「XMLファイルをMacで開けなくて、困っている。そもそもXMLファイルって何なの?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、XMLファイルの概要やMacでの開き方、復元方法を解説しています。

  1. Part1:XMLファイルとは
  2. Part2:MacでXMLファイルを開く方法【5つ】
  3. Part3:Macで誤って削除したXMLファイルを復元する方法
  4. Part4:XMLファイルについてよくある質問

Part1:XMLファイルとは

XMLファイルとは、拡張子がXMLのファイル。Xtensible Markup Languageの略称です。拡張可能マークアップ言語を指します。基本的に文字とデータを表すファイルで、記述形式がわかりやすいのが特徴です。

Part2:MacでXMLファイルを開く方法【5つ】

1.Safariなどのブラウザを使用

Safariなどのブラウザを開き、XMLファイルをドラッグ&ドロップをすることにより、XMLファイルを開くことがMacで可能です。

  1. Safariなどのブラウザを開きます。

    Safariを開く
  2. URLを打ち込む欄に、XMLファイルをドラッグ&ドロップすれば、ファイルを確認できます。

    XMLファイルをドラッグ

2.テキストエディタを使用

Mac純正ソフトである「テキストエディット」を使うことにより、XMLファイルを開けます。

  1. テキストエディットを開きます。

    テキストエディットを開く
  2. 該当のXMLファイルを選択して、「開く」をクリック。

    XMLファイルを開く

3.Excelを使用

XMLファイルは、Excelを使うことにより、開くことが可能です。Excelではオートフィルタを自動的につけてくれるため、ブラウザで開くよりも、便利に使えるでしょう。

  1. Excelで、何もないExcelデータを作成し、XMLファイルをエクセルに、ドロッグ&ドラップして開くことが可能です。

    XMLファイルをエクセルに
  2. XMLを開くという画面が表示されますので、「OK」をクリックすれば、手順は完了です。

    XMLを開く

4.XMLビューアを使用

XMLファイルをMacで開くには、XMLビューアという拡張機能でアクセスし、導入するのがオススメです。

  1. XMLビューアをインストールします。

  2. 「(ブラウザ名)に追加」を押すと、拡張機能として導入されます。

    (ブラウザ名)に追加
  3. 導入されて拡張機能を開くと、XMLビューアが使えるようになります。「あなたからPC」を選択するとパソコンから、「Googleドライブから」を選択すると、GoogleドライブにあるXMLファイルを開けます。

    拡張機能を開く

5.XMLファイルをオンラインで開く

拡張子がXMLのファイルの開き方は、WEBサービスを使うこと。オススメのWEBサービスは、Codebeautify.orgとXMLViewerXMLGrid.netです。

Codebeautify.org

  1. サイトにアクセスします。

  2. XML Inputの欄に、ファイルをドラッグ&ドロップします。

    XML Inputの欄にドラッグ

XMLViewerXMLGrid.net

  1. サイトにアクセスします。

  2. 四角い部分にファイルをドラッグ&ドロップします。

    四角い部分にファイルをドラッグ

Part3:Macで誤って削除したXMLファイルを復元する方法

データ復元ソフト「4DDiG」で削除したXMLファイルを復元

Macで誤ってXMLファイルを削除した場合でも、データ復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」を活用すれば、XMLファイルを復元できます。「4DDiG」は1,000以上のファイル形式に対応しており、もちろんXML形式にも対応しています。やり方も簡単ですので、是非試してみて下さい。

  1. 公式ホームページから「4DDiG」をインストールし、ソフトを起動して下さい。

  2. ハードディスクドライブを選択し「スキャン」を選択します。

    「スキャン」をクリック
  3. 復元したいXMLファイルにチェックを入れ、「復元」を選択して下さい。検索機能もありますので、必要に応じて活用するのがオススメです。

    「復元」をクリック
  4. 先ほどチェックを入れたファイルを、どこに復元するのか選択し「開く」をクリックします。以前保存した場所を選ぶと上手く復元できませんので、必ず別の場所を選択するようにして下さい。

    保存場所を選択
  5. この画面が表示されたら、手順は完了です。

    復元完了

Part4:XMLファイルについてよくある質問

Q#1)なぜXML?

XML形式のファイルは、フォルダーを分けてファイルを整理するように、製品・カテゴリー・性能などを区分けして記述できます。このように階層化することによって、人間側にも理解しやすく、コンピューター側も制御しやすいデータになるというわけです。

これらの理由から、XMLファイルが用いられています。

Q#2)HTMLとXMLの違いは何ですか?

HTMLはWebページを記述するためのマークアップ言語で、XMLと同じく文章中の文字列をタグで挟むことで、Webページに装飾できます。XMLはデータ記述用の言語で、文書中のデータをわかりやすくしたり、データを交換したりできます。

すなわち、HTMLは、人間に情報をわかりやすく表示するための言語。XMLは、マシンに情報をわかりやすく、効率よく伝えるための言語といえます。

まとめ

以上、XMLファイルの概要や開く方法、復元方法を解説しました。

XMLファイルとは、文字とデータを表すファイルで、記述形式がわかりやすいのが特徴です。ブラウザやテキストエディタ、Excel、XMLビューア、WEBサービスを活用することにより、XMLファイルが開けます。

XMLファイルを誤って削除した場合も、データ復元ソフト「4DDiG」を活用することよれば、簡単に復元可能ですので、よければ試してみて下さい。

4DDiG Mac Data Recovery

Tenorshare 4DDiG Mac データ復元

ごみ箱、ディスクフォーマットしたディスク、Macのハードドライブなどからデータを回復

Macですべてのデータを回復する:1000以上のフォーマットがサポートされている

2つの回復モードはMacデータ回復の成功率を高める

(この記事を評価してください)

平均点 4.5 ( 人が評価した)