[Windows11/10] ゲームをCドライブからDドライブに簡単かつ効率的に移動する方法

5分で読める

カテゴリ:パーティション管理|更新日:2024-05-16 15:46:50

Windows 10/11で、Cドライブにインストールしたゲームを、Dドライブに移動する方法についてお探しでしょうか? PCのゲームの保存先は、通常Cドライブに設定されています。CドライブにはWindowsのシステムファイルが保存されていて、空き容量が少なくなると、システムの動作が遅くなるなどの悪影響がでてきます。

そのため、ゲームのデータをDドライブなどの別のパーティションに移動したい場合もあるでしょう。ここでは、CドライブからDドライブへゲームを移動する方法をご紹介します。

パート1:WindowsのゲームをCドライブからDドライブに移動するメリットは?

ゲームのデータをCドライブからDドライブに移動すると、障害が発生したときの対処が容易になります。また、Windowsを快適に動作させることができます。Windows PCでは、ゲームは標準ではCドライブにインストールされますが、Cドライブにはシステムファイルも保存されています。

Windowsを起動中にCドライブへのディスクアクセスが頻繁に行われるため、Cドライブは故障しやすくなります。CドライブからDドライブにゲームを移動すれば、Cドライブが破損した場合でも、データの救出が容易になります。また、Cドライブの空き容量が不足すると、動作が遅くなるなど、システムのパフォーマンスに影響がでてきます。

パート2:WindowsのゲームをCドライブからDドライブに移動する方法

Windowsで、「原神」などのゲームをCドライブからDドライブへ移動するには、いくつか方法があります。

方法1:「アプリと機能」でゲームをCドライブからDドライブに移動

Windowsの「設定」から、ゲームの保存先を変更できます。ここでは、Windows 11の手順を説明します。

  • Windowsのスタートメニューから、「設定」を選択します。

  • 「アプリ」を選択し、さらに「インストールされているアプリ」を選択します。

    step
  • Dドライブに移動したいアプリの右側にある「・・・」をクリックします。

  • 表示されたメニューから、「移動」を選択します。

  • 「このアプリの移動先ドライブを選んでください」から、Dドライブを選択して、「移動」をクリックします。

    step

方法2:データクローンソフトでワンクリックでゲームをDドライブに移行するー4DDiG Partition Manager

データのクローンソフトを使用して、ゲームのデータをクローン(複製)することもできます。オールインワンのディスクパーティション管理ツールである「4DDiG Partition Manager」を使うと、CドライブのCドライブのゲームデータを、Dドライブに移行できます。移行元としてCドライブを選択、移行先としてDドライブを選択すれば、あとはワンクリックでデータのクローンが行われます。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

ディスクのクローンを作成する前の準備
  • ターゲットディスクの容量がソースディスクと同じかそれより大きいことを確認してください。ターゲットディスクの余分な領域はシステムが認識できない未割り当て領域となるため、パーティション管理機能を使用して新しいパーティションを作成できます。
  • 対象ディスク上のデータは消去されますので、重要なデータがある場合は必ずバックアップを作成してください。
  • ソース ディスク上のデータはそのままターゲットディスクにクローン作成され、クローン作成プロセス中にソースディスク上のデータが変更されたり失われたりすることはありません。
  • 4DDiG Partition Managerを起動します。「ディスクのクローン」を選択します。

    ディスクのクローン
  • ソースディスクからデータをクローンするターゲットディスク(デフォルトはコンピュータに接続するディスク)を選択し、「次に」ボタンをクリックします。

    注意

    クローン作成ではターゲットディスク上のすべてのデータが上書きされるため、すべてが正しいことを確認した後、「はい」ボタンをクリックしてください。

    ターゲットディスク
  • 次に、複製されたディスクの効果を示すプレビューインターフェイスが表示されます。 プレビューが正しいことを確認したら、「開始」ボタンをクリックしてクローン作成操作を開始します。

    ディスククローンの開始
  • ディスクのクローン作成が完了するまでしばらく待ちます。クローン作成の速度は、ソースディスクのサイズによって異なります。

    注意

    ディスクのクローン作成プロセス中は、他の操作を実行したり、現在の操作を中断したりしないでください。

    ディスククローン成功
ノート

パソコン2台分のライセンスが登場し、ディスク管理がより便利に!

方法3:ファイルをドラッグしてゲームをDドライブに移行する

Windowsの「設定」からデータを移行できないゲームの場合は、ゲームのデータを手動でDドライブへ移動する方法もあります。ただし、単純にデータを移動しただけではゲームが動作しない可能性があります。 ゲームの動作に必要な設定は、レジストリというWindowsの設定データベースに登録されている場合があるためです。レジストリの変更には知識が必要なので、あまりおすすめできません。

方法4:SteamをDドライブに移動する方法

「Steam」というプラットフォームでゲームを遊んでいる場合は、Steamの設定でゲームのインストール先を変更できます。ゲームをCドライブからDドライブへ移動するには、Steamで以下のように設定します。

  • Steamの「Steam」メニューから、「設定」を選択します。

    Steam設定
  • 「ストレージ」を選択します。「ストレージ」のプルダウンメニューから、「Add Drive」を選択します。

    「Add Drive」を選択
  • Dドライブを選択し、「追加」を選択します。

    Dドライブを追加
  • Steamのライブラリから、Dドライブに移行したいゲームを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

    プロパティ
  • 「インストール済みファイル」を選択し、「インストールフォルダーの移動」を選択します。

    インストールフォルダーの移動
  • Dドライブが選択されていることを確認し、「移動」を選択します。

    SteamをDドライブに移動する

よくある質問

質問1:CドライブからDドライブにデータを移動してもいいでしょうか?

CドライブからDドライブへ移動してもいいものとしては、写真や書類など、システムの動作に影響を与えないデータがあります。

システムデータをDドライブに移動してしまうと、動作が不安定になったり、最悪の場合Windowsが起動しなくなったりしますので、注意してください。

質問2:ディスクCとディスクDの使い分け方

一般的には、CドライブにはWindowsのシステムデータや、プログラムファイルなどを保存します。Cドライブはシステムの動作に重要ですので、なるべくユーザーデータはCドライブに保存しない方がよいでしょう。

Dドライブは、主にデータの保管場所として使用します。容量の大きなディスクをDドライブとして使えば、システムのパフォーマンスを下げることなく、多くのデータを保管できます。

CドライブとDドライブの使い分けは、ゲームなどディスク容量を多く使用するアプリをインストールする場合には、ぜひ検討するべきでしょう。

さいごに

Windowsでゲームをインストールすると、既定ではCドライブにファイルが保存されます。CドライブからDドライブへゲームを移動すれば、システムのパフォーマンスに影響を与えることなく、ゲームを快適に楽しめます。

ディスクパーティション管理ツールである「4DDiG Partition Manager」を使うと、ワンクリックでCドライブのゲームデータをDドライブにクローンできるので、おすすめです。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)