iPhotoで消した写真を復元する方法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-09-10 09:37:53コンピューターデータ復元に行く

MacやiPhoneなどのAppleユーザーは、写真管理ソフトウェアの「iPhoto」をよく利用しているかと思います。このiPhotoライブラリで、写真を間違って消してしまったり、突然のシステム障害などで写真が消えたりしたことはありませんか?iPhotoライブラリで消えた写真を復元するにはどうしたら良いのでしょうか?

ここでは、iPhotoライブラリで消えた写真を復元する方法をご紹介いたします。

Part 1: 強力なデータ復元ソフトで、iPhotoで消した写真を復元する

iPhotoライブラリのバックアップがあれば、そこから消えた写真を復元できますが、バックアップを取っていなかったとしても、強力なデータ復元ソフト4DDiG-Macがあれば、写真を復元することが可能です。

4DDiGとは、誤って削除したデータから、システムクラッシュ、フォーマット、データの破損、悪質なウイルスなどで失ったデータまで復元できる強力なソフトです。データの種類問わず復元でき、事前に何かを設定したり、専門知識が必要だったりすることもなく、簡単な操作でファイルを復元することができます。強力なデータ復元ソフト4DDiGの使用方法について説明していきます。

4DDiG-Macをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

ファイルが保存されていた場所を選択して、「スキャン」をクリックします。
スキャンをクリック
しばらく待つと、スキャン結果が出ます。復元したいファイルを選び、「復元」をクリックします。
復元をクリック
見つけたファイルを保存するための場所を選んで’、すると、「復元完了」できます。
復元完了

注意: データの新しい保存先は、元の保存場所にはしないでください。

Part 2: iPhotoのゴミ箱から、消えた写真を復元する

iPhotoのゴミ箱にデータが残っていれば、ゴミ箱内の写真を右クリックして「iPhotoライブラリの復元」を選択すれば、消えた写真を復元することができます。

iPhotoのゴミ箱から消えた写真を復元する

Part 3: iPhotoライブラリの再構築

iPhotoライブラリは、うまく写真が表示されないトラブルが数多くあるようです。復元した写真が表示されない場合にも備え、ここでは、iPhotoライブラリを再構築する方法をご紹介します。

「Option」キーと「Command」キーを同時に押しながらiPhotoをクリックして起動します。
「フォトライブラリを再構築」ダイアログが表示されます。チェックを入れて「再構築」をクリックします。
iPhotoライブラリの再構築

時間があれば、すべてのチェックボックスにチェックを入れて再構築すれば良いかと思いますが、上記2つにチェックを入れたら、iPhotoライブラリを再構築することができます。

Part 4: まとめ

「iPhotoで消した写真を復元する方法」と題して、iPhotoライブラリで消えた写真を復元する方法をご紹介しました。

iPhotoライブラリは動作が不安定になることが多々あり、写真が消えてしまうこともあります。写真のバックアップがなかったとしても、強力なデータ復元ソフト4DDiG-Macを使用することで、データの復元が可能です。操作も簡単なので、オススメです。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)