削除したZIP/RAR(圧縮)ファイルを復元する方法

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-09-10 09:37:53コンピューターデータ復元に行く

サイズの大きいファイルや複数のファイルを1つのフォルダにまとめ、圧縮して添付や共有、ダウンロード、暗号化するケースがあります。よく使われる圧縮ファイルはZIP(ジップ)とRAR(アールエーアール)ファイルです。このZIPやRARといった圧縮ファイルを間違えて削除した、または何らかの不具合でファイルが開けない場合、復元することは可能なのでしょうか?

ここでは、圧縮ファイルを復元する方法をご紹介いたします。

Part 1: ZIP/RAR(圧縮)ファイルについて

圧縮ファイルには様々な種類がありますが、サイズの大きいファイルや複数のファイルを1つのフォルダにまとめ、圧縮してファイルサイズを小さくすることは共通です。その中でも特によく使われているファイル形式が、ZIPファイル、RARファイルの2つです。

ZIPファイルは、WindowsとMacの両方に標準搭載されている圧縮ファイルです。RARファイルは、ZIPファイルに比べてさらに大きな容量のファイルを扱うことができ、ZIPファイルよりもより小さく、より速く圧縮できることから、Windowsなどにおいてデフォルトで圧縮や解凍ができないにもかかわらず、使用者が多いファイルです。

ZIPやRARファイルは、ファイルを圧縮して添付や共有、ダウンロード、暗号化などができるので大変便利ですし、よく使われています。一方で、ZIPやRARファイルを誤って削除した、またはウイルス感染や転送エラーなどの何らかの理由でファイルが破損し、開けないといったトラブルも多く発生しています。このZIPやRARファイルを復元することは可能なのでしょうか?

Part 2: 削除したZIP/RAR(圧縮)ファイルを復元する

データ復元アプリTenorshare 4DDiGを使うことで、削除したZIP/RAR(圧縮)ファイルを復元することが可能です。

ここでは、アプリ4DDiGを使った圧縮データの復元方法について説明していきます。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

紛失したファイルの元の保存場所(ごみ箱やSDカードなど)を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
ゴミ箱をスキャン
そこから復元したいZIP/RAR(圧縮)ファイルを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
ZIP/RAR(圧縮)ファイルを復元

Part 3: まとめ

以上はZIPやRARといった圧縮ファイルを復元する方法をご紹介しました。 解凍前のZIP/RARファイルでも、強力なデータ復元ソフト4DDiGを使用することで、ファイルの修復が可能です。操作も簡単なので、誤ってZIP/RARファイルを消したり、不具合で勝手にZIP/RARファイルが破損や削除されたりした際は、4DDiGの使用をオススメします。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事