エラー0x8000ffffでシステムの復元が失敗した時の対処法(Windows 10/7)

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2022-01-24 18:13:47Windows修正に行く

「0x8000ffffのエラーが発生したのだけれど、どうすればいいの…?」と不安な気持ちになっている方が、この記事を読んでくださっているのではないでしょうか。

0x8000ffffのエラー発生原因は複雑なので、パソコンに詳しくない方からすると、自分の力だけで解決するのはハードルが高いはずです。

ここでは、そんなパソコンに詳しくない方でも分かるよう、エラー0x8000ffffでシステムを戻せなくなった時の対処法について、ご紹介します。

Part 1:システムの復元中に不明なエラーが発生しました。(0x8000ffff)が出た原因(0x8000ffff)が出た原因

エラー0x8000ffffは、標準の更新を実行しようとしたり、Windowsの機能やアプリを更新しようとすると時、復元処理実行時にファイルの競合などが生じた場合、ファイルの置換が正しく行われない場合に表示されます。 さらに、システムの復元後に表示されることがあります。 このエラーには様々な原因がありますが、そのほとんどは、ウイルスへの感染やアプリの不具合、ドライバに原因があるなどです。

エラー0x8000ffff

場合によっては「正常に完了しました」などと、終わったように表示されますが、問題が解決していないケースもあるため、注意が必要です。

Part 2:システムの復元中に不明なエラーが発生しました。(0x8000ffff)が出た時の対処法

対処法1:システムの復元でエラーが発生パソコンをリセット/更新する

ここでは、パソコンを再起動したり、初期状態に戻すことによって、問題を解決させる方法をご紹介します。

  • Step 1「左下にある、「スタート」メニューをクリックし、「設定」をクリックします。
  • 「スタート」メニュー
  • Step 2「更新とセキュリティ」をクリックします。 「更新とセキュリティ」
  • Step 3左にある項目欄から「回復」をクリックします。
  • 回復
  • Step 4初期状態に戻したい場合は[開始する]のボタンを、PCを再起動したい場合は、「今すぐ再起動」のボタンをクリックします。まずは下のボタンをクリックし、それでも解決しない場合は、上のボタンをクリックするのがオススメです。
  • 今すぐ再起動

    対処法2:エラーが発生したシステムの復元を再試行する

  • Step 1「「スタート」メニューをクリックし、左下にある検索欄に「System Restore」と入力し、エンターキーを押します。
  • Step 2「システムのプロパティ」が表示されるため、「システムの復元」をクリック。
  • システムの復元
  • Step 3「次へ」をクリックし、先へ進みます。
  • システムの復元
  • Step 4日付と時刻を確認し、元に戻したいものを選択して、「次へ」をクリック。古いものから順番に消されていくため、自分が元に戻したいと思っているものがない場合もあります。そういった場合は、別の対処法を試すしかありません。
  • 日付と時刻を確認
  • Step 5「完了」をクリックします。これで手順は完了です。
  • Part 3:システムの復元で消えたデータを復元する方法

    エラー0x8000ffffが前述した方法で解決できない場合は、消えたデータを元に戻すことは、できないのでしょうか。そんなことはありません。専用ソフトを活用すれば、消えたデータを元に戻すことも可能です。Tenorshare4DDiGなどの専用ソフトの活用も検討してみましょう。

    専用ソフトを活用すれば、前述した方法よりも早い時間で問題が解決するため、時間短縮の手段としても有効です。カスタマーサービスもあり、作業自体も簡単なので、パソコンに詳しくない方でも安心して利用できます。

    4DDiGはここからダウンロードできます。

    無料ダウンロード

    PC用

    安全的にダウンロード

    無料ダウンロード

    Mac用

    安全的にダウンロード

    どこのデータを元に戻すのかを選択して、「スタート」をクリックします。迷ったら「ローカルディスク」を選択するのがオススメです。
    ローカルディスク
    最初は「ツリー表示」になっているため「フォルダー」に変更しておきましょう。こうすることによって、写真やドキュメントなどと、カテゴリーごとに確認できます。
    フィアル選択
    名前の横にあるチェック欄にチェックを入れ、「復元」をクリック。
    「復元」をクリック
    どこに復元したファイルを置くのかを選択します。迷ったら分かりやすい、デスクトップに置かれる「ディスクトップ」を選択するのがオススメです。
    復元したファイルを置く
    「復元」をクリックし、以下の画面が表示されたら、手順は完了です。
    復元を完了

    Part4:まとめ

    Windows 10・7で、0x8000ffffのエラーが表示され、システムを戻せなくなった時の対処法をご紹介しました。windows純正機能にある機能は事前に準備が必要などと、純正機能だけでは上手くいかないケースも多くあります。そういったときには、4DDiGなどの専用ソフトを活用するのがオススメです。

    専用ソフトの方が純正機能よりも、分かりやすく早く問題を解決できるため、時間を短縮するための手段の1つとしても有効といえます。”このケースにはどちらを活用できるのか”をよく考えて作業すれば、0x8000ffffのエラーが発生しても、解決できるはずです。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)