「Macを使っているのだけれど、アプリケーション(PC)のメモリが不足していますと表示されてしまう…。新しいMacを購入する費用もないから、対処方法を教えてほしい。」と困っている方も多いのではないでしょうか。

様々な理由で「アプリケーションメモリが不足しています」と表示されることもありますが、基本的には解消することが可能です。この記事では「アプリケーションメモリが不足しています」の警告が表示される理由や問題解決方法について解説しています。

  1. Part1:「アプリケーションメモリが不足しています」の警告が表示される理由
  2. Part2:Macのメモリ使用量を確認する方法
  3. Part3:Macの「アプリケーションメモリが不足しています」問題を解決する方法
  4. Part:最後に

Part1:「アプリケーションメモリが不足しています」の警告が表示される理由

まずはMacで「アプリケーションメモリが不足しています」の警告が表示される理由について解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

  • バックグラウンドで複数のアプリを同時に実行している
  • 空き容量が不足している
  • ブラウザのタブを開き過ぎている
  • アプリが大量のメモリ スペースを占有する
  • macOSにバグがある

Part2:Macのメモリ使用量を確認する方法

Macの使用しているメモリの容量を確認することにより、どのアプリを終了するのかを検討しやすくなるなどのメリットがあります。ここでは、その方法を解説しています。

  1. 「アクティビティモニタ」というアプリを起動して下さい。
  2. 「メモリ」を選択すれば、このようにMacのメモリ使用量を確認できます。

    メモリを確認

Part3:Macの「アプリケーションメモリが不足しています」問題を解決する方法

Macで「アプリケーションメモリが不足しています」と表示された時に、問題を解決する方法を紹介しています。この方法を参考にすることにより、問題が解決する可能性がありますので、ぜひ参考にして下さい。

1.実行しているアプリを終了させる

まずはMacBookで実行しているアプリが複数あるのであれば、使っていないものを終了し、メモリを開放しましょう。また上手く終了できないものを終了させたいのであれば、Macのプログラムを強制終了してみて下さい。

他にも、多くのメモリを使用しているものは、優先的に終了させることをオススメします。多くのメモリを使用しているかどうかは、後述する方法で確認可能です。

2.Macの再起動

Macの再起動をしてみると「アプリケーションメモリが不足しています」が表示されなくなるかもしれません。方法は非常に簡単ですので、ぜひお試し下さい。

3.ディスクの空き容量を確保ー不要な重複ファイルを削除

不要な重複ファイルは1つでは圧迫しませんが、これが複数存在すると「アプリケーションメモリが不足しています」などの表示が出ることにも繋がります。心当たりがあるファイルから、削除してみましょう。

重複ファイル削除ソフトー4DDiG Duplicate File Deleter

「アプリケーションメモリが不足しています」と表示されることを防ぐには、重複ファイルの削除が効果的ですが、1つ1つ削除するのは大変かと思います。そういったときには、重複ファイル削除ソフト「Tenorshare Duplicate File Deleter(Mac)」を利用するのがオススメです。

「4DDiG Duplicate File Deleter」を活用すれば、自動で重複ファイルを見つけてくれ、削除したほうが良いファイルがすぐに判明します。また15個までは無料で重複ファイルを削除できますので、まずはお試し下さい。

  1. Tenorshare Duplicate File Deleter(Mac)をインストール、起動させます。

  2. スキャンするフォルダーを選択する

    ここでは、クリックしてパスを選択するか、フォルダをドラッグアンドドロップしてスキャンを開始します。

    スキャンするフォルダーを選択する
  3. 重複ファイルをスキャン

    まず、環境設置でスキャンモードを設定します。そして、「重複アイテムをスキャン」をクリックすると、指定フォルダのスキャンが開始します。

    重複ファイルをスキャン
  4. 重複ファイルをプレビューして削除

    スキャンが終わったら、4DDiG Duplicate File Deleterは検索条件に基づいてすべての重複ファイルを一覧表示します。プレビューモードを開くと、ファイルをプレビューできます。 重複ファイルを選択したら(「自動選択」をクリックすることもできる)、「重複排除」をクリックして削除します。

    重複ファイルをプレビューして削除

Part4:まとめ

以上、Macで「アプリケーションメモリが不足しています」など、メモリがいっぱいですと警告が表示される理由や問題解決方法について解説しました。

バックグラウンドで複数のアプリを開いていたり、空き容量が不足しているなどにより「アプリケーションメモリが不足しています」の警告が表示されることがあります。

実行しているアプリを終了することや重複ファイルを削除することにより、問題解決できるかもしれません。重複ファイルを1つ1つ削除するのは大変なので、重複ファイル削除ソフト「Tenorshare Duplicate File Deleter(Mac)」を利用するのがオススメです。ぜひお試し下さい。

4DDiG Duplicate File Deleter

4DDiG Duplicate File Deleter

ワンクリックで、Windows PCおよび外部デバイスから写真、動画、オーディオ、ドキュメント、およびその他のファイルを検索して削除します。されに、バージョン2.0.0は類似画像の検索·削除をサポートしています。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)