【2021最新】Windowsのゴミ箱からデータを復元する方法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-09-10 09:37:53コンピューターデータ復元に行く

パソコンを使用しているときに、間違えてデータを削除してしまった!削除したデータ、後から必要になった!といったことはよくあることです。通常、削除したデータは「ごみ箱」に移動するだけなので、すぐに復元できます。しかし、ごみ箱を空にしてしまい、完全にデータを削除してしまった場合は、どうしたら復元できるのでしょうか?ここでは、Windows 10のパソコンを使用している場合に、ごみ箱からデータを復元する方法をご紹介いたします。

Part 1: ゴミ箱から削除したデータを復元

まずはWindows 10の「ごみ箱」からデータを復元する方法をご紹介します。一般的に、削除したデータはこの「ごみ箱」に移動するだけなので、すぐに復元できます。

ごみ箱を開く > 削除したファイルを見つけます。
復元したいデータを右クリックし、「元に戻す」をクリックするか、「ごみ箱ツール」タブの「選択した項目を元に戻す」または「全ての項目を元に戻す」を選択します。
削除したファイルをゴミ箱から復元する

一方で、ごみ箱を空にしてしまい、完全にデータを削除してしまった場合は、どうしたらデータを復元できるのでしょうか?

Part 2: ゴミ箱を空にしても、データを復元できるアプリ

ごみ箱を空にしてしまい、完全に削除してしまったデータでも、データ復元アプリTenorshare 4DDiGを使うことで、データを復元することが可能です。

ここでは、アプリ4DDiGを使ったデータの復元方法について説明していきます。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

スキャン場所はゴミ箱を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
ゴミ箱をスキャン
そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
4ddigからデータを復元

Part 3: ゴミ箱からデータを失わないための豆知識

ゴミ箱アイコンを右クリックしても、「ごみ箱を空にする」ことができます。しかしこの場合は、ごみ箱フォルダ内を見ずに削除してしまうことになります。ゴミ箱を空にする前に、ゴミ箱フォルダの中身を確認し、大切なデータを元に戻すようにしましょう。

また、容量の大きなデータや、ごみ箱の容量がいっぱいの場合は、ごみ箱に保存されずに直接削除されてしまう場合があるので注意が必要です。ただし、データ復元アプリ4DDiGを使用すればこの場合も復元できるので、落ち着いて対処しましょう。

Part 4: まとめ

以上はWindows 10のパソコンを使用している場合に、ごみ箱から削除してしまったデータでも復元する方法をご紹介しました。ごみ箱を空にしてしまい、完全に削除してしまったデータでも、データ復元アプリ4DDiGを使用することで、データの復元が可能です。専門知識や事前設定が不要で、簡単に復元できるのでオススメです。興味がある人はMacでゴミ箱からデータを復元を見て行きましょう。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)