Avast Antivirusの誤検出で削除されたファイルを復元

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2021-10-19 17:57:45コンピューターデータ復元に行く

Avast Antivirus(アバストアンチウイルス)というウイルス対策ソフトを使用したことはありますか?Avast Antivirusは、無料版でも十分なウイルス対策機能を備え、操作方法も簡単であることから、人気のあるウイルス対策ソフトの1つです。

Avast Antivirusは、ウイルス感染が疑われるファイルを隔離したり、削除したりする機能がありますが、正常なファイルまで誤検出して削除してしまうトラブルも報告されています。誤って削除されてしまったファイルを復元することは可能なのでしょうか?

ここでは、ファイルを復元する方法を具体的にご紹介いたします。

Part 1: Avast Antivirusの誤検出でファイルを削除する原因

Avast Antivirusには、リアルタイム監視機能があります。メールの送受信や、ファイルの実行やコピーの際に、リアルタイムでウイルスが混入していないか監視してくれます。ウイルスを感知した場合は、そのファイルを隔離する、または直接削除してくれます。一方で、このリアルタイム監視機能で、重要なファイルを誤って削除する可能性もあります。

Part 2: Avast Antivirusのウイルスチェストから消えたファイルを復元

Avast Antivirusのウイルスチェストという機能で、誤検知され削除されたファイルを復元することが可能です。具体的な操作をここで説明していきます。

Avast Antivirusのメイン画面左側にある「プロテクション」を選択し、「ウイルスチェスト」をクリックします。
ウイルスチェストをクリック
脅威とみなされた隔離ファイルが表示されるため、復元したいファイルを右クリックして「復元」をクリックします。または、復元したいファイルにチェックを入れ、「削除」ボタン右側の「…」を選択して「データを復元する」をクリックします。

また、ステップ2の最後で「復元して例外に追加」を選択すると、復元したファイルをAvast Antivirus側で再び誤検出するのを防ぐことができます。

復元して例外に追加

一方で、ウイルスチェストから、誤検出されたファイルが完全に削除されてしまったり、復元できなかったりする場合もあり、ウイルスチェストからすべてのファイルが復元できるわけではありません。その場合、ファイルを復元するのは不可能なのでしょうか?

Part 3: Avastウイルスチェストからファイルが復元できない場合

avastウイルスチェストからファイルが復元できない場合でも、データ復元ソフトTenorshare 4DDiGを使えば、データを復元することが可能です。

ここでは、アプリ4DDiGを使ったデータの復元方法について説明していきます。

4DDIGをインストールし、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

スキャン場所を選択して、右下にある「スタート」をクリックすると、ファイルがスキャンされます。
ゴミ箱をスキャン
そこから復元したいデータを選択していきましょう。復元するデータの選択が終わったら、画面の右下にある「復元」をクリックします。
4ddigからデータを復元

Part 4: まとめ

この記事はAvast Antivirusによってファイルが誤って削除されてしまう原因と、ファイルを復元する方法をご紹介しました。Avastのウイルスチェストからファイルが復元できない場合でも、データ復元ソフト4DDiGで復元が可能です。大切なファイルがAvast Antivirusで誤検出され、削除されてしまっても、慌てず諦めることなく、Tenorshare 4DDiGで復元しましょう。  

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事