Windows 10の隠しファイル、フォルダを作成・表示

authorPic 加藤篤人 最終更新日 2024-01-16 10:43:41コンピューターデータ復元に行く

「隠しファイル」という設定がWindowsにあり、ファイルやフォルダが「隠しファイル」に設定されていると、デフォルトでは表示されません。隠しファイルのことを知らないと、システムファイルなどの変更の際、ファイルが見つからず困ってしまいます。一方で、隠しファイルの表示方法を知り、自分でも隠しファイルを作ることができれば便利ですよね。

この記事ではWindows10での隠しファイルの表示方法と作成方法をご説明します。また、隠しファイルに何かトラブルがあっても検索して復元できるソフトもご紹介いたします。

Part1:Windowsの隠しファイル、フォルダは何か?

Windowsの隠しファイルは、初期設定ではエクスプローラーに表示されません。これでファイルやフォルダを簡単に削除または変更されなくなります。

初期設定では、隠しファイルは主にOSに必要なシステムファイル(OSプログラム、アプリの設定情報、デバイスドライバー)などに設定されています。また、自分で何らかのファイルやフォルダを隠しファイルにすることも可能です。

次から、Windows 10で隠しファイル、フォルダを作成・表示する方法をご紹介します。

Part2:Windows 10で隠しファイル、フォルダを作成

簡単に表示、削除、または変更されたくないファイルやフォルダを隠しファイルに設定しましょう。

隠しファイルにしたいファイルやフォルダを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。
プロパティ
「隠しファイル」チェックボックスにチェックを入れ、「OK」をクリックします。
「隠しファイル」チェックボックスにチェックを入れ

Part3:Windows 10で隠しファイル、フォルダを表示

Windows10での隠しファイルの表示方法をご説明いたします。

タスクバーか、画面左下の「スタート」アイコンを右クリックして「エクスプローラー」を選択します。
エクスプローラー
「表示」タブ内にある「隠しファイル」にチェックを入れます。
隠しファイルにチェックを入れ

Part4:隠しファイル、フォルダを検索して復元

データ復元ソフトのTenorshare 4DDiG は、様々なデータを簡単に復元できるソフトです。もちろん、隠しファイル、フォルダを検索して復元できます。次に、4DDiGの使い方を紹介させていただきます。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

スキャン対象の選択: Tenorshare 4DDiGの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコン上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。復元したいデータが存在するドライブやパーティションを選択して、スキャンします。
スキャン対象の選択
ファイルのプレビュー: 削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。
ファイルのプレビュー
復元場所の選択: 復元したファイルの保存場所を選択します。なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。
復元場所の選択

注意: 保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

Part5:まとめ

Windows10での隠しファイルの表示方法と作成方法をご説明しました。ファイルやフォルダが見つからない場合、隠しファイルに設定されている場合があります。また、簡単に表示、削除、または変更されたくないファイルやフォルダを自分で隠しファイルに設定することができます。

隠しファイルの破損や削除などのトラブルがあっても、データ復元ソフト4DDiGであれば、表示設定なしに検索して復元することが可能です。誰でも簡単に利用できるのでおすすめです。

4DDiG - Mac/Windows Data Recovery
高い復元率のデータ復元ソフトー4DDiG

✔どんな状況でも、すべてのデータを復元できる(Windows 11/10も対応)

✔画像、動画、ドキュメント、オーディオなど、1000 種類以上のファイルを復元する

✔フォーマット、パーティションの破損、システムのクラッシュ、ウイルス攻撃などにより失われたファイルを復元する

✔専門知識は要りなくて、たっだ3ステップでデータを復元できる

(この記事を評価する)

平均点4.5 人が参加しました)