Windows 10で削除したOutlookメールを復元する方法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-08-03 17:15:24コンピューターデータ復元に行く

Windowsに搭載されているOutlookというソフトで、メールを管理しているユーザーは多いのではないでしょうか。削除したメールは「削除済みアイテム」に移動するだけなので、万が一復元したいときでも簡単に戻すことができます。一方で、「削除済みアイテム」からもメールを削除してしまった、またはそもそも「削除済みアイテム」が存在しない場合は、Outlook内の操作で消えたメールを復元することはできません。その場合は、どうしたらよいのでしょうか?

ここでは、削除されてしまったOutlookメールを復元する方法について具体的にご紹介していきます。

興味がある人は、この動画を見て行きましょう!

Part 1: Outlook上で「サーバーから削除済みアイテムを復元」する

ここでは、Outlookの「削除済みアイテム」から、削除したメールを復元する方法を詳しく解説していきます。

  • Step 1Outlookでメールフォルダーの一覧に移動して「削除済みアイテム」をクリックします。
  • 「削除済みアイテム」をクリック
  • Step 2「ホーム」タブの、「サーバーから削除済みアイテムを復元」をクリックします。
  • サーバーから削除済みアイテムを復元
  • Step 3復元するアイテムを選択し、「選択したアイテムの復元」を選択して、「OK」をクリックします。
  • メールを復元

この方法の注意点として、「削除済みアイテム」や「サーバーから削除済みアイテムを復元」が存在しない場合があり、その場合はこの方法でメールの復元ができないということです。また、「削除済みアイテム」からもメールを消してしまった場合も復元できません。この方法でメールを復元できない場合、他に方法はあるのでしょうか?

Part 2: 復元ソフトで削除されたOutlookメールを復元

上記の方法でメールを復元できない場合でも、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使えば、削除されたメールを復元することが可能です。

Tenorshare 4DDIGをインストールして起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

紛失したファイルの元の保存場所(outlookのフォルダがあるドライブ)を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
場所を選択してスキャンをクリック
そこから復元したいデータやフォルダを選択していきましょう。画面上部にある「フィルタ」から、「ファイルの種類」 > 「E-mail」を選択すると、簡単に検出できます。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
復元をクリック

注意: データの新しい保存先は、元の保存場所にはしないでください。

Part 3: まとめ

以上はWindows 10のOutlookにある「削除済みアイテム」を選択して消えたメールを復元する具体的な手順と、削除済みアイテムで復元できなかったメールでも復元する方法をご紹介しました。

削除済みアイテムが存在しない場合は、Outlook内で消えたメールを復元することはできません。しかし、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使用することで、Outlookで復元できなかったメールでも復元することが可能です。事前の設定も必要なく、簡単な操作でデータが復元できるのでおすすめです。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事