「Macを使っていて、外付けSSDから削除したデータを復元したいのだけれど、どうすればいい?」と疑問に思っているかもしれません。

外付けSSDから削減したデータを復元する機会は少ないため、突然やる必要が発生しても、何をすればよいのか、分からない方も多いでしょう。そのためこの記事では、外付けSSDの故障の原因や注意点、写真復旧方法を解説しています。

  1. Part 1: 外付けSSDとは、またその故障の原因
  2. Part 2: 外付けSSDが故障したときの注意点
  3. Part 3: Macで外付けSSDが故障したときの写真復旧方法
  4. Part 4: まとめ

Part 1: 外付けSSDとは、またその故障の原因

Macに元々入っている記憶装置ではなく、あとから容量を増やすために接続するのが外付けSSDです。

  • USBケーブルの接続不良

    外付けSSDが故障したのではなく、それを接続しているUSBケーブルの接続不良により、外付けSSDが使用できない場合もあります。

  • 外付けSSDパーティション紛失

    SSDなどの保存装置は、内部をいくつかのパーティションとして分離させ、保存しています。パーティションが消えるのと同じような状況となり、外付けSSDが使用できない場合もあります。

  • パソコンからの電力供給不足

    パソコンからの電力の供給が不足していることにより、外付けSSDが上手く使用できないのかもしれません。

  • 外付けSSD本体の故障

    外付けSSDの内部が故障していることにより、使用できない場合もあります。

Part 2: 外付けSSDが故障したときの注意点

  • フォーマット(初期化)しない

    外付けSSDが故障したときにフォーマット(初期化)してしまうと、SSDに保存したデータが消えてしまいます。どこかにバックアップを取っておかないと、後で復元することが困難なので、フォーマット(初期化)は控えて下さい。

  • ケーブルの抜き差しを繰り返す

    ケーブルの抜き差しを繰り返すことにより、Macなどのデバイスに刺激を与えすぎていまい、逆効果になります。

  • パソコンに接続したまま放置する

    外付けSSDを接続したまま放置することは、Macなどのデバイスに負担を掛けてしまうため、オススメできません。

  • 叩くなどして衝撃を与える

    叩くなどして衝撃を与えてしまうと、外付けSSDをより傷つけてしまう要因となります。

Part 3: Macで外付けSSDが故障したときの写真復旧方法

方法1.Time Machineを使用する(Mac)

事前にその他の記憶装置にバックアップしていれば、Appleが開発しているTime Machineを使用して、写真を復旧できます。

  1. バックアップした記憶装置を接続します。

    外付けSSDを接続
  2. 復元したいバックアップを選択します。

    バックアップを選択
  3. 復旧したい写真を選択し、デスクトップ画面に移行させれば、完了です。

    写真を復元

方法2.Google フォトから写真を復元

予めGoogleフォトに写真をアップロードしていれば、復旧できます。2021年6月からは無料プランでは15GBまでと制限が追加されましたが、使用料金を支払えば、容量を追加することも可能です。

  1. Googleフォトにアクセスして下さい。
  2. 復旧したい写真を選択します。

    写真を選択
  3. 赤枠で囲んだ部分をクリック。

    グーグルフォートを選択
  4. 「ダウンロード」をクリックすると、接続したsdカードやフォトデバイスに保存されます。ダウンロードできない場合は、もう一度やり直してみたり、設定を確認するのがオススメです。

    写真をダウンロード

方法3.データ復元ソフトで復元

データ復元ソフト「4DDiG」などのデータ復元ソフトを活用すれば、安く使い方も簡単に、写真を復旧できます。口コミでの評価も良いため、安全性が保証されているといえます。

どのCPUを搭載しているMacでも利用可能。さらにWindows版もあるため、Windowsユーザーの方にもオススメできるデータ復旧ソフトです。

  1. 4DDIGデータ復元ソフトを公式サイトからインストールし、完了したら起動します。

  2. 外付けSSDを接続して選択し、「スキャン」をクリック。

    「スキャン」をクリック
  3. 復旧したい写真を選択し、「復元」をクリックします。復旧したい写真が上手く見つけられないときには、上にある検索機能をご利用下さい。

    「復元」をクリック
  4. 写真をどの場所に復旧するのかを選択します。元々保存したことがある場所には保存できないため、そうではないところを選んで下さい。

    保存場所を選択
  5. この画面が表示されたら、復旧は完了です。

    復元完了

方法4.データ復旧業者に相談

データ復旧業者に相談することにより、Macで外付けSSDが故障しても写真を復旧可能。

しかし価格も高額で、復旧業者に即日対応してもらうことは難しいため、あまりオススメできる方法ではありません。

Part 4: まとめ

以上、Macで外付けSSDの故障の原因や注意点、写真復旧方法を解説しました。

Macで外付けSSD自体が故障していると思い込んでいても、そうではない場合もあるため、試行錯誤してみることが必要です。故障したときには、フォーマットをしたり、外付けSSDに衝撃を与えるなど、デバイスや外付けSSDに衝撃を与えることは控えて下さい。

Macで外付けSSDに保存していた写真を復旧するには、4DDiGなどのデータ復元ソフトを活用することがオススメ。知識がない方でも、簡単に復旧できます。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)