Macで隠しファイルを表示する方法

authorPic 村上和也 最終更新日 2021-09-10 09:37:52コンピューターデータ復元に行く

Macを使うとき、大事なファイルが隠れてしまい、どこにあるか見つからないことはありますか?この記事では、Macで隠しファイルを解除して表示する方法を解説します。また、隠しファイルを検索して復元する方法をご紹介します。

Part 1: Macの隠しファイルについて

多くの人はMacで作業をするとき、ファイルがなぜか見つからないケースに見舞われます。Macには隠しファイル機能があり、元々は大事なファイルを誤って削除しないようにするための機能であるため、デフォルトでは隠しファイルは検索しても非表示になっています。そのため、ファイルを作成したときに自分で間違って隠しファイルに設定してしまうと、ファイルが非表示になります。大切なファイルがどうしても見つからない場合、どうすれば良いのでしょうか?

Part 2: Macで隠しファイルを表示する方法

Macのデフォルト設定では隠しファイルやフォルダを表示することができません。どうすれば隠しファイルの非表示設定を解除して、ファイルを見ることができるのでしょうか?ここでは、Macにおいて隠しファイルを表示する方法を2つご紹介します。

Macでショートカットを使って簡単にファイルを表示する

隠しファイルの表示/非表示を切り替えるショートカットキーがあります。ショートカットキーは以下のとおりです。

「command」+「shift」+「.」

Macのターミナルで隠しファイルを表示

「Finder」を開き、「terminal」を検索します。または、「Finder」を開き、「アプリケーション」 > 「ユーティリティ」 > 「ターミナル」を起動します。
以下のコマンドをターミナルにコピーします。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

Finderを再起動させて設定を反映させるために、以下のコマンドを入力します。

killall Finder

このコマンドを実行すると、隠しファイルが表示されます。

Part 3: Macで隠しファイルを復元

隠しファイルを表示するように設定しても大切なファイルが見つからない場合、どうすれば良いのでしょうか?ファイルを復元できるソフトTenorshare 4DDiGを使用すると、ファイルを復元することができます。ここでは、4DDiG-Macを使ってデータを復元する手順をご紹介します。

4DDIG Macをインストール、起動します。

無料ダウンロード

PC用

安全的にダウンロード

無料ダウンロード

Mac用

安全的にダウンロード

      
RAWになったファイルの場所を選択して、「スキャン」をクリックします。(保存場所が分からない場合、すべてのファイルのスキャンが可能)
スキャン場所を選択
ファイルの一覧がでますので、その中から復元したいメールを選んでいきます。
ファイルを検出
データの選択が終わったら、動画面右下にある「復元」をクリックしてください。あとは自動的にデータが復元されます。
復元をクリック

Part 4: まとめ

この記事はMacで隠しファイルを解除して表示する方法と、隠しファイルを検索して復元する方法をご紹介しました。 何らかの原因で隠しファイルを作成してしまうと、検索しても表示されないため、隠しファイルを表示するように設定を変える必要があります。Macで表示されるように設定し直したとしてもファイルが見つからない場合は、データ復元ソフト4DDiG-Macを使用すると、ファイルを復元することが可能です。専門知識不要で、操作も簡単なのでおすすめです。

(クリックしてこの記事へコメント)

点と評価されました4.5 ( 人が参加しました)

人気記事