Windows10でデータをバックアップと復元

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-09-10 09:37:53コンピューターデータ復元に行く

データのバックアップは重要です。時間をかけて編集したデータや大切なデータを間違えて消してしまったり、何かしらの不具合でデータが破損したりしても、バックアップがあればすぐに復元できるからです。では、Windows10において具体的なバックアップと復元の手順はどのようにすれば良いのでしょうか?

ここでは、Windows10でデータのバックアップと復元をする具体的な手順と、万が一バックアップしていなかったデータでも復元できるソフトをご紹介いたします。

Part 1: Windows10でデータをバックアップする手順

ここでは、Windows10でデータをバックアップする手順をご紹介します。

外付けHDDなど、バックアップ先となるドライブを接続します。
Windowsのスタートボタンをクリックし、「設定」をクリックします。
「更新とセキュリティ」をクリックします。
更新とセキュリティ
左側にあるメニュー「バックアップ」をクリックし、「ドライブの追加」をクリックして、バックアップ先のドライブを選択します。
ドライブの追加
「ファイル履歴を使用してバックアップ」の「ファイルのバックアップを自動的に実行」を「オン」にし、「その他のオプション」をクリックします。
ファイル履歴を使用してバックアップ
バックアップ先のドライブや、バックアップ対象のフォルダーを確認し、問題なければ「今すぐバックアップ」をクリックします。 「ファイルのバックアップを実行」で時間の間隔を設定するなどして、自動的にバックアップをとることも可能です。
成功にバックアップ

Part 2: Windows10でバックアップしたファイルを復元

次に、Windows10でバックアップしたファイルを復元する手順をご紹介します。

上記Part1のStep5にある「その他のオプション」をクリックします。
下にスクロールして、「現在のバックアップからファイルを復元」をクリックします。
現在のバックアップからファイルを復元
復元したい日時を下にある矢印キーで選択し、緑の復元ボタンをクリックします。復元すると、フォルダー画面が開くため、復元内容を確認することができます。
復元内容を確認

Part 3: Windows10でバックアップしていないファイルを復元

万が一、Windows10でバックアップ設定をしていなかった場合や、復元したいファイルがバックアップされていなかった場合はどうしたら良いのでしょうか?

ここでは、データ復元ソフト4DDiGでデータ復元の手順をご紹介いたします。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

ファイルが失われた場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
復元したいファイルが保存した場所を選択
そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
復元したいファイルが保存した場所を選択

Part 4: まとめ

「Windows10でデータをバックアップする手順」と題して、Windows10でデータのバックアップと復元をする具体的な手順と、万が一バックアップされていなかったデータでも復元できるソフトをご紹介しました。

データ復元ソフト4DDiGは、Windows10で事前にバックアップを設定していなかったり、復元したいデータがバックアップされていなかったりしても、データを復元することが可能です。操作も簡単なので、是非お試しください。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事