「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。」エラーを修正

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2022-04-29 16:22:20Windows修正に行く

USBやHDDなどの外付けデバイスや、ファイルを開こうとした際に、突然、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。」というエラー表示が出ることがあります。

今まで正常にアクセスできていたのに、このようなエラーが出るのはなぜでしょうか?どうすれば解決できるのでしょうか?今回は、エラー発生の原因と対処法についてご紹介いたします。さらに、アクセスできずに取り出せなくなったデータを救出する方法もご紹介します。

パート1: 「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。」エラーが表示された原因

指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません

指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできない原因は主に以下の通りです。

  • ウイルス感染
  • ファイルの破損
  • 元々アクセス許可がない
  • ファイルの保存先がなくなった
  • ウイルス対策ソフトウェアやPC側でファイルへのアクセスをブロックしている

接触不良などの物理的問題だと自力で解決するのは難しいのですが、よくある原因はハードウェアやドライバーの問題で、次の方法を試すことで解決する可能性があります。

パート2: 「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。」エラーを修正

ここでは、エラーを修正する方法を6つご紹介します。なお、ファイルが破損していたり削除されたりしている場合は、パート3の方法を使用してファイルを復元する必要があります。

方法1:ファイルまたはフォルダーのアクセス許可を確認する

アクセスしたいファイルまたはフォルダーを右クリックして「プロパティ」をクリックします。
「セキュリティ」タブ内、「グループ名またはユーザー名」の下にあるユーザー名をクリックし、「編集」をクリックします。
編集
アクセス許可したいものにチェックを入れて「OK」をクリックします。ここでは、「フルコントロール」の許可にチェックを入れます。
フルコントロール

方法2:ファイルの場所を確認する

例えば、ショートカットを作っているファイルの保存場所が外付けデバイスで取り外してしまったり、保存場所のフォルダーを削除したりすると、ファイルの保存場所がなくなり、エラー表示が出ます。ファイルのプロパティで保存場所を確認しましょう。

ファイルの場所を確認する

方法3:ファイルが移動または削除されていないことを確認する

誤操作やウイルス感染などでショートカット先のファイルが移動したり削除されたりしていないか確認します。「方法2」と同様、「プロパティ」の「リンク先」で確認します。

方法4:ショートカットを作成し直して破損していないかを確認する

ショートカット元のファイルなどが破損していてもエラー表示が出ます。破損しているとショートカットを作成できないため、ショートカット作成し直してみます。ファイルを右クリックして「ショートカットの作成」をクリックします。

ショートカットを作成し直して破損していないかを確認する

方法5:ファイルのブロックを解除する

Windowsによってファイルがブロックされる場合があります。この場合、「このファイルは他のコンピューターから取得したものです。このコンピューターを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります」というメッセージが表示されます。ファイルのブロックを解除する方法をご紹介いたします。

ファイルを右クリックして「プロパティ」をクリックします。
「ブロックの解除」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
ファイルのブロックを解除する

方法6:ウイルス対策ソフトウェアがファイルをブロックしていないかを確認する

ウイルス対策ソフトが安全なファイルでも危険性があると認識してブロックすることがあります。もし、ウイルス対策ソフトがファイルをブロックしている場合は、ウイルス対策ソフトを一時的に無効にし、ファイルを新しく保存し直すなどします。

ウイルス対策ソフトを一時的に無効する方法をご説明します。

「Windows」キー+「R」キーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」のボックスに「msconfig」と入力し、「OK」をクリックします。
msconfig
「スタートアップ」タブの「タスクマネージャーを開く」をクリックします。
タスクマネージャーを開く
ポップアップウィンドウでウイルス対策プログラムを選択し、「無効にする」ボタンをクリックします。アクセスできなかったファイルなどが開けるかどうか確認します。

セキュリティの観点から、この操作は確実に安全なファイルにのみ実行してください。また、ファイルの処理が終わったら、ウイルス対策ソフトをすぐに有効にしてください。

パート3: アクセスできないデバイス、パスから大切なファイルを復元

パート2の方法を試した結果、ファイルが破損していたり削除されたりしている場合は、ファイルを復元する必要があります。ここでは、最も簡単な方法として、データ復元ソフト4DDiGを使用して復元する方法をご紹介します。

4DDiGで、誤操作やファイルの破損、悪質なウイルスなど様々な理由で失ったデータまで復元することが可能なソフトです。ファイルを復元することで、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。」というエラーも出なくなります。4DDiGを使ったデータの復元方法について具体的に説明していきます。

Tenorshare 4DDiGをインストールして起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

スキャンする場所を選択し、「スタート」をクリックしましょう。そして、スキャンするファイルの種類を指定できます。
SDカードを選択してスキャンをクリック スキャンするファイルの種類を指定
ある場所のすべてのデータが表示されますので、そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わると、画面の右下にある「復元」をクリックします。復元するデータの保存先を選択して、「OK」をクリックで実行されます。
復元をクリック

注意: ファイルが上書きされないようにするために、元のパスを選択しないでください。

パート4: まとめ

「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。これらの項目にアクセスするための適切なアクセス許可がない可能性があります。」というエラー表示は、アクセス許可が本当にない場合もありますが、様々な理由で表示されてしまいます。

対処法や確認方法を試した結果、ファイルの削除や破損が原因だった場合は、ファイルの復元が必要です。データ復元ソフト4DDiGを使用すれば、簡単にファイルを復元することができます。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)

人気記事