Windows11でExcelやWordなどのOfficeが消えた!簡単な復元方法を解説!

5分で読める

カテゴリ:オフィス復元|更新日:2024-05-16 15:47:31

普段使っているOfficeがパソコンから突然消えてしまった経験をお持ちの方はいませんか。普段使っているWordやExcelを始めとするOfficeソフトが消えてしまうとどうしようもないと焦ってしまいそうになりますが、冷静に原因を考えて、適切な対処法を実施することが大切です。

本記事では、「Windows11でExcelやWordなどのOfficeが消えて急に使えなくなった時の原因と対処法」について解説します。Officeが消えてしまったり、使えなくなってしまったりした際には本記事を参考に、冷静に原因をつきつめ、対処してみてください。

Part1:Windows11でOfficeが消えた原因

まずはWindows11でOfficeが消えてしまう代表的な原因を紹介します。

  • ①Windows または Office の更新プログラムのインストール中に問題が発生する:
    Windows11でOfficeが使えなくなる原因は、複数の可能性がありますが最も一般的な原因は、Windows11の更新プログラムをインストール中に、何らかの要因によってOfficeのファイルが削除されたためです。Officeが正しくアンインストールされずにアップデートされてしまったため、Officeの更新プログラムが正常にインストールできていない場合にもこのような現象は発生します。他にも、利用しているOfficeがWindows11と互換性がない場合にも、Officeが消えてしまったり、使えなくなったりすることがあります。
  • ②Windows のシステムファイルに問題がある:
    システムファイルとはOSの動作に必要なファイル群のことです。システムファイルには、プログラムや設定ファイル、ドライバーなど、さまざまな種類のシステムファイルがあります。もし誤ってシステムファイルを削除した場合には、OSが不安定になる、あるいはフリーズしてしまう可能性もあります。そのため、Officeソフトが消えてしまった原因に、システムファイルの不具合である場合も考えられます。
  • ③ウイルスやマルウェアに感染する:
    マルウェアに感染してしまった場合にもOfficeに不具合が起きる可能性が考えられます。マルウェアの代表的な感染経路は、メールの添付ファイルやメールに記載されたリンクです。他にも、Webサイト、Officeのマクロなどから感染することもあります。USBメモリーをはじめとしたオフラインからの感染もあります。

Part2:Windows11で消えたOfficeを復元する方法

消えてしまったOfficeを復元するために、まずは以下の方法を試してみましょう。

方法1.Microsoft Officeを再インストールする

消えてしまったOfficeが復元する一番基本的な方法はOfficeを再インストールすることです。インストールする方法はいくつかありますが、ご自身のOfficeソフトの契約状況に応じて、以下の対応を行ってください。また、再インストールする前には、重複したファイルをインストールしたことによって不具合が発生しないよう、現在インストールしているOfficeソフトをアンインストールすることをオススメします。

①Microsoft 365を再インストールする方法

  • コントロールパネルを開き、「プログラムと機能」をクリックします。

  • 「Microsoft 365」を選択し、「アンインストール」をクリックします。

  • 再びMicrosoft 365をダウンロードしてインストールします。

②Office製品キーを入力して再インストールする方法

  • Office製品キーを入手します。

  • Microsoftのウェブサイトにアクセスし、Office製品キーを入力してダウンロードします。

  • ダウンロードしたファイルを実行して、Officeをインストールします。

③アンインストールして再インストールする方法

  • コントロールパネルを開き、「プログラムと機能」をクリックします。

  • 「Office」を選択し、「アンインストール」をクリックします。

  • Officeを再度上記①か②の方法でインストールします。

方法2.システムファイルチェッカーを実行してWindows11を修復する

  • 「スタート」をクリックし、インストールされているアプリケーションの一覧を表示します。

  • 「W」欄から「Windowsシステムツール」をクリックします。

  • [コマンド プロンプト]を右クリックし、[その他]、[管理者として実行]を選択します。

    管理者として実行
  • ユーザー アカウント制御画面で、[はい]をクリックします。

  • [コマンド プロンプト]の画面に、「SFC /scannow」と入力して、キー[Enter]を押します。

  • システム ファイル チェッカー ユーティリティーが、Windowsシステム ファイルの整合性をチェックし、必要に応じて修復します。

  • プロセスが完了したら、PCを再起動します。

Part3:消えたOfficeファイルを復元する方法

Office自体が削除されてしまったため、WordやExcelなどのOfficeソフトウェアで作成していたファイルが削除されてしまっている可能性があります。その場合に、それらのOfficeファイルを復元する方法はあるのでしょうか。

Officeファイルを簡単かつ迅速に復元するためには、Tenorshare 4DDiGのようなデータ復元ソフトを使ってファイルを復活させることをおすすめします。Tenorshare 4DDiGは、ファイルの復元ソフトで、Excel、Word、PDFなどの仕事で使うファイルはもちろん、写真や動画などの思い出のファイルを復元させることが可能になります。誤って重要なファイルを削除してしまい、復元ができないと途方に暮れることがないように、Tenorshare 4DDiGをインストールしておき、いつでもファイルを復元できるようにしておくことがおすすめです。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiGの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコン上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。復元したいデータが存在するドライブやパーティションを選択して、スキャンします。

    「スキャン」
  • ファイルのプレビュー:

    削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • 復元場所の選択:

    復元したファイルの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

最後に

Windows11でOfficeが使えなくなってしまった場合は、落ち着いて原因を探り、必要に応じてOfficeを再インストールすることで、問題を解決することができます。Officeが消えてしまった場合でも、まずは原因を推測し、その上で適切な対処法を選択することが重要です。また、うっかり重要なOfficeファイルを削除してしまった場合は、紹介したデータ復元ソフトTenorshre 4DDiGの使い方を参考に、Officeがなくなった場合の対処法を試してみてください。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)