BIOS アップデート失敗で黒い画面が表示される場合の原因と対処方法9選!

5分で読める

カテゴリ:パーティション管理|更新日:2024-06-14 17:15:43

biosアップデートは、PCの基本的な動作を制御するファームウェアを更新するプロセスですが、時にbiosアップデート失敗やbios更新失敗が発生します。このような場合、パソコン 画面 黒い状態となり、正常に起動できなくなることがあります。特に、Windows 起動 しない 黒い 画面の問題は深刻で、PCがまったく動作しなくなることもあります。

biosアップデート失敗の原因はさまざまですが、アップデート中の停電や電源の切断、アップデートファイルの破損、互換性のないアップデートの実行などが考えられます。これらの問題を解決するために、さまざまな対処方法を試す必要があります。ここでは、biosアップデート失敗で黒い画面が表示された場合の対処方法を紹介します。

Part1.BIOSアップデート失敗で黒い画面が表示されるのはなぜですか

  • ①停電や電源の切断:

    アップデート中に停電や不意の電源オフが発生すると、biosが破損する可能性があります。

  • ②アップデートファイルの破損:

    ダウンロードしたアップデートファイルが破損していると、biosの更新に失敗します。

  • ③互換性の問題:

    PCのハードウェアに適合しないアップデートを実行すると、biosが正常に動作しなくなります。

  • ④アップデートの中断:

    アップデート中にエラーが発生し、中断された場合、biosが不安定な状態になります。

これらの原因により、PCの画面が黒くなり、Windowsが起動しないなどの症状が発生することがあります。

Part2.BIOSアップデート失敗で黒い画面が表示される場合の対処方法

biosアップデート失敗によって黒い画面が表示された場合、以下の対処方法を試してみましょう。

1.ケーブルとモニターを正しく接続する

まず、PCとモニターの接続が正しいか確認します。HDMIやDisplayPortなどのケーブルが緩んでいないか、モニターが正常に動作しているかをチェックします。

2.外部ペリフェラルのプラグを抜く

外部デバイスが干渉している可能性があるため、USB機器や外部ドライブなど、不要なペリフェラルを取り外してからPCを再起動します。

3.BIOSを初期化する

ノートパソコンのメーカーロゴは表示されるけれど、そのまま画面が真っ暗になって正常に起動しないケースではbiosなどによって問題が生じている可能性がありますので、bios 初期化すると改善されることがあります。

パソコンを起動するとメーカーロゴが表示されるので、機種ごとによって定められているbiosの設定画面を開くボタンを押します。

  • 「Load Optimized Defaults?」などの項目を選び「Enter」キーを押します。

    ディスクのクローン作成が完了
  • 「Save configuration and reset?」と表示されたら「Yes」を選択します。

    ディスクのクローン作成が完了

 4.4DDiG Partition Managerで黒い画面を修正する

biosアップデート失敗によって、ハードディスクやパーティションが壊れた可能性があります。4DDiG Partition Managerの「パーティション修復」機能を使って、壊れたパーティションを修復しましょう。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • 4DDiG Partition Managerをインストールして起動します。左のメニューバーで「パーティション回復」を選択し、「パーティションを修復する」を選択します。

    修復したいパーティションを選択
  • 修復したいパーティションがあるディスクを選択し、「今すぐ修復」をクリックして進みます。パーティションの修復に成功したら、「完了」をクリックします。

    「今すぐ修復」をクリックして進みます
ノート

パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

5.スタートアップ修復を実行する

スタートアップ修復を実行して、Windowsが正常に起動できるように試みます。

6.高速スタートアップをオフにする

高速スタートアップが原因でトラブルが発生することがあります。biosにアクセスして、高速スタートアップをオフにしてからPCを再起動します。

  • Windowsの検索ボックスに「電源オプション」と入力し、Enterキーを押します。電源オプション画面が開きます。

  • 電源ボタンの動作を選択するを選択します。現在利用可能ではない設定を変更しますを選択します。

  • プロパティ画面の「ドライバ」タブを選択します。

  • 高速スタートアップ(推奨)のチェックボックスをオフにします。変更の保存を選択します。

7.ブート レコードの修復

ブート レコードの破損によって黒い画面が表示されることがあるため、コマンドプロンプトでbootrec /fixbootやbootrec /fixmbrを実行して修復します。

8.GPUを確認する

グラフィックスカードが正しく動作しているか確認します。GPUが故障している場合、黒い画面になることがあります。

タスクマネージャーを使用すると、GPUの使用率、メモリ使用量、温度などを確認することができます。タスクマネージャーを開くには、Ctrl + Shift + Escキーを押します。タスクマネージャーが開いたら、パフォーマンスタブを選択します。パフォーマンスタブには、GPUに関する情報が表示されます。

9.グラフィックスドライバのロールバック/再インストール

最新のドライバが問題を引き起こすことがあるため、ドライバをロールバックするか、再インストールして解決を試みます。

  • Windowsの検索ボックスに「デバイスマネージャー」と入力し、Enterキーを押します。デバイスマネージャーが開きます。

  • ディスプレイアダプターを展開します。グラフィックスカードを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

  • プロパティ画面の「ドライバ」タブを選択します。

  • 「ドライバのロールバック」ボタンをクリックします。画面の指示に従って操作します。

さいごに

biosアップデートの失敗で黒い画面が表示されると、PCが正常に動作しなくなることがあります。ここで紹介した対処方法を試して、問題を解決しましょう。特に、4DDiG Partition Managerは、パーティション修復などの機能を提供しており、パソコンの不具合解消に役立ちます。biosアップデート失敗の症状や、Windowsが起動しない黒い画面に対処するために、この記事を参考にしてみてください。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

村上和也 (編集者)

データ回復、Windows および Mac 関連の問題に関する執筆を専門としており、多くの人々にコンピュータの問題に対する効果的な解決策を提供してきました。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)