iPhoneをMacに丸ごとバックアップする方法[自動/手動]

5分で読める

カテゴリ:Macデータ復元|更新日:2024-05-16 15:46:58

iPhoneをMacにバックアップできるのをご存知ですか?

同じApple製品であるMac にiPhoneのバックアップを保存できればより安心です。 それではMacにiPhoneのバックアップを保存するにはどうすればいいのでしょうか。 実はiPhoneをMacにバックアップする方法はかなり簡単で、MacとiPhoneの接続さえできれば外付けHDDなどがなくてもすぐにバックアップを保存することができます。

ここでは、iPhoneをMacに丸ごとバックアップする方法を紹介します。

Part1: iCloudを使ってMacでiPhoneのバックアップを作成する

① iCloudバックアップを有効にする

  • iPhoneで「設定」アプリを開きます。
  • 画面上部にあるあなたのApple ID(名前や写真が表示されている部分)をタップします。
  • 「iCloud」を選択して、「iCloudバックアップ」をタップします。「iCloudバックアップ」をオンに切り替えます。

    iCloudバックアップを有効にする

この設定を有効にすると、iPhoneは定期的にiCloudにバックアップを作成します。ただし、この機能を使用するには、移行させるための十分なiCloudストレージスペースが必要です。

②バックアップの開始

iCloudバックアップは、iPhoneが充電中で、Wi-Fiに接続されていて、画面がロックされている時に自動的に開始されます。ただし、手動でバックアップを開始することもできます。

  • 「iCloudバックアップ」画面で「今すぐバックアップを作成」をタップします。

    バックアップが完了するまでiPhoneをWi-Fiに接続された状態に保ちます。

    バックアップの開始

③ バックアップの確認

  • 「設定」 > 「[あなたの名前]」 > 「iCloud」 > 「iCloudバックアップ」に進みます。
  • 画面下部に最後のバックアップの日時が表示されています。

    バックアップの確認

この簡単な手順により、大切なデータを安全に保管し、必要な時にいつでもアクセスできるようになります。デバイスを紛失したり新しいiPhoneに切り替えたりする際も、このバックアップから簡単にデータを復元できます。

Part2: Finder でiPhoneをMacにバックアップする

macOS Catalina以降、iTunesの代わりにFinderを使用してiPhoneのバックアップをMacに作成することができます。以下の手順で行います。

① Finderでのバックアップの準備

  • まず、Macに最新のmacOSがインストールされていることを確認します。
  • iPhoneをMacにUSBケーブルで接続します。
  • Mac上でFinderを開き、左側のサイドバーからiPhoneを選択します。

② バックアップオプションの選択

  • iPhoneの管理画面が表示されたら、「一般」タブを選択します。
  • アプリケーション>ユーティリティ>移行アシスタントをクリックする
  • 「バックアップ」の部分で重要なデータのみかすべてのデータをパックアップするか選びます。さらに「バックアップを暗号化する」オプションを選ぶこともできます。このオプションを選択すると、健康とアクティビティデータもバックアップに含まれます。

③ バックアップの開始

  • 「今すぐバックアップ」をクリックして、バックアッププロセスを開始します。
  • アプリケーション>ユーティリティ>移行アシスタントをクリックする
  • バックアップが完了するまで、iPhoneをMacに接続したままにします。

④ バックアップの確認

  • バックアップが完了したら、「バックアップを管理」セクションで、最新のバックアップの日時を確認できます。

    バックアップの確認

Part3: iTunesでiPhoneのバックアップをMacに保存する方法

iTunesでiPhoneのバックアップをMacに保存する方法について説明します。この方法は、macOS Mojave以前を使用しているMacユーザーに適しています。

  • Macに最新のiTunesがインストールされていることを確認します。iTunesを開きます。

  • USBケーブルを使用して、iPhoneをコンピュータに接続します。

  • iTunesでiPhoneのデバイスアイコンをクリックします。「概要」セクションに移動します。「バックアップ」でセキュリティのため、「バックアップを暗号化する」を選択することもできます。

  • 「今すぐバックアップ」をクリックして、バックアッププロセスを開始します。

    バックアップが完了するまで、iPhoneをMacに接続したままにします。

    iPhoneをMacに接続
  • バックアップが完了したら、iTunesの「デバイスの設定」セクションにある「バックアップを管理」をクリックして、最新のバックアップの日時とサイズを確認できます。

Part4: 追加情報:Macでバックアップされていないデータを復元する

MacにバックアップしきれなかったiPhoneのデータを復元させたい時はどうすればいいのでしょうか。

そんな時は「Tenorshare 4DDiG(Mac)」を使ってデータを復元させましょう。Tenorshare 4DDiG(mac)はMac専用のデータ復元ソフトですが、Macだけでなく外付けHDDなど外部デバイスにも対応しています。

さらに、元のデータには上書きをしないで復元させるため、Macの他のデータを傷つけることなく100%安全に復元させることができます。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

  • スキャン対象の選択:

    Tenorshare 4DDiG(Mac)の公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、Mac上にインストールします。インストールが完了したらアプリケーションを起動します。

    プログラムが起動後の画面で、復元したいデータが存在するドライブやパーティションを選択します。

    スキャン対象の選択
  • ファイルのプレビュー:

    削除されたファイルを全てスキャンするのには時間がかかります。スキャン結果が出ましたら、詳細をプレビューするためにお探しのファイルタイプをクリックすることができるようになります。

    ファイルのプレビュー
  • 復元場所の選択:

    復元したファイルの保存場所を選択します。 なお、元の場所に直接データを復元するのはおすすめしません。異なる場所、例えば外部ドライブにデータを保存することを検討してください。

    復元場所の選択
    注意:

    保存パスを元の場所を選択すれば、データが上書きして復元できない恐れがあります。

さいごに

ここまで、iPhoneをMacに丸ごとバックアップする方法を紹介しました。かなり簡単な操作であなたの大事なiPhoneのデータをバックアップすることができるのです。

Macのバックアップしていないのデータを復元させるにはTenorshare 4DDiG(Mac)をぜひ使ってください。

無料ダウンロード

安全なダウンロード

無料ダウンロード

安全なダウンロード

加藤篤人 (編集者)

4DDiGの編集長として、データ復元、ファイル修復、重複ファイルの削除、パーティション管理、あらゆる種類のパソコンの問題に対するエラー修復など、Windows および Mac 関連の問題に対する最適な解決策を提供することに専念しています。

(この記事を評価する)

平均点4.5人が評価しました)