「WindowsのCドライブの空きが4GBしかないのですが、大幅に容量を増やす方法はないでしょうか?」

「ゴミ箱を空にして、不要なプログラムをアンインストールしたのですが、大きく容量が増えませんでした。何か手段はありませんか?」

ストレージの空きを増やすために、Windowsの不要なプログラムやデータを削除するのも、たしかに一つの手段です。一方で、大容量のハードディスクにアップグレードするなど、他にも手段はあります。

この記事では、Windowsの空き容量を増やす、いくつかの手段を解説します。

  1. 方法1:不要なデータを削除してWindowsの空き容量を増やす
  2. 方法2:大容量のハードディスクにアップグレードしてWindowsの空き容量を増やす
  3. まとめ

方法1:不要なデータを削除してWindowsの空き容量を増やす

Windowsにおいて不要なデータを手軽に削除する方法は、大きく分けて3つあります。

1.ごみ箱を利用する

もう見なくなった画像や動画データなどを、PC内に放置してはいませんか?無駄な手間をかけないためにも、本当に不必要なデータのみ削除するようにしましょう。

また、ごみ箱に入れた不必要なデータを定期的に削除する、ストレージセンサーという機能もWindowsにはあります。

以下の手順で設定できるので、ごみ箱を空にする手間を省きたい場合は、活用してみましょう。(Windows 10の場合)

  1. Windowsのスタートアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「システム」をクリックします。
  3. ストレージをクリックし、ストレージセンサーをオンにして完了です。

    ストレージセンサーをオンにする
  4. ストレージセンサーのごみ箱の中身が削除されるタイミングは、デフォルトでは30日で設定されていますが、以下の手順で変更することもできます。

    ストレージオンオフの下にある、「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリックします。

    ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する
  5. 「ごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」の項目から、希望の日数を選択します。

    希望の日数を選択

2.不要なプログラムをアンインストールする

使わなくなったプログラムをアンインストールすることで、空き容量を増やすこともできます。手順は以下の通りです。

  1. Windowsのスタートアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「アプリ」をクリックします。
  3. 「アプリと機能」をクリックし、削除したいアプリを見つけ、「アンインストール」をクリックします。

    不要なプログラムをアンインストール

3.ディスククリーンアップを利用する

Webページを閲覧した際や、アプリで作成される一時ファイルは、放っておくと意外と容量を圧迫してしまいます。

ディスククリーンアップとは、それらの一時ファイルを安全に削除して、空き容量を増やすことができるWindowsの既存機能です。

  1. 画面下部の検索ボックスに、「ディスククリーンアップ」と入力し、「ディスククリーンアップ」をクリックします。

    ディスククリーンアップ
  2. 削除するファイルを指定し、「OK」をクリックします。

    削除するファイルを指定
  3. 以下のような画面がポップアップされるので、「ファイルの削除」をクリックします。

    ファイルの削除

方法2:大容量のハードディスクにアップグレードしてWindowsの空き容量を増やす

不要データを削除しても、まだ空き容量が不足している場合は、大容量のハードディスクにアップグレードすることも有効的な手段です。

注意点として、ハードディスクをアップロードする際は、データやドライブ、プログラム、OS、設定などの正確なコピーを作成する必要があります。そのため、自力でアップロードするのは手間がかかりリスクもありますので、OS移行ソフトの利用をおすすめします。

当記事でおすすめするのは、4DDiG Partition Managerというソフトです。「4DDiG Partition Manager」はOSやアプリ、設定などを維持しながら、大きなハードディスクへアップグレードできます。

無料ダウンロード

Windows向け

安全なダウンロード

  1. 4DDiG Partition Managerをダウンロードして起動します。左側の「OSの移行」を選択します。新しいドライブをターゲットディスクとして選択します。「開始」をクリックしてシステム移行プロセスを開始します。

    移行先のターゲットディスクを選択
    注意:「システムの移行中に、ターゲットディスク上のすべてのパーティションとファイルが上書きされます。」というプロンプトが表示されます。したがって、重要なデータについては、特定の場所または外付けハードドライブにバックアップしてください。
  2. システムの移行は開始されます。ドライブのサイズによっては、完了するまでに時間がかかります。移行速度、経過時間など関連のデータを確認できます。

    システムの移行を開始
  3. しばらくすると、システムは移行を完了します。

    システム移行完了

期間限定:パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

まとめ

Windows内のデータの削除だけで希望の空き容量まで増やすのであれば、不要なプログラムのアンインストールや、ディスククリーンアップなどを試してみてください。

大幅にWindows内の空き容量を増やす場合は、ハードディスクのアップデートを行いましょう。おすすめのは「4DDiG Partition Manager」です。「Windowsの空き容量が不足したので増やしたい」というお悩みは、多くの人が直面します。今回の記事を参考にしていただき、何よりも安全に空き容量を増やすことができるよう、実践してみてくださいね。

無料ダウンロード

PC向け

安全的なダウンロード

4DDiG Partition Manager

4DDiG Partition Manager

4DDiG Partition Managerは、システムを再インストールすることなく、ワンクリックでWindows OSをSSDに移行し、データのバックアップなどのために効果的にハードドライブ全体をクローンすることができるシンプルで安全なプロフェッショナルシステム移行ツールです。インストールされたアプリケーション、システムアップデート、ドライバ、カスタム設定をコンピュータ間で安全に移行することができます。

(この記事を評価する)

平均点 4.5人が評価しました)