【有効】Macで削除された/消えたメモ帳を復元する方法

Macでメモ帳ファイルを復元する方法を探していますか?強力なデータ復元ソフト4DDiGを試してみて行きましょう。事前設定や日数制限などなく、削除されたあらゆるデータの復元が可能です。操作も簡単なので、消えたMacのメモを復元する方法として一番おすすめです。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-09-10 09:37:53コンピューターデータ復元に行く

データのバックアップは重要です。時間をかけて編集したデータや大切なデータを間違えて消してしまったり、何かしらの不具合でデータが破損したりしても、バックアップがあればすぐに復元できるからです。では、Windows10において具体的なバックアップと復元の手順はどのようにすれば良いのでしょうか?

ここでは、Windows10でデータのバックアップと復元をする具体的な手順と、万が一バックアップしていなかったデータでも復元できるソフトをご紹介いたします。

方法 1: MacのTime Machineバックアップからメモを復元

まず、一つ目はMacのTime Machineバックアップからメモを復元する方法をご紹介します。

Dockや「システム環境設定」からTime Machineを選択します。
「ユーザー名/Library/Containers/com.apple.Notes/Data/Library/Notes/」フォルダ内にある復元したいメモを選択して、「復元」をクリックします。 バックアップデータの日付を選んでファイルを選択することも可能です。
「復元」をクリックする

方法 2: .storedataファイルからMacの消えたメモを復元

ここでは、.storedataファイルから削除されたメモを復元する方法をご紹介します。

Finderを開き、「移動」>「フォルダへ移動」をクリックします。
フォルダへ移動
ファイルパス「~/Library/Containers/com.apple.Notes/Data/Library/Notes/」を入力し、「移動」をクリックします。
~/Library/Containers/com.apple.Notes/Data/Library/Notes/を入力
「Notes」フォルダ内の「.storedata」または「.storedata-wal」などのファイルには、Macの消えたメモのテキストが含まれているかもしれませんので、「.storedata」ファイルと「.storedata-wal」ファイルを開きます(その拡張子を.htmlに変更して、開いても良い)。そして、.storedataファイルから、消えてしまったメモを復元できます。
.storedataファイルからMacの消えたメモを復元

この方法は、探すのに時間がかかることと、必ずしも消えたメモが保存されているとは限らないことに注意してください。

方法 3: iCloud.comで「最近削除した項目」からメモを復元する

ここでは、iCloud.comを使って削除されたメモを復元する方法をご紹介します。

iCloud.comの「メモ」で、左側のフォルダリストにある「最近削除した項目」を選択します。
iCloud.comで「最近削除した項目」からメモを復元する

この「最近削除した項目」が表示されない場合は、復元できるメモがないことを意味します。

復元したいメモを選択し、「復元する」をクリックします。復元したメモは「メモ」フォルダに移動します。

方法 4: Macメモの「最近削除した項目」から削除されたメモを見つける

実は、Macに保存されていたメモを削除しても、「最近削除した項目」フォルダに移動するだけなので、そこから復元が可能です(Windowsでいう「ごみ箱」と同じような感じです)。しかし、残したメモは、30日後に自動的に完全に削除されます。

方法 5: データ復元ソフト「4DDiG」でメモ帳を復元

ここまで紹介した方法は、あらかじめ設定が必要だったり、日数制限があったり、完全に削除されているメモには適用できません。しかし、ここで紹介するデータ復元ソフト4DDiG-Macを使用すれば、事前設定や日数制限なく、完全に削除されてしまったメモでも復元することが可能です。じゃあ、強力な復元ソフト4DDiGを使ったデータの復元方法について説明していきます。

 
4DDIG Macをインストール、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

      
削除したメモ帳の保存場所を選択して、「スキャン」をクリックします。
スキャン場所を選択
ファイルの一覧がでますので、その中から復元したいメモ帳を選んでいきます。
メールファイルを検出
データの選択が終わったら、画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。
メールファイルを復元

Part 6: まとめ

Macのメモを復元する方法を五つご紹介しました。前の四つはあらかじめ設定が必要だったり、日数制限があったり、完全に削除されているメモには適用できません。しかし、データ復元ソフト4DDiGは、事前設定や日数制限などなく、削除されたあらゆるデータの復元が可能です。操作も簡単なので、消えたMacのメモを復元する方法として一番おすすめです。必要なら、Windowsで削除されたメモ帳ファイルを復元する方法を読みます。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)