USBメモリや外付けHDDなどがパソコンに認識されていない?と思ったとき、デバイスマネージャーを確認すると、「不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)」と表示されていることがあります。

「デバイス記述子要求の失敗」というエラーはなぜ発生したのでしょうか?どうしたら解決できるのでしょうか?今回は、不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)が表示された原因と対処法についてご紹介いたします。

  1. Part 1: 不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)エラーが表示された原因
  2. Part 2: 不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)が表示された時の対処法
  3. Part 3: USBのエラーによって消えたデータを復元

Part 1: 不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)エラーが表示された原因

パソコンに挿入したはずのUSBデバイスが認識されておらず、デバイスマネージャーを確認すると、「不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)」エラーが表示されていることがあります。プロパティを確認しても、「コード43」「USBデバイス記述子の要求が失敗しました。」という記載があります。

不明なUSBデバイス デバイス記述子要求の失敗

コード43のデバイス記述子要求の失敗エラーは、主に以下の原因で発生するようです。

  • USBポートの一時的な接触不良や不具合、故障
  • 高速スタートアップ機能による不具合
  • USBデバイスへの電源供給不足
  • USBデバイスまたはUSB Root Hubのドライバーの不具合
  • USBデバイスの破損

コード43のデバイス記述子要求の失敗エラーを発生させる原因に対して、どう対処すればよいか、次で説明していきます。

Part 2: 不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)が表示された時の対処法

不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)が表示された時の対処法を5つご紹介いたします。

方法1. 接続するUSBポートを変更してみる

PCとUSBデバイスを接続するポートに問題があると、正しくUSBデバイスを認識できず、エラーが発生します。接続するUSBポートを変更してUSBデバイスが認識されるか確認しましょう。

方法2. 高速スタートアップを無効化する

Windows10に搭載されている「高速スタートアップ」機能とは、前回のシャットダウン直前のPC状態を記憶して、次回のPC起動を高速化する機能です。高速スタートアップに対応していないUSBデバイスが読み込まれなかったり、高速スタートアップが正常に起動しなかったりすると、エラーが生じる場合があります。

そのため、高速スタートアップを無効化すると、エラーが修正される可能性があります。

  1. 「PC」の「デバイスとドライブ」にある「Windows(C:)」(ローカルディスク)を右クリックして「プロパティ」をクリックすると、「全般」タブに空き容量が表示されます。
  2. 画面右側の「電源の追加設定」をクリックします。

    電源の追加設定
  3.  
  4. 左側の「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

    源ボタンの動作を選択する
  5. 「高速スタートアップを有効にする」からチェックを外して、「変更の保存」をクリックします。PCを再起動して、エラーが解消されているか確認します。

    高速スタートアップを有効にする

方法3. USBセレクティブサスペンドを無効化する

USBデバイスへの電源供給不足がエラー原因の場合の対処法です。

  1. Windowsのスタートボタンを右クリックして、「電源オプション」をクリックします。
  2. 画面右側の「電源の追加設定」をクリックします。
  3.  
  4. 「プラン設定の変更」をクリックします。

    プラン設定の変更
  5. 「詳細な電源設定の変更」をクリックします。

    詳細な電源設定の変更
  6. 「USB設定」>「USBのセレクティブサスペンドの設定」を展開し、「無効」を選択します。

    USBのセレクティブサスペンドの設定
  7. 「OK」をクリック後、PCを再起動してエラーが発生していないか確認します。

方法4. USBデバイスのドライバー(またはUSB Root Hubのドライバー)を再インストールする

デバイスドライバーの破損などがあると、USBデバイスを認識しないことがあります。次の方法でUSBデバイスのドライバーを再インストールしましょう。

     
  1. タスクバーの検索ボックスに「デバイスマネージャー」と入力するか、スタートアイコンを右クリックして、「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ディスクドライブ」内の「不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)」を右クリックし、「デバイスのアンインストール」をクリックします。

    *USB Root Hubのドライバーの場合は、「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」内の「USB Root Hub」を右クリックし、「デバイスのアンインストール」をクリックします。USB Root Hubが複数ある場合は、すべてアンインストールしてください。

  3. アンインストールが完了したらパソコンを再起動します。パソコンを再起動すると、デバイスドライバーが自動的に再インストールされます。

方法5. トラブルシューティングツールを実行する

Windows10に標準搭載されているトラブルシューティングツールを利用すると、エラーが解決する場合があります。

エクスプローラーを開き、C:\Windows\diagnostics\system\Deviceフォルダーにある「DiagPackage.diagpkg」をダブルクリックすると、ハードウェアとデバイスに対するトラブルシューティングツールを起動することができます。

トラブルシューティングツールを実行する

起動後、トラブルシューティングが開始するので待機します。トラブルシューティングで問題が検出された場合、「この修正を適用します」をクリックして画面の案内に従って問題を修正します。トラブルシューティングが完了したら、エラーが解決しているか確認しましょう。

Part 3: USBのエラーによって消えたデータを復元

不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)エラーが解決しなかった場合、USBデバイスがPCに認識されず、データにアクセスできません。また、USBデバイスの不具合が原因のため、エラー修正中に中のデータが消えるトラブルも考えられます。

USBデバイスのデータ救出や復元には、「4DDiG」ソフトがおすすめです。ここでは、4DDiGでの使用方法を具体的にご紹介いたします。

  1. 4DDIGデータ復元ソフトをインストール、起動します。

  2. ファイルが失われた場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。

    スキャン場所を選択
  3. 次に、復元したいファイルタイプを選択し、「選択したファイルタイプをスキャン」をクリックしてドライブのスキャンを開始します。

    復元したいファイルタイプを選択、スキャンを開始
  4. そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。

    ファイルを検出
  5. データの選択が終わったら、動画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。

    復元をクリック
    注意:: 保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

まとめ

不明なUSBデバイス(デバイス記述子要求の失敗)エラー(コード43)の原因と対処法についてご紹介しました。USBメモリや外付けHDDなどがパソコンに認識されていない時は、この記事を参考にデバイス記述子要求の失敗エラーを解決してください。万が一、デバイス記述子要求の失敗エラーが原因で、USBデバイスのデータを救出したい!復元したい!という事態に陥った際は、データ復元ソフト4DDiGをお使いください。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery

Tenorshare 4DDiG USB復元

4DDiGは、USBフラッシュドライブ/ SDカード/ Windows / Macで失われたすべてのデータを、削除、フォーマット、RAWなどのさまざまな損失シナリオからより高い成功率で回復するための選択肢です。

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)