「Macを使っていて外付けSSDを使いたいのだけれども、認識しない。原因と対処法を教えて欲しい。」と困っている方もいるのではないでしょうか。

Macを使っていると外付けSSDが、上手く認識しない場合があります。この記事では、Macが外付けSSDを認識しない場合の原因と対処法を紹介しています。

  1. Part1:Macで外付け SSDが認識しない原因
  2. Part2:Macで外付けSSDが認識しない症状及び対処法
  3. Part3:まとめ

Part1:Macで外付け SSDが認識しない原因

原因1.筐体不良・電源不良

機器の外側や電源に問題があることにより、Macで外付けSSDが認識しないことがあります。

原因2.物理的な障害

ハードウェア自体が物理的に破損していることによって、認識しないのかもしれません。SSDは可動部がないため、静電気や熱などに弱く、経年劣化も早いです。そのため、物理的な障害で認識しないこともよくあります。

原因3.論理的な障害

記憶媒体に保存されているデータが論理的に破損していることにより、Macで外付けSSDが認識しないことがあります。

Part2:Macで外付けSSDが認識しない症状及び対処法

Macbookで外付けSSDが認識しなくなっている症状と対処法は、主に下記の4つです。

症状1:電源を入れてもSSDが動かない

電源を入れても外付けSSDが動かない場合は、再度接続し直し、ケーブルやUSBポートを交換しましょう。

対処:再度接続し直し、ケーブルやUSBポートを交換する

まずは単純に、外付けSSDをMacで接続し直してみて下さい。それでも解決しない場合には、接続しているケーブルやUSBポートを交換してみるのがオススメです。

症状2:外付けSSDをPCに繋いでも認識しない

外付けSSDをPCに繋いでも認識しない場合は、フォーマットやBIOSの確認、問題の診断と修復を行う必要があります。

対処1:フォーマットする

外付けSSDをPCに繋いでも反応しない場合は、外付けSSDをフォーマット(該当の機器で使用できるように、管理する領域を設定)することが必要です。

しかし外付けSSDをフォーマットすると内部のデータが以前のように使用できなくなるため、ハードディスク内に何かデータが保存されている場合は、別の場所にバックアップを取っておきましょう。

対処2:Macの設定を見直す

Macの設定が上手くされていない影響で、外付けSSDをMacに繋いでも認識しないのかもしれません。

  1. 画面上にある「Finder」をクリックし、「環境設定…」を選択します。

    環境設定
  2. 「外部ディスク」にチェックを入れます。これにチェックが入っていないと、外付けSSDをMacに繋いでも認識しない場合があります。

    外部ディスクを選択

対処3:外付けSSDの問題を診断し、修復する

外付けSSDにどのような問題があるのかを調べ、修復してみることにより、問題が解決することもあります。

  1. 該当のSSDを接続し、「ディスクユーティリティ」を開きます。

    「ディスクユーティリティ」を開く
  2. 接続した外付けSSDを選択します。

    外付けSSDを選択
  3. 「First Aid」をクリック。

    「First Aid」をクリック
  4. 「実行」をクリックして下さい。

    「実行」をクリック
  5. この画面が表示されたら、手順は完了です。「完了」をクリックして下さい。

    「完了」をクリック

症状3:フォルダやファイルが開けない

対処:デバイスドライバを更新する

オペレーティングシステムという、該当機器を制御するためのプログラムがあります。該当SSDのデバイスドライバがあれば、更新しておきましょう。

症状4:「フォーマットしてください」「アクセスできません」などのエラーが出る

対処1:復元ソフトで故障したSSDからデータを復元

復元ソフトを活用すれば、SSDからデータを復元できます。復元ソフトは様々なものがありますが、高い復元率で復旧でき、操作が簡単なデータ復元ソフト「4DDiG」がオススメです。

ここでは「4DDiG」を活用し、SSDからデータを復元する方法を解説します。

  1. 「4DDiG」インストールし、外付けSSDを接続して、ソフトを起動します。

  2. 外付けSSDを選択し、「スキャン」をクリック。

    「スキャン」をクリック
  3. 復元したいファイルや写真を選択し、チェックを入れます。すべて復元したい場合は、画像のようにチェックを入れて下さい。

    一部のファイルだけを復元したい場合もあるかもしれません。例えば写真だけを復元したいときには、「フォルダ」から「写真」をクリックすると、写真を復元できます。その写真の中で、一部の写真だけを復元したい場合は、復元したいファイルをクリックして下さい。

    チェックを入れ終えたら、右下にある「復元」をクリック。

    「復元」をクリック
  4. どこに復元するのか、選択して「開く」をクリックします。以前保存していた場所を選択すると、上手く復元できない場合があるため、必ず別の場所を選択して下さい。オススメはデスクトップに復元される「Desktop」です。

    保存場所を選択
  5. この画面が表示されたら、復元は完了です。

    復元完了

対処2:復旧業者に相談

SSDのデータ復旧を専門に取り扱っている業者に頼むことにより、自分でする作業は最低限で復旧できます。復旧作業が楽になるため、忙しい方には最適といえます。しかし費用と依頼するまでの時間が多く掛かるため、あまりオススメできる方法ではありません。

Part3:まとめ

以上、Macが外付けSSDを認識しない場合の原因と対処法を紹介しました。

Macが外付けSSDを認識しない場合の原因は、筐体や電源の不良や物理・論理的な傷害などと、様々です。電源を入れても動かなかったり、Macに繋いでも認識しないなどと状況により、対処法は異なるため、方法を見極めて問題解決しましょう。

「4DDiG」などの復元ソフトを活用すれば、時間も手間も省き、外付けSSD内のデータを取り出せすことが可能です。是非試してみて下さい。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)