【2022最新】クラッシュ後のIllustratorでファイルを復元する方法

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2022-06-27 17:08:53コンピューターデータ復元に行く

Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター/イラレ)は、世界的に有名なグラフィックデザインソフトウェアです。画像編集や作成をするクリエイターをはじめ、たくさんの人がIllustratorを使用していますが、特に解像度の高く容量の大きいファイルを作成していると、Illustratorがクラッシュするトラブルに見舞われます。

保存する前に強制終了になっても、せっかく作ったデータを諦めないでください!Illustratorで保存できなかったり、破損したり、削除されたりしたファイルでも復元できます。Illustratorでファイルを復元する方法3つをここでご紹介いたします。

方法1:復元ソフト4DDiGでIllustratorのファイルを復元

最初に取り上げる方法は、復元ソフトでIllustratorのファイルを復元する方法です。ここで紹介する復元ソフトTenorshare 4DDiG は、誰でも高確率でデータを復元できるソフトなのでオススメです。誤操作やシステム障害などで削除・破損してしまったデータや、保存前だったデータを簡単に復元できます。

4DDiGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

紛失したファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、スキャンが開始されます。削除されたIllustratorのデータは以下のフォルダーに入っているので、ここでは4DDiG画面の「フォルダーを選択」からスキャン先を選択します。
「C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Illustrator[Adobe Illustratorのバージョン]Settings\ja_JP\CrashRecovery」 デスクトップをスキャンする
そこから復元したいデータをチェックしていきます。C:ドライブ全体をスキャンした場合は、検索窓のところに「.ai」と入力すると、イラストレーターの「.ai」拡張子のファイルを検索することもできます。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
復元したいファイルを選択
データの新しい保存先を選択し、「OK」をクリックすると、復元作業が開始されます。このとき、復元データの新しい保存先は、元の保存場所にはしないでください。元の場所にあったデータが上書きされてしまい、データの復元が不可能になる恐れがあります。
ファイルを復元

方法2:Illustratorの自動保存機能から保存せずファイルを復元

実は、Illustratorの2015年以降の製品では、万が一に備えた自動保存機能が搭載されているため、保存前のデータでもIllustratorで復元できます。自動保存機能は「環境設定」の左側「ファイル管理・クリップボード」を選択し、「データの復元」欄で設定を行います。

Illustratorの自動保存機能から保存せずファイルを復元
  • 「復帰データを次の間隔で自動保存」にまずはチェックを入れます。これで自動保存機能がオンになります。
  • 右にある保存の時間間隔を選びます。
  • 「複雑なドキュメントではデータの復元を無効にする」は、サイズの非常に大きなファイルや複雑なファイルだと動作が遅くなるのが気になる場合にチェックを入れて、ファイルの大きなデータ復元機能をオフにする設定です。

自動保存機能を事前に設定しておけば、Illustratorがクラッシュしても、Illustratorを再起動するだけで編集中だったファイルが自動で表示されるので、ファイル名を付けて保存して復元できます。

方法3:クラッシュ後のIllustratorの再起動と復元されたファイルの保存

方法2で、複雑なドキュメントでは動作が遅くなると述べましたが、これはクラッシュのしやすさにもつながります。クラッシュの原因はPCスペックの低さやドライバーまたはプラグインの互換性や不具合、フォントの破損などが挙げられます。

この場合、方法2でも処理しきれずに復元に失敗する可能性があります。クラッシュの原因を究明し、画質が落ちる可能性があってもファイルを復旧したい場合は、Illustratorのクラッシュ後の再起動で「診断を実行」し、セーフモードで開いてデータの復元機能を有効にします。

Illustratorの再起動時に表示される画面で「診断を実行」を選択します。
診断を実行
診断が終わると、Illustratorはセーフモードで開きます。セーフモード画面には「トラブルシューティングのヒント」以降に解決操作が記載されているので、指示に従って操作し、画面下の「再起動時に有効にする」をクリックします。
再起動時に有効にする
修正がすべて完了すると、ファイル横にチェックが入るので、「閉じる」をクリックします。これで通常では復元できなかったファイルを復元できます。
閉じる

ただし、先ほども述べたように、この方法は画質が落ちる可能性があります。確実に復元したい場合は、方法1の4DDiGをお試しください。

Part 4: まとめ

Illustratorでファイルを復元する方法3つをご紹介しましたが、一番確実に復元できる方法はデータ復元ソフト4DDiGを使用することです。Illustratorの自動保存機能や、ファイルの復元機能でも難しいファイルでも、簡単な操作で復元可能です。Illustratorはクラッシュが起こりやすいので、4DDiGをインストールして、復元できるようにしておくことをオススメします。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)

人気記事