「ノートパソコンの電源がついているのに、画面が真っ暗で操作できない!」
「「ノートパソコンを使用していたら、突然画面が真っ暗になった!」

電源が付いているのに、ノートパソコンの画面が真っ暗になる(またはうっすらとしか表示されない)のは困りますよね。この現象はたびたび発生する可能性があるので、対処法を知っておく必要があります。

  1. Part 1: ノートパソコンの画面が真っ暗になった原因
  2. Part 2: ノートパソコンの画面が真っ暗になった時の対処法
  3. Part 3: ノートパソコンの黒い画面を修正する際の注意事項

Part 1: ノートパソコンの画面が真っ暗になった原因

ノートパソコンの画面が真っ暗、またはうっすらとしか表示されない原因としては、電力供給が不安定になっている、パソコンのハードウェアやシステムの不調、そしてノートパソコンの故障などが挙げられます。

様々な原因でノートパソコンの画面は真っ暗になってしまいます。ノートパソコンの故障を疑う前に、次にご紹介する対処法を試して、正常に戻るかご確認ください。

Part 2: ノートパソコンの画面が真っ暗になった時の対処法

ノートパソコンの画面が真っ暗になった時の対処法を7つご紹介いたします。

対処1.電源ランプを確認する

まずは電源ランプでノートパソコンの状態を確認します。

・電源ランプが点灯している場合は、電源が入っているにも関わらず画面が真っ暗になっている状態です。以下に記載の対処法をお試しください。

・電源ランプが点滅している場合は、ノートパソコンがスリープや休止状態の可能性があります。キーボードのキーやマウスのボタンを押す、または電源ボタンを1回押して、スリープモードを解除できるか確認しましょう。

・電源ランプが消灯している場合は、ノートパソコンの電源が切れています。次の「電源ケーブルやバッテリーの状態を確認する」をご覧ください。

対処2.電源ケーブルやバッテリーの状態を確認する

ノートパソコンへの電力供給が上手くできていなければ、電源が切れて画面も真っ暗になります。ACアダプターや電源ケーブルなど、正しく接続し直してみましょう。

対処3.放電を行う

パソコンの帯電は様々なトラブルを引き起こします。帯電している不必要な電気を放電することで、画面が真っ暗になるトラブルが解決する場合があります。

  1. 電源ボタンを数秒間長押しして、ノートパソコンを強制終了します。
  2. ノートパソコンの電源ケーブル、ACアダプター、バッテリーを外し、そのまま5分から10分放置して放電させます。
  3. 放電後、元に戻して正常に動作するか確認します。

対処4.高速スタートアップを無効にして再起動する

「高速スタートアップ」機能とは、Windows10に搭載されている機能で、前回のシャットダウン直前のPC状態を記憶して、次回のPC起動を高速化できます。しかし、システムなどの不具合、周辺機器の接続状況や設定変更などで高速スタートアップが正常に起動しなかった場合、エラーが生じる可能性があります。

そのため、高速スタートアップを無効化すると、エラーが修正される可能性があります。

  1. 「PC」の「デバイスとドライブ」にある「Windows(C:)」(ローカルディスク)を右クリックして「プロパティ」をクリックすると、「全般」タブに空き容量が表示されます。
  2. 画面右側の「電源の追加設定」をクリックします。

    電源の追加設定
  3.  
  4. 左側の「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

    源ボタンの動作を選択する
  5. 「高速スタートアップを有効にする」からチェックを外して、「変更の保存」をクリックします。PCを再起動して、エラーが解消されているか確認します。

    高速スタートアップを有効にする

対処5.ドライバーをリセット/更新する

グラフィックドライバーに問題があると、画面表示に問題が出る可能性があります。グラフィックドライバーをリセットするか、最新のドライバーに更新してください。

・グラフィックドライバーのリセットは、「Windows」+「Ctrl」+「Shift」+「B」キーを同時に押すだけです。

グラフィックドライバーの更新方法はデバイスドライバーの更新する方法をご覧ください。

対処6.システムの復元を行う

「システムの復元」により、画面が真っ暗になるトラブル発生前のノートパソコン状態に戻すことで、解決することがあります。

ただし、事前にWindowsのバックアップ設定(復元ポイントの作成)をしていない場合は、この方法で復元することはできません。また、この方法は復元ポイント以降の他のデータが失われる恐れもあります。データが消えた場合は、この記事のPart3にあるデータ復元方法もご覧ください。

詳細はシステムの復元を設定する方法をご覧ください。

対処7.再セットアップを行う

上記6つの対処法を試しても解決しない場合、再セットアップを行ってノートパソコンを購入時の状態に戻すと、画面が正常に戻る場合があります。物理的な故障の場合は、この方法でも直らず、修理する必要があります。

再セットアップは、ノートパソコンによって操作方法が変わるため、お手持ちのノートパソコンのマニュアルなどをご確認ください。ここでは、共通する注意点をお伝えします。

・再セットアップ前に、周辺機器はすべて外します。「ノートパソコンを購入時の状態に戻す」ということは、ノートパソコン内のデータが消えるということです。周辺機器を接続したままにすると、周辺機器のデータも失われる可能性があります。

・ACアダプターやコンセントを接続し、再セットアップ中に電源が切れないようにしてください。再セットアップが正常に行われなくなってしまいます。

Part 3: ノートパソコンの黒い画面を修正する際の注意事項

ノートパソコンの画面が真っ暗になった際の対処法についてお伝えしましたが、特にシステムの復元や再セットアップによる対処法を行うと、ノートパソコンからデータが失われてしまいます。

4DDiGというソフトを使用すれば、簡単にデータを復元することができます。ここでは、4DDiGの使用方法を具体的にご説明いたします。

  1. 4DDIGデータ復元ソフトをインストール、起動します。

  2. ファイルが失われた場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。

    スキャン場所を選択
  3. そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。

    ファイルを検出
  4. データの選択が終わったら、動画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。

    復元をクリック
    注意:: 保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

まとめ

ノートパソコンの電源がついているのに、画面が真っ暗になり操作できなくなることがあります。今回ご紹介した方法で、ノートパソコンの画面が真っ暗になるトラブルを解決しましょう。

画面が真っ暗になったのが解決する代わりに、ノートパソコンのデータが失われる場合があります。データを簡単に復元できる方法として、4DDiGソフトがあります。是非お試しください。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery

Tenorshare 4DDiG データ復元

4DDiGは、Windows / Macコンピューターで削除、フォーマット、RAWなどのさまざまな損失シナリオから失われたデータをより高い成功率で回復するための選択肢の1つです。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)