「jpg」を選択します。
  • 「変換」をクリックし、PDFからJPGへ変換します。

    「Icecream PDF Converter」でPDFをJPG/JPEGに変換

方法4. インストール不要でオンラインで変換できるサイト - Convertio

頻繁にPDFファイルを、JPGに変換しないのであれば、WindowsPCにソフトをインストr-るせずに、オンラインで済ませることもおすすめです。無料で様々なファイル形式のデータを、変換することができます。

使用方法は簡単で、Convertioのサイトにアクセスして、該当ファイルをアップロードするだけです。

「Convertio」でPDFをJPG/JPEGに変換

方法5. Windowsの標準アプリペイントでPDFをJPEGに変換する

WindowsのPCであれば、ペイントソフトを活用してPDFをJPGに変換できます。

  • 変換したいPDFファイルを何かしらの方法で開く。(Edgeなど)
  • printscreen機能を使用して、画面をキャプチャします。
  • ペイントに張り付けて、JPEGで保存します

    「printscreen」でPDFをJPG/JPEGに変換

Part3:【補充】Windows 10/11でPDF形式の変換途中に消えたPDFを復元する方法

WindowsでPDFをJPGに変換する際に、途中で処理が停止して破損したり、削除されてしまうことがあります。この時には、データ復元ソフト「4DDiG 」を使用すれば、復元することが可能です。JPGファイルができていれば、JPG形式で復元することもできます。また、動作が高速で、初心者でも扱いやすいUI設計になっていることが特徴です。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • ハードディスクをスキャン:

    Tenorshare 4DDiGの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコン上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。復元したいデータが存在するハードディスクを選択して、スキャンします。

    「スキャン」
  • ファイルをプレビュー:

    ハードディスクから削除されたPDFファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • PDFファイルを復元:

    その後、復元したいファイルにチェックを入れて、復元したファイルの保存場所を選択して、復元作業を実行します。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

Part4:PDF変換に関するよくある質問

最後に、よくある質問に関して回答していきます。WindowsでPDFをJPGに変換したいという方は、見ていってください。

質問1.Windowsで写真をPDFに変換するにはどうすればいいですか?

写真をPDFに変換したい場合には、WindowsのPCであればプリント機能を使用して変換できます。JPGファイルを開き、「Ctr+P」を押します。プリンターアイコンを選択して、「Microsoft Print to PDF」を選び印刷すると、PDF形式で保存できます。また、この記事では、MacでJPGからPDFに変換する方法を解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

質問2.Windowsで保存したPDFはどこにありますか?

PDFを画像として保存した場合、windows10なら変換時に指定したフォルダにあります。フォルダを指定しなかった場合には、変換したPDFファイルと同じフォルダ内に作成されています。

質問3.写真の場合は、PDFとJPGのどちらを選べばよいですか?

写真の場合には、JPGを選択するのが一般的です。画像のファイルフォーマットが、JPGだからです。

まとめ

今回の記事では、WindowsでPDFをJPGに変換する方法を紹介しました。WindowsでPDFをJPGに変換する方法はたくさんあります。自分のスタイルに適した変換を行ってください。変換中に問題が発生したら「4DDiG 」というデータ復元ソフトを使用することを強く勧めます。3ステップで、削除したデータや破損したデータを、素早く復元できるからです。また、復元できるファイルフォーマットも多様であり、ほぼ確実にデータを復元できます。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)