Macを快適に使うにはディスクの容量を圧迫しないことです。動作の遅延やエラー発生などの問題を防げます。そのためにはMacにある重複ファイルを削除することが有効な手段ですが、1つ1つファイルの重複を確認して削除するのは手間も時間もかかってしまいます。

Macの重複ファイルを一括で検索して削除できるソフトがあるので、活用していきましょう。今回はMac版でおすすめの重複ファイル削除ソフトを3つご紹介いたします。

  1. トップ1.Tenorshare Duplicate File Deleter
  2. トップ2.CCleaner
  3. トップ3.Duplicate File Finder
  4. まとめ

トップ1.Tenorshare Duplicate File Deleter

Macの重複ファイルをすばやく検索してすぐに削除できるソフトとして一番おすすめなのは、Tenorshare Duplicate File Deleter(Mac)です。

Macのストレージだけでなく、USBメモリやSDカードなどの外付けストレージにも対応しています。写真、動画、オーディオ、文書などさまざまなファイル形式で検索可能です。

また、ストレージ全体でなくフォルダを指定したり、検索条件をカスタマイズしたりできるので検索時間を削減できます。

検索結果にはファイル容量などの情報が表示され、プレビュー機能もあるので便利です。消したいファイルと残したいファイルの選別が確実にできます。

3ステップの簡単な操作で素早くMacの重複ファイルを検索・削除できます。無料ダウンロードして試してみましょう。

  1. Tenorshare Duplicate File Deleter(Mac)をインストール、起動させます。

  2. スキャンするフォルダーを選択する

    ここでは、クリックしてパスを選択するか、フォルダをドラッグアンドドロップしてスキャンを開始します。

    スキャンするフォルダーを選択する
  3. 重複ファイルをスキャン

    まず、環境設置でスキャンモードを設定します。そして、「重複アイテムをスキャン」をクリックすると、指定フォルダのスキャンが開始します。

    重複ファイルをスキャン
  4. 重複ファイルをプレビューして削除

    スキャンが終わったら、Tenorshare Duplicate File Deleterは検索条件に基づいてすべての重複ファイルを一覧表示します。プレビューモードを開くと、ファイルをプレビューできます。 重複ファイルを選択したら(「自動選択」をクリックすることもできる)、「重複排除」をクリックして削除します。

    重複ファイルをプレビューして削除

トップ2.CCleaner

次にオススメするソフトCCleanerは、パソコン全体の不要ファイルを削除できるフリーソフトです。ブラウザの一時ファイルやcookieを削除するのがよくある使い方ですが、「重複ファイルファインダ」機能で簡単に重複ファイルを削除することもできます。

CCleanerは外付けストレージ非対応で、ファイルのプレビューはできないのがデメリットです。

トップ3.Duplicate File Finder

次にご紹介するおすすめソフトはDuplicate File Finderです。Mac用に開発された重複ファイル削除ツールで、外付けストレージにも対応できるフリーソフトです。検索条件のカスタマイズやプレビュー機能もあります。Mac用というだけあって、iTunes関連のファイルも問題なく検出可能です。

ただし、操作自体は簡単ですが残念ながら日本語対応していません。また、複数のソースがなかったので不確実ですが、有料版でないと100%一致していない類似ファイルの検索速度が遅いようです。

まとめ

Macの重複ファイル削除ソフトのおすすめ3選をご紹介しました。自動で重複ファイルを一括検索し、簡単に削除できるのは便利ですし、Macのパフォーマンスを上げる方法として非常に有効です。Macの重複ファイル削除ソフトを比較して一番おすすめなのはTenorshare Duplicate File Deleter(Mac)です。無料ダウンロードで試してみましょう。

Tenorshare Duplicate File Deleter

Tenorshare Duplicate File Deleter

ワンクリックで、Windows PCおよび外部デバイスから写真、動画、オーディオ、ドキュメント、およびその他のファイルを検索して削除します。されに、バージョン2.0.0は類似画像の検索·削除をサポートしています。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)