削除されたGmailメールを復元する方法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-12-01 10:37:57コンピューターデータ復元に行く

Gmailは、Googleアカウントを持っている人なら誰でも利用できるフリーメールサービスです。そのため、利用している人は非常に多いのですが、一方で、誤ってメールを削除したり、システム障害などで知らないうちにメールが消えていたりというトラブルも多く聞かれます。Gmailのメールを復元する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、削除されてしまったGmailのメールを復元する方法について具体的にご紹介していきます。

Part 1: ゴミ箱のメールを復元する

Gmailのメールを削除しても、30日間は「ゴミ箱」フォルダに移動しているだけなので、簡単に復元することができます。ここでは、Gmailの「ゴミ箱」から、削除されたメールを復元する方法をご紹介していきます。

  • Step 1Gmailの左側にあるメールフォルダの一覧から「ゴミ箱」をクリックします。
  • 「ゴミ箱」をクリック
  • Step 2復元したいメールの横にあるチェックボックスにチェックを入れ、「移動アイコン」をクリックしてメールの移動先を選択すると復元できます。
  • ゴミ箱からGmailを復元

注意点として、「ゴミ箱」にあるメールは、30日後に自動的に削除されます。つまりこの方法は30日限定です。また、「ゴミ箱」を空にしてしまった場合も復元できません。この方法でメールを復元できない場合、他に方法はあるのでしょうか?

Part 2: 復元ソフト4DDiGでGmailのメールを復元

Gmailをブラウザ上でのみ使用していると、上記の方法でしか復元できません。また、メールをGmailでバックアップする方法はあるのですが、バックアップしたデータファイルを復元できるサービスはGoogleから提供されていません。そこで、まずはOutlookやThunderbirdなどのメールソフトにGmailアカウントを追加しましょう。これで、デバイスにもGmailのデータファイルが保存できるため、Gmailのゴミ箱から復元する以外の方法でメールを復元することが可能です。

具体的には、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使えば、削除されたメールを簡単に復元することが可能です。4DDiGとは、誤って削除したデータから、パソコンのシステムクラッシュ、フォーマットやシステムの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能なソフトです。事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作でファイルを復元することが可能です。ここでは、4DDiGを使ったメールの復元方法について説明していきます。

Tenorshare 4DDIGをインストールして起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

紛失したファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
場所を選択してスキャンをクリック
そこから復元したいデータやフォルダを選択していきましょう。画面上部にある「フィルタ」から、「ファイルの種類」 > 「E-mail」を選択すると、簡単に検出できます。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
復元をクリック

注意: データの新しい保存先は、元の保存場所にはしないでください。

Part 3: まとめ

「Gmailの削除されたメールを復元する方法」と題して、Gmailで削除されたメールを復元する方法をご紹介しました。

Gmailのゴミ箱から復元する方法は30日間限定であり、ゴミ箱からもメールが削除されてしまうと、基本的には復元することはできません。しかし、メールソフトにGmailアカウントを追加しておき、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使用することで、Gmailのメールでも簡単に復元することが可能です。事前にGmailでバックアップを取る必要もなく、簡単な操作でメールを復元することができるのでおすすめです。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)