「『メモリがreadになることはできませんでした』と表示される原因はなんだろう…」

「この文言のエラーが出てこなくなるよう修正したい!」

「『メモリがreadになることはできませんでした』と出て、シャットダウンしてしまい困っている…」

最近Windows11/10による、「メモリがreadになることはできませんでした」という文言についてのお悩みをよく聞きます。そこで今回の記事では、この文言が出てくる原因やエラーを修正する方法について解説していきます。

  1. Part1:Windows 11/10で「メモリがreadになることはできませんでした」のエラーが表示される原因
  2. Part2:Windows 11/10で「メモリがreadになることはできませんでした」エラーを修正する方法
  3. Part3:Windows 11/10の削除されたデータを復元
  4. Part4:まとめ

Part1:Windows 11/10で「メモリがreadになることはできませんでした」のエラーが表示される原因

まず、「メモリがreadになることはできませんでした」が出てくる原因について解説します。急にシャットダウンする事例も多くあり、困ってしまいますよね。

この文言は、簡潔にいうと文字通り、PCのメモリやアプリケーションがうまく読めていない状態であることを意味しています。つまりWindows11/10で、何らかの読み取りエラーが起きているということ。

読み取りエラーが起きてしまう原因は大きく4つです。順番に解説していきます。

1.OSのエラー

アップデート等がきっかけでOSにバグが起き、メモリとアプリケーションの再生に干渉して問題が起きてしまっている場合です。OSが古いままでも生じるケースは多いので、最新版になっているかも確認することが大切です。

2.メモリの故障

古いパソコンでメモリが劣化してしまっている可能性もあります。また、アプリやOSが新しすぎて、メモリが古く追いついていない場合も読み取りエラーの原因になります。新しいパソコンでも、メモリの初期不良も稀にあるので、必ず事前に確認しましょう。

3.メモリの容量が足りない

次に、使用しているメモリの容量不足によって、読み込みエラーが起きるケースです。使用しているアプリ・ソフトウェアに対して、メモリの容量が足りているかをチェックしてみてください。特に複数同時にアプリ・ソフトウェアを立ち上げることが多い方は、メモリの容量が、PC全体の読み込みや再生に大きく影響してきます。

4.アプリ・ソフトウェアの不具合

使用しているアプリ・ソフトウェアそのものにバグがある場合でも、読み取りエラーは生じます。アプリ・ソフトウェアが安全な提供元であるかどうかや、最新の状態になっているか等もチェックしてみてください。

これらの原因を踏まえた上で、それぞれの問題についての対策をPart2以降でご紹介していきます。

Part2:Windows 11/10で「メモリがreadになることはできませんでした」エラーを修正する方法

Part1で挙げた「メモリがreadになることはできませんでした」のエラーの原因を元に、それぞれの修正方法を解説していきます。

1.OSのエラー

OSが起因している場合、一旦OSを最新の状態にアップデートします。すでに最新の場合は、再度OSをインストールし直してみましょう。

2.メモリの故障

メモリに原因がある場合、メモリとマザーボードの接触がうまくいっていない可能性が考えられます。ですので、メモリをPCから取り出し、再度付け直してみてください。それでも読み取りエラーが何度も起きてしまう場合は、メモリそのものの故障が疑われるため、交換も検討しましょう。

3.メモリの容量が足りない

メモリの容量不足に対しては、増設で対処する必要性が出てきます。メモリを増設すれば、アプリ・ソフトウェアも早く動くようになり、エラーが解消できる確率も高くなります。

4.アプリ・ソフトウェアの不具合

アプリ・ソフトウェア起因のケースでは、アンインストール後に再インストールしてみましょう。それでも読み取りエラーが続く場合は、開発元に確認することも大切です。

上記の修正方法を試しても文言が出続ける場合は、明確な原因がどこにあるかを追求するのは難しいでしょう。その場合には、大事なデータのバックアップを取ったうえで、初期化から復元などの操作も必要になってきます。

そこでPart3以降では、Winodws11/10のデータを初期化したあとの復元の操作も合わせてご紹介していきます。

Part3:Windows 11/10の削除されたデータを復元

Windows11/10の削除されたデータを復元する方法について説明します。Windowsの操作のみで完結する方法と、専用のソフトウェアを使う方法の大きく2種類があります。それぞれ順番に解説していきますね。

なお、初期化に関しては必ず事前にバックアップを行った上で実施していただくようお願いします。

①Windowsで完結するデータ復元方法

事前にWindowsのバックアップ設定(復元ポイントの作成)をしている場合は、「システムの復元」でもレジストリを復元できます。

②専用のソフトウェアを使う方法

事前に復元ポイントの作成や、データのバックアップを忘れても、データ復元専用のソフトウェア4DDiGを使えばデータ復元が可能です。

ストレージが物理的に故障していない限りは、高い確率でデータ復元できます。高性能な4DDiGですが、操作自体は非常に簡単ですので、まずは気軽にお試しください。

  1. 4DDiGデータ復元ソフトをインストール、起動させます。

  2. ファイルの場所を選択

    ファイルが失われた場所にマウスを置き、「スキャン」をクリックします。

    ファイルの場所を選択
  3. ファイルの検出

    しばらく待つと、指定した場所にあるすべてのファイルが表示されます。

    ファイルを検出
  4. ファイルのプレビューと復元

    復元するファイルを選択して右側の「プレビュー」をクリックして選択されたファイルを確認できます。そして、右下の「復元」をクリックし、保存場所を指定すると、ファイルがすぐに復元されます。

    ファイルのプレビューと復元
    注意:: 保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

Part4:まとめ

「メモリがreadになることはできませんでした」が出てくる原因は、何らかの読み取りエラーのサインです。

読み取りエラーが起きる要因は、OSやメモリ、アプリケーションに問題がある可能性が考えられます。

「メモリがreadになることはできませんでした」という文言が出てこないよう修正するには、各読み取りエラーの原因に合わせて対処が必要です。

Winodws11/10でデータを復元する方法もご紹介しました。エラー修正時にデータが消えてしまっても、今回の記事を参考に復元してください。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery

Tenorshare 4DDiG データ復元

4DDiGは、Windows / Macコンピューターで削除、フォーマット、RAWなどのさまざまな損失シナリオから失われたデータをより高い成功率で回復するための選択肢の1つです。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)