「MacOSを使っているのだけれど、zipファイルが正常に展開できない。その理由と対処法について知りたい。」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

Macを使っていると、zipファイルが正常に解凍できないトラブルがあります。この記事では、なぜzipファイルが正常に解凍できないのか、Macでの対処法について解説していくため、参考にして下さい。

  1. Part1:圧縮ファイル どれ?
  2. Part2:MacでZIPファイルを解凍できないときに表示されたエラー内容
  3. Part3:Mac OSでZipファイル 解凍できない なぜ?原因と対策を紹介
  4. Part4:まとめ

Part1:圧縮ファイル どれ?

ファイルの圧縮形式

圧縮ファイルには、それぞれ特徴があります。

  • zip

    例えば、MacやWindowsでファイルを圧縮しようとするとデフォルトではzipになっているため、最も使われています。また海外でも頻繁に利用されているため、外国の方とやり取りをする場合にオススメです。

    しかし圧縮には条件があり、4GB以上のファイルと圧縮して2GB以上になるファイルは、圧縮できないため、サイズが大きいファイルは扱えません。

  • rar

    標準で圧縮・解凍が行えないため、専用ソフトのインストールが必要とされます。圧縮率が高いため、できるだけ圧縮したい場合にオススメです。また分割して圧縮できるため、サイズの大きいファイルも扱えます。

  • 7z

    16EB(GB、TB、PBの次の単位がEB)も扱えるため、基本的にはどのようなサイズ容量でも圧縮・解凍できます。しかしMacやWindowsでは、専用ソフトが必要です。

  • LZH

    LZHは、圧縮・解凍の速さが特徴的。Windowsでは標準で解凍できますが、Macでは専用ソフトのインストールが必須です。

Part2:MacでZIPファイルを解凍できないときに表示されたエラー内容

Macでzipファイルが解凍できない時に、エラー22などが表示されることがあります。エラーの番号により原因が異なりますので、エラー番号をインターネットで検索することをオススメ。原因と対策を後述していますので、エラーの原因に合った項目を確認して下さい。

Part3:Mac OSでZipファイルが解凍できないのはなぜ?原因と対策を紹介

原因1:ファイルが破損している

対策①:ファイルをダウンロードし直す

現在のファイルが破損しているようであれば、まずは再度ダウンロードしてみましょう。

対策②:データ復元ソフトで破損した圧縮ファイルを復元

データ復元ソフトを活用すれば、破損した圧縮ファイルを復元可能です。特に「4DDiG」を活用すれば、パソコンに関する知識がない方でも復元できるほど簡単。

ここでは「4DDiG」を活用し、破損した圧縮ファイルの復元方法を解説します。

  1. 公式ホームページから「4DDiG」をインストールし、ソフトを起動して下さい。

  2. 復元したいファイルがあるハードディスクを選択し、「スキャン」をクリックして下さい。

    スキャン場所を選択
  3. 復元したいファイルにチェックを入れ、「復元」をクリックします。例えばzipファイルを探したい場合は「.zip」と検索欄を活用して、検索すれば、簡単にファイルを探し出せます。

    zipファイルを復元
  4. 復元したい場所を選択します。以前と同じ場所を選択すると、上手く保存できませんので、必ず別の場所を選択するようにして下さい。デスクトップ画面に保存される「Desktop」を選ぶことを勧めます。

    保存場所を選択
  5. この画面が表示されたら、復元は完了です。

    復元完了

原因2:ファイルの容量制限オーバー

MacOSが標準で解凍可能な圧縮ファイルの容量には、制限があります。zipファイルが解凍できないのは、制限以上の容量があることにより、解凍できないのかもしれません。

対策:大容量ファイル対応の圧縮・解凍ソフトを利用

大容量ファイル対応の圧縮・解凍ソフトを利用すれば、この問題を解決できます。「7-zip」などの無料ソフトがあるため、それをインストールし、試してみるのがオススメです。

原因3:Windowsで圧縮した影響で、Macから見ると文字化けしている

Windowsで圧縮したことにより、Macから見ると文字化けしており、通常通りにzipファイルが開けない可能性があります。基本的にWindowsとMacは互換性がありますが、たまに文字化けなどのエラーが発生することも。

対策①:解凍のソフトを変更する

標準で解凍するのではなく解凍専門のソフトを用いることで、問題が解決するかもしれません。

  • Oka Unarchiver

    「Oka Unarchiver」は、簡単な手順で圧縮・解凍が可能です。

  • The Unarchiver

    「The Unarchiver」は、40種類以上の圧縮形式に対応していますので、基本的にはどのファイルでも圧縮・解凍が可能です。

対策②:ターミナルコマンドを利用する

MacOSの純正アプリ「ターミナル」でコマンドを入力すれば、問題が解決するかもしれません。

  1. 該当のファイルをデスクトップ画面に移動させます。
  2. 「ターミナル」を起動して下さい。
  3. 「$ unzip zipファイルのファイルパス .」と入力します。該当のzipファイルを右クリックし、オプションキーを押すと「パス名をコピー」と表示されるため、これをクリックするとファイルパスが分かります。

Part4:まとめ

以上、Macでzipファイルが正常に解凍できない理由や、その対処法について解説しました。

ファイルの破損や容量制限、Windowsで圧縮した影響などと、zipファイルが正常に解凍できない理由は様々です。例えばファイルの破損であれば、再ダウンロードや復元ソフトの利用などと、原因によって対処法がありますので、それらを試してみて下さい。

また破損した圧縮ファイルを復元するには「4DDiG」などのソフトを活用するのがオススメ。パソコンに関する知識がない方でも簡単に復元できますので、試してみて下さい。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)