Windows 10 Updateはエラー コード0x80070002で更新が失敗する場合の対処法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-12-01 10:37:58Windows修正に行く

Windows Updateを実行した時に、エラーが発生する場合があります。エラーコード「0x80070002」が表示されたエラー画面が突然出てきても、それがどういう意味で、どうすればよいのか、わからない人も多いのではないでしょうか?

ここでは、Windows Updateに失敗した際に表示されるエラーコード0x80070002の発生原因とエラーコード0x80070002の解決方法、エラー修復の際に紛失したデータの復元方法についてご紹介します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

Part 1: Windows 10 Updateが、エラーコード0x80070002で失敗する原因

Windows Updateエラーが発生する原因は、更新プログラムがダウンロードされる際に、いくつかのWindows更新プログラムでのファイルが存在しないためです。

そしてエラーコード「0x80070002」の発生原因は、ファイルが存在しないというよりも、コンピューターでWindows Updateに必要なファイルやフォルダが見つからない、または破損などで読み込みできないことを意味しています。エラー0x80070002の発生原因を解決することで、エラーが出なくなります。次で、エラー0x80070002が発生した際の対処法をご紹介いたします。

Part 2: エラー「0x80070002」の解決方法

ここでは、エラー0x80070002の解決方法を4つご紹介していきます。

方法1.日付と時刻の設定を確認することでエラー 0x80070002を修復

パソコンの日付と時刻の設定は、Windows Updateの成功に大きな影響があります。ここでは、パソコンの日付と時刻を正しく設定する方法をご紹介します。

「コントロールパネル」を開き、「時計と地域」をクリックします。
パソコンの日付と時刻の設定1
「日付と時刻」を選択して、「タイムゾーンの変更」をクリックします。
パソコンの日付と時刻の設定2
「インターネット時刻」タブ内の「設定の変更」をクリックしてください。
パソコンの日付と時刻の設定3
「インターネット時刻サーバーと同期する」の前にチェックを入れて「今すぐ更新」をクリックしてください。
パソコンの日付と時刻の設定4
OKをクリックしてください。
パソコンを再起動してエラー0x80070002が解決されているかどうか(Windows Updateが成功するかどうか)を確認してください。

方法2.Windows Updateトラブルシューティング ツールを実行して0x80070002を修復

Windowsに何らかの不具合があった場合に、トラブルシューティングツールはよく使われます。ここでは、Windows Updateトラブルシューティング ツールの使用方法をご紹介します。

「Windows」+「I」キーを押して「設定」ウィンドウを開き、「更新とセキュリティ」をクリックします。
更新とセキュリティをクリック
左側の「トラブルシューティング」をクリックし、「Windows Update」をクリックします。表示に従い操作します。
Windows Updateをクリック
Windows Updateトラブルシューティング ツールが終了したら、PCを再起動して、エラー0x80070002が解決されているかどうか(Windows Updateが成功するかどうか)を確認してください。

方法3.「Software Distribution」フォルダを削除することでエラー 0x80070002を修復

更新プログラムを保存する「Software Distribution」フォルダに不具合がある場合も、エラー 0x80070002が発生します。ここでは「Software Distribution」フォルダを削除する方法をご紹介します。

エクスプローラーの検索に「SoftwareDistribution」と入力するか、エクスプローラーで「PC」 > 「Windows(C:)」 > 「Windows」フォルダを展開して「SoftwareDistribution」フォルダを見つけます。
「Software Distribution」フォルダを削除します。
パソコンを再起動して、Windows Updateが成功するか確認してください。

方法4.エラー 0x80070002を修復するため、破損したシステムファイルをチェック&削除

上記3つの方法でエラー0x80070002が解決しない場合、Windows Updateに必要なシステムファイルが破損している可能性があります。ここでは、システムファイルをスキャンし、破損したシステムファイルを削除する方法をご紹介します。

タスクバーの検索ボックスに「コマンドプロンプト」と入力し、「管理者として実行」をクリックすることで、管理者権限のコマンドプロンプトを起動させます。
「SFC /scannow」と入力して「Enter」キーを押すと、システムスキャンが開始されます。
システムスキャン完了後、「コントロールパネル」を開きます。コントロールパネルで「システムとセキュリティ」 > 「管理ツール」を開き、「サービス」をダブルクリックします。
「Windows Update」を右クリックして、「停止」を選択します。

Windowsのアップデートを実施したり、エラー修復操作を行ったりすると、データが消えてしまう可能性があります。エラー0x80070002の修復操作で消えてしまったデータは復元することが可能なのでしょうか?

Part 3: エラー「0x80070002」によって紛失したデータを復元

エラー0x80070002によって紛失したデータの復元は、データ復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」を使えば可能です。

4DDiGとは、誤って削除したデータから、パソコンのシステムクラッシュ、フォーマットやシステムの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能なフリーソフトです。事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作でファイルを復元することが可能です。 ここでは、4DDiGを使ったデータの復元方法について説明していきます。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

失われたデータの元の保存場所を選択して、右下にある「スキャン」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
復元したいビデオファイルが保存した場所を選択
そこから復元したいデータやフォルダを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
復元したいWordファイルが保存した場所を選択

Part 4: まとめ

「Windows 10 - Windows Updateに失敗する場合の対処法」と題して、Windows Updateの際に発生する0x80070002エラーを解決する方法をご紹介しました。また、0x80070002エラーを解決する際の注意点として、データが消える恐れがあります。しかし、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使用すれば、0x80070002エラーの修復作業で紛失したデータを復元することが可能です。さらに、エラー メッセージ0x0000007eが出る時の解決方法を見て行きましょう。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

関連記事:

【Excel】エクセルを復元する方法のまとめ2021

【PPT】パワーポイントを復元する方法のまとめ

Windowsで削除されたメモ帳ファイルを復元する方法

PS4から失われたゲームファイルを復元する方法

SDカードがフォーマットの復元アプリと注意点

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)