パソコンの立ち上げ時や再起動時に、「windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」という画面が終わらずに進まない、何もできないトラブルがあります。「windowsの準備をしています、コンピューターの電源を切らないでください。」という画面はなぜ出てしまうのでしょうか?また、表示が終わらない場合、どうすればよいのでしょうか?

今回の記事では、「windowsの準備をしています」という画面表示が終わらない時の対処法をご紹介いたします。

  1. Part 1: Windows の準備をしていますって何?
  2. Part 2: 「windowsの準備をしています」が終わらない時の対処法
  3. Part 3: Windows updateエラーによって失われたデータを復元HOT

Part 1: Windows の準備をしていますって何?

「windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」という画面は、Windowsの更新プログラムのインストール時によく表示されます。

Windows の準備をしています

更新プログラムのインストールはPCの(再)起動時に行われることが多く、アップデートが終われば「windowsの準備をしています」画面も消えるのですが、何らかの原因で再起動やアップデートがうまくできなかった場合、そのまま「windowsの準備をしています」という画面が終わらない現象が起きてしまいます。「windowsの準備をしています」画面が終わらない原因は様々です。PCそのものやハードディスク、周辺機器、デバイスドライバー、アプリなどの不具合や破損がエラーにつながっています。

次の対処法を試して、エラーを解消してください。

Part 2: 「windowsの準備をしています」が終わらない時の対処法

ここでは、「windowsの準備をしています」が終わらない時の対処法を5つご紹介いたします。

対処1.しばらく放置する

パソコンのスペック不足でアップデートに時間がかかる場合、「windowsの準備をしています」画面が消えるまで2~3時間を要する可能性があります。ハードディスクのアクセスランプ点灯がある場合、Windowsの処理は進行しています。

下手に強制終了すると他のエラーを発生させる恐れもあるため、アクセスランプが点灯している場合はしばらく待ちましょう。

対処2.強制終了

しばらく放置しても画面が終わっていない場合や、アクセスランプが点灯していない場合は、PCがフリーズしているかもしれません。電源ボタンを長押しして強制終了し、再度電源を入れてみましょう。

強制終了はPCに負担をかける操作なので、むやみやたらにやらないようにしてください。

対処3.BIOSをデフォルトに戻す

BIOSをデフォルトに戻すと、「windowsの準備をしています」画面が消えます。なお、BIOS設定を開く→BIOSを初期設定に戻す→設定を保存してPCが再起動されるという一連の操作画面やキーはパソコンの機種によって異なりますので、ご確認ください。

  1. PCの電源を入れた後、BIOS設定を開くキーを連打します。このキーは「F2」や「Delete」キーなど、パソコンの機種によって異なりますので、ご確認ください。
  2. BIOS画面は基本的にキー操作で行います。BIOSを初期設定に戻すキーを押します(「Setup Defaults」などと表示されています)。初期設定に戻すか確認画面が出るので、矢印キーで「Yes」を選択して「Enter」キーを押します。
  3. 設定を保存するキーを選択します(「Save and Exit」などと表示されています)。設定を保存して終了するか確認画面が出るので、矢印キーで「Yes」を選択して「Enter」キーを押すと、PCが自動的に再起動します。

対処4.スタートアップ修復を実行する

スタートアップ修復でエラーが解決できると、「windowsの準備をしています」画面も消える可能性があります。

  1. Windows回復環境(Windows RE)を起動します。起動方法はパソコンの機種によって異なりますので、ご確認ください(例として、「F12」などのファンクションキーを押しながらPCの電源を入れるなどが挙げられます)。

     

    *Windows10では、OSの起動を連続で2回失敗すると、3回目で自動的に回復環境が実行されます。

  2. 「オプションの選択」画面の「トラブルシューティング」をクリックし、「詳細オプション」画面の「スタートアップ修復」をクリックします。

    トラブルシューティング スタートアップ修復
  3. ユーザーアカウントを選択し、ログインパスワードを入力すると、スタートアップ修復が始まります。しばらく待つとスタートアップ修復が完了します。

対処5.SFCを実行してシステムファイルを修正する

システムファイルチェッカー(SFC)というツールで、システムファイルの破損やエラーをチェックして修復すると、「windowsの準備をしています」画面が終わらないトラブルが解決するかもしれません。

  1. Windows回復環境(Windows RE)を起動します。起動方法はパソコンの機種によって異なりますので、ご確認ください(例として、「F12」などのファンクションキーを押しながらPCの電源を入れるなどが挙げられます)。

     

    *Windows10では、OSの起動を連続で2回失敗すると、3回目で自動的に回復環境が実行されます。

  2. 「オプションの選択」画面の「トラブルシューティング」をクリックし、「詳細オプション」画面の「コマンドプロンプト」をクリックします。

    トラブルシューティング コマンドプロンプト
  3. 「sfc /scannow」と入力します。確認が完了するまでしばらく待ちます。
  4.  

    スキャン結果が表示されます。

    ▪「Windowsリソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。」と表示された場合、破損やエラーのあるシステムファイルがなかったことを意味します。

     

    ▪「Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。」と表示された場合、破損したファイルが正常に修復されたことを意味します。PCが正常に使えるか確認しましょう。

 

以上、「windowsの準備をしています」という画面が終わらない時の対処法をご紹介しましたが、Windows Updateや初期化によって、大切なデータが消える可能性があります。普段からバックアップを取っておくか、次にご紹介するデータ復元方法を知って、データ消失を防ぐようにしましょう。

Part 3: Windows updateエラーによって消えたデータを復元

「更新サービスに接続できませんでした」エラーによってデータが消えた場合、データ復元ソフト4DDiGで復元できます。

4DDiGは、誤って削除したデータから、パソコンのシステムクラッシュ、フォーマットやシステムの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能なソフトです。事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作でファイルを復元することが全部可能です。

  • 100%安全
  • 高い復元率
  • 使いやすい
  • 低いコスト
  1. 4DDIGデータ復元ソフトをインストール、起動します。

  2. ファイルが失われた場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。

    スキャン場所を選択
  3. 次に、復元したいファイルタイプを選択し、「選択したファイルタイプをスキャン」をクリックしてドライブのスキャンを開始します。

    復元したいファイルタイプを選択、スキャンを開始
  4. そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。

    ファイルを検出
  5. データの選択が終わったら、動画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。

    復元をクリック
    注意:: 保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

まとめ

「windowsの準備をしています コンピューターの電源を切らないでください」という画面が終わらず、何もできないエラーを解決する方法を5つご紹介しました。「windowsの準備をしています」画面が終わらない場合、今回ご紹介した方法を1つずつ試してみてください。「windowsの準備をしています」画面が終わらないエラーは主にWindows Update時の不具合によって発生します。エラー解決時に大切なデータが消えるトラブルもあり得ますので、併せてご紹介したデータ復元方法も是非覚えてお試しください。簡単にできるのでデータ復元ソフト4DDiGをオススメです。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery

Tenorshare 4DDiG データ復元

4DDiGは、Windows / Macコンピューターで削除、フォーマット、RAWなどのさまざまな損失シナリオから失われたデータをより高い成功率で回復するための選択肢の1つです。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)