自力でSSDから削除したデータを復旧する方法

authorPic 村上和也 最終更新日 2022-11-24 17:23:45コンピューターデータ復元に行く

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)はHDDと比べてデータの読み書きが高速であることから、パソコン内部のデータ記録媒体として、または外付けSSDとして数多くの人が使用するようになってきています。重要なデータが保存されているSSDですが、一方でデータが消えてしまったり、データ取り出しができなくなってしまったりと、トラブルも多く発生しています。SSDからデータを復旧するには具体的にどうすれば良いのでしょうか?ここでは、SSDに保存されたデータが消える原因から自力でデータを復旧する具体的な方法までご紹介していきます。

SSD復元に興味がある人は、この動画を見て行きましょう!

Part1: SSDに保存されたデータが消えた原因

SSDは書き込み回数に上限があることから、データそのものが破損する論理障害が発生しやすい記憶媒体と言われています。また、1つのディスクにデータを保存するHDDと異なり、SSDは複数のフラッシュメモリチップを組み合わせて構成されていて、複数の記憶領域にデータを分散させて保存し、分散させたデータを集めて復元することでデータを読み出しています。そのため、複数のメモリチップの内、1枚でも異常が起こると、SSD内の全てのデータが見られなくなる恐れがあります。また、フラッシュメモリチップとパソコンを接続するコントローラチップに異常が発生することもあり、ドライブそのものが認識されなくなることもあります。

SSDの論理障害によりパソコンが起動しなくなるケースもあり、データを取り出すことが困難になる恐れもあります。

Part2: 業者に頼んでSSDデータを復旧

パソコンなどのデータ復元における代表的な方法の1つは、データ復旧の専門業者に依頼することです。自分だけでは解決できなかったり、データ破損が水に濡れたり衝撃を与えたりしたなどの物理障害によるものだったりした場合は、専門業者に頼むことになるかと思います。

しかしながら、SSDは複雑な仕組みや精密なパーツで動作しており、HDDと比較してデータの復旧が難しいメディアとされています。SSDを復旧するにはかなり高度な知識や技術が必要で、費用がHDDの復旧と比較して高くつくのに、復元に失敗するといったケースもあります。最初からSSDの復旧は不可能と診断する業者も中にはいるそうです。SSDの復旧は失敗してしまうと、状態がより悪化してデータの復元が困難になるという厄介な特徴があります。そのため、最初から信頼のできる業者を探し出さなければなりません。 SSDの復元は非常に難しく、SSDを復旧できる専門業者を探すのは時間がかかることを覚えておきましょう。

Part3: 復元ソフトでSSDのデータを復旧

SSDにあるデータを復旧するために専門業者に依頼すると、コストがかかる、必要な問い合わせや配達・持ち込みの手間や時間がかかるといったデメリットがあります。自力で、かつ手軽にできるおすすめの復旧方法はないのでしょうか?

おすすめのSSDデータ復旧方法として、データ復元ソフトを利用する方法があります。データ復元ソフトは自力でSSDにあるデータを復旧し、取り出すことができます。特におすすめのデータ復元ソフトはTenorshare 4DDiGというソフトです。Tenorshare 4DDiGは、誤った削除やごみ箱を空にして失ったデータから、SSDなどのフォーマット・システムの破損・悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元することが可能です。ソフトをダウンロードしてすぐに実行でき、自力で解決できるので時間や手間がかかりません。無料で使えるのでコストもかからず、操作も非常に簡単です。

SSDの復旧率を高めるため、まずはTrim機能をオフにします。

手順1.キーボードで「Win+R」を押して「cmd」と入力します。「Enter」キーを押します。

手順2.次のコマンドを入力します: fsutil behavior set DisableDeleteNotify 1 そして、「Enter」キーを押します。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

ファイルが失われた場所SSDを選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
復元したいファイルが保存した場所を選択
そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
選択したファイルを復旧

Part4: まとめ

以上はSSDに保存されたデータが消える原因とデータを復旧する方法をご紹介しました。SSDには大切なデータを数多く保存しているかと思いますが、そのデータが消えてしまうのは困りますよね?SSDは倫理障害で突然データが破損する、データにアクセスできなくなるといった可能性が高いので、SSDのデータ復旧について今回の記事の内容を覚えておきましょう。データ復旧ソフトTenorshare 4DDiGは、データ復旧や取り出しが困難とされるSSDに対しても手軽に使うことができるのでおすすめです。自力でSSDのデータを復旧したい人は是非試してみてはいかがでしょうか?

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)

人気記事