Windows 11の更新が「0x8007007f」エラーコードで失敗する場合の対処法

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-11-22 19:22:58Windows修正に行く
質問

インストールの71%の時点で、毎回エラーコード0x8007007fが発生する場合、どうすればいいでしょうか?

Windows 11が10月5日に正式にリリーズされました。皆さん、正常にWindows 11へアップデートしましたか?しかし、Windows 11正式版にはバグが多そうな気がします。今日はインストールアシスタントを利用してシステムをアップグレードする際、エラーコード「0x8007007f」が発生する時の対処法を解説します。

Part 1: エラーコード「0x8007007f」が発生する時の対処法

最近、多くのユーザーが最小システム要件を満たしても、Windows11に更新する時、エラーコード「0x8007007f」が発生します。こんな状況を遭う時どうすればいいでしょうか? 次は二つの対処法を紹介します。一つ目はPCを再起動して、管理者モードで「Windows 11 インストール アシスタント」を実行します。

もう一つは、インストール アシスタントを使用せず、代わりにWindows 11のディスクイメージをダウンロードした上で、エクスプローラーでISOイメージを開いて「setup.exe」を実行するという方法です。

一方で、Windows 11の更新による失われたファイルを復元するには?

Part 2: Windows 11の更新による失われたファイルを復元

4DDiGとは、誤って削除したデータから、システムクラッシュ、フォーマット、データの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能な強力なソフトです。事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作でファイルを復元させることが可能です。

次はデータ復元ソフト4DDiGの使用方法について説明します。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

Cドライブを選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
デスクトップをスキャンする
スキャンしたフォルダやファイルが表示されるので、そこから復元したいファイルをダブルクリックします。「復元」をクリックします。
ファイルを復元

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事